桃はデリシャスだった



桃はデリシャスだった

ソフトボール米国代表のエリクセン監督の
福島へのエールです
そしてまた
「福島の人々がファーストクラスの運営をしてくれた」
と 発信してもらえました

我が 千葉県
果たして ファーストクラスの運営ができたと評価がもらえる
お・も・て・な・し
出来ているのでしょうか

桃と言えども 品種は様々
さてさて 何を召し上がったことやら

巷のうわさでは 福島が力をいれるブランド「あかつき」じゃぁないか
とか 言われています

しかし ほとほと感じるのですが

この 人を喜ばせる言葉の発信
どんなに多くの人を勇気付けたかと思うのです
勇気付けたばかりでなく
世界に向けて福島の食の安全をもアピールする結果となったはずです

アメリカン気質とでもいうのでしょうか
ありがたいことです。

ダブルス



水谷。伊藤ペアの卓球ダブルス金メダル獲得に至る試合模様は
これからも語り継がれることと思います


ある人は 中国の兵法 と 日本の居合を例に
勝利に至った道筋を語っていました
ここにも さむらいジャパン の精神大いにあり

私は 嬉しくなりました

男女混合ダブルスというのは
ダブルスの神髄だと思っています

ココには 相手をよく理解した大人の連携が無ければならず
見ていると リードを取るのはやはり男性で
如何に女性のパワーを発揮させるか
それができるか、できないかが 勝利への大きなカギとなります

我が家においては
年がら年中ダブルス競技のようなもので
離れて暮らすということは そこをうまく埋める何かの力を必要とします

vivakenは 時に
私がいたからこそ このどんぐり庵を完成させることができたと
私を喜ばせるのですが
前出の通り 男子のリードに乗った女子選手=私です


今日は父の命日であり
諏訪湖畔にあったどんぐり庵前身の建物 解体のスタートの日でもありました

父の具合が思わしくなく vivaken一人諏訪に向かいました
その日父は旅立ち
翌朝 vivakenは朝食も取らずホテルを出発し
共に見送りました

その間 解体は進み
柱の一本一本番号が振られ
構造の全容が 文書として残りました

この資料が 再生に当たり 大いに役立ちました
この資料を残し 引き渡してもらったことは
ありがたく 当時は当たり前のことのように思っていましたが
今となっては ただただ感謝です

私たちがダブルスとして 大きな成果を残す第一歩でした。

カナブン



夏休みの思い出に
家の中に飛び込んできた カナブンがブンブン飛び回る
景色があります

夏休み中必ず一回は
蛍光灯の周りを飛び回り 
照明にバチンバチンとぶつかる
カナブンの進入を経験しました

いったいどこから入ってくるものやら
と思ったものです

しばらくそんな光景も忘れていたのですが
昨夜 久しぶりにカナブン登場です

悪さをする奴ではないので
自力で出て行ってもらおうと
網戸を開け放ち 照明を消し
1時間ぐらい そのままにしました

その後 部屋に戻り明かりを付けましたが
静かなものだったので
外へ出たとばかり思っていましたが
今朝 床の上にいました

夜行性なのか 少しぐったりした様子でした
とりあえず 窓から外へポイ

窓枠で一休みしていましたが
その後見てみると 姿がありません

どこか隅っこで 休んでいるのでしょう
あとは 自力で頑張ってもらうだけです。

爬虫類




爬虫類が家の中にいたら・・
これは大ごとで

縁起がいいといわれる ヤモリでも
何とか外に出てもらいたいと 策を講じることでしょう

少し前 何とかヘビがゲージから逃げ出し
屋根裏で見つかった話などありましたが
今度は イグアナですって

体長2m
しっぽが長いので そのくらいになるのでしょう

夏の草むらで見かける トカゲを思えば10倍以上
出会ったら びっくり仰天
まず私が逃げ出すことは間違いありません

どんぐり庵裏山に足を踏み入れる時
今頃の季節 ヘビに遭遇したくないので
極力入らないようにしていますが
地面をたたきながら 
出てくるんじゃないよ と促しながら
念じながら
目的をこなします

