米粉

かつて どこの町に行っても 中華そばの赤い暖簾と同じぐらいの蕎麦屋さんがあったように思います。
今 蕎麦屋の暖簾を掲げるところは 確実に減りました

それと同時に 立ち食いソバと同列の蕎麦屋さんが 大きな駐車場をもって構えています

世界情勢の影響を受け 蕎麦粉が高騰→値上げの構成となっているようですが
蕎麦ばかりではなく また 世界情勢ばかりが影響しているわけでもなく 値上げのラッシュです

何しろ電気代が大きく関与することは間違いないし
その辺の改善にまずは 需給者負担が上乗せされます

ここで 米粉 これに大いに注目したいです
価格云々 今まで割高で小麦の代替えとなりえなかった 米粉ですが
小麦が上がってくれば どうなんでしょう
米粉の生産 国内自給率を考えれば ソコソコいいところに着地しそうに思えます

太陽光発電を整備するに比べれば 立て直すには そんなに予算も必要ないでしょうし
米粉の新しい扱い方 調理の仕方 こんなアイデアはその気になればたくさん出てくるでしょう
かつてのアベノマスクの再利用より もっと 簡単そうです
(そういえば 在庫処分のあのマスク 結末はどうなったのでしょう)

田んぼ(コメ)の生産調整
元へ ナラエ!!
です

田んぼの四季折々の変化は美しく
心の栄養にもなる風景です
機械化も進み コメの生産それ自体が事業となりうるよう 制度設計を見直してもらいたいものです。

静岡銘菓「こっこ」

先ずは 東京土産「ひよこのお菓子」
元々は 福岡県「吉野堂」が 色々歴史がありますが
今は 株式会社東京ひよこ が作っているものです

ラジオから流れるCMに
「♪ひよこじゃないよコッコだよ」
というのがあると聞いていました

ひよこのお菓子と
ひよこじゃないよ というフレーズから
両者とも ひよこのお菓子で知っている あのひよこの形をしたお菓子と想像していました

どこか挑戦感のあるフレーズと感じていました

そこで コッコなるものどんなものかと
まず調べてみると
なんと ひよこの形態とは全く違っていて
蒸しケーキにクリームを入れたものでした

競争意識から発生した
「♪ひよこじゃなくてコッコだよ♪」
ではなくて
ただ単に 新鮮なたまごにこだわった フワっとした蒸しケーキなだけでした

ひよこじゃなくて
なんて言うから 関連付けているのかと思ったら 全くでした。

不二家のペコちゃんがお似合い

昨日
将棋 叡王戦は藤井叡王が第7期をストレート勝ちしました
いつものようにお昼は何を食べたか おやつはな〜に
と話題になります
叡王戦は 不二家がスポンサーですから
当然 不二家からおやつはプレゼントされます
藤井さんのおやつ
ここに名前が挙がっただけで 宣伝効果は生半可のものではないようです

勝ちを収めるための ゲン担ぎとして
前の晩であったり 当日の朝であったり 何を食べるか
勝負に当たり どんな色を着るか
勝負の世界では 一人ひとり 何らかのイメージを持っていると見受けます

藤井さんは こだわりはありません
ときっぱり言い切りました

勝者のインタビューで 背面には
不二家 不二家とロゴが並ぶわけですが
ペコちゃんのイラストと 藤井叡王がなんともしっくりよく似合っていました

暖かい気持ちになる 一コマでした。

誤送金を受け取ったら

臨時特別給付金4630万円を誤って住民に振り込み返還を求めている
例の山口県阿武町の誤送金問題

これについては 振り込んだ方が悪い 使ったほうが悪い
いろいろ意見も聞かれますが
それはそれとして

もし振り込まれた立場になったら

今時の世の中 完全に自分のものにできる方策
要は出所をわからなくして
自分ものにしてしまうという やり方というのがあるらしいが
そもそもそんなことは思いつかないし
マネーロンダリング 資金洗浄 
とかいう たまになんとなく耳に入ってくる言葉の手法など
私に分かるわけもない

間違って入金された
事故だという事が これがあまりにも明白なので
慌てて 調査し返却することでしょう

これをうまく利用して 少しでも合法的に何かを手に入れようとさえ
考え付かないと思います

お礼に 菓子折りでも貰って
ヤレヤレ
ついでに 役所のシステムの悪さに「一石をぶつ」位が関の山です

振り込まれた人の行動は
役所の対応の悪さより なにより
一生背負わなければならない傷をうけたことが明白です。

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3855)

Link

Search

Free