爬虫類・・
どうも 距離があります。


ワクチン供給




日本にとって オリンピック中止などという選択肢は
とうていないのだ という事が明確になった 
そのオリンピックが兎も角開催され 

ぼったくりと言われようが言われまいが
言葉の揚げ足取りにもめげず
ジャパンをチャイニーズと口走り
平然としているあの方中心のオリンピックです

そうは言うものの 競技者に罪はなく
喜んだり 涙したりしながら 昨日まで観戦していました

さて 選手にワクチン無償供給したというファイザー社のCEOを
迎賓館に招いての食事会

どこでどうなって ワクチンの供給不足が起きたのか
報じられるところでは
大規模接種や職場接種が想定より多かったため
ワクチンの供給不足とか言われますが
ここは モデルナを接種しているはずで
ファイザーの話ではないはず

この席で 首相から ワクチン前倒しの話を持ち掛けたものの
結果は出せず
するりと 逃げられた模様です

そもそも前倒しのお願いに当たって
いかに自分たちの想定が甘かったか
如何に日本国民が ファイザー社のワクチンを必要としているか
明確にしてこそ 相手の気持ちを揺さぶる手段のはずなのに
心をつかむことができていないのでしょう

若い人たちにワクチン接種をすすめなければいけない今
ワクチンが不足しています なんて
トップリーダー、担当大臣が平気な顔して言う事ではないはずです

必死にお願いしまくり お願いし倒して 
それでも 動きがなかったというなら
夏休みの外出自粛の掛け声の 後ろ盾になろうというものですが
必死感が全然伝わってきません。

オリンピック目前




巷では 
オリンピックは なんだかんだ言っても
始まってしまえば 日本が金メダルに届きそうになったりすれば
盛り上がるに違いない
昨日までのオリンピック開催反対 なんて
どこかへ飛んじゃうよ


そんな声を聞いたりします

それを聞くと
思い出す話があります

戦後の昭和が舞台で
少女は庭で鶏を飼っていました
コッコちゃんと呼んでいたはずです

ある日の夕飯 鶏肉のすき焼きを食べながら
私のコッコちゃんが いなくなっちゃった
と お父さんに言うと
返ってきた答えは


「今お前が食べているのが そうだよ」
と言われ 

唖然とし
「私のコッコちゃん」と泣き出すのですが
数いる兄弟が そんなことはお構いなしにパクパク食べているのを見て
自分も食べ遅れてはいけないと
改めて箸を持ち

最後は
「私のコッコちゃん 美味しい!!!」

これでお終いです
泣きべそかきながら 黙々と食べ 美味しい笑顔まで出てくることを
頭の中の映像で描きました

今回のオリンピックも
やめとけ、やめとけ いいながら
最後は 元気をもらったありがとう
とか 勇気をもらったありがとう
など 手のひら返しをする自分が存在することを
よくよく 承知しています。

どんな接し方をするのやら
我ながら 興味津々です。

オリンピックの話題



いけない、いけないと思いながら
オリンピックの話題に参加したくない思いが募ります

迎賓館の歓迎会開催も
もっと自分の考えをまとめなければ と思いつつも
あ〜やったのね
で済ませてしまいそうです

こんなことでいいはずがなく
心を正します


なになに NTT幹部は会食に参加を辞退したのか
結果じゃなくて
事前に「わが社は こうこう・しかじか 出席を辞退します」
ぐらいのことは言えばいいのに

デジタル庁の何とかさんにいじめられ
強くなった 再生NTTという事でしょうか

トヨタ自動車は 五輪絡みのコマーシャルは中止
時間も費用もかけたものだろうに
恐らくこれで
自動車会社各社横並びとなるでしょう

一般消費者を相手にするメーカー
トヨタの動きを見て
続々追従することと思います

食品メーカー 特に飲料系
特にアサヒビールはどう出てくるか
楽しみです

事程左様に 自分たちのお客様にどう対応するか
商売の原点です

時に国民代表する国会議員という表現がありますが
本当にそうなら
今を見て 将来を描くことが大事なことと思います

このままじゃぁコロナ対策すら
民間にやらせて居れば
もっと違う世界が開けていたといわれかねません

無観客開催なんて
愚の骨頂
皆で盛り上がることが 大きな目的であり 成果であったはずです。

美学



美学という概念
これを持つか 持たないか
どんなタイトルホルダーであれ
「美」が無いところに
感動は生まれない

場所前 いろいろ言われた白鵬
名古屋では 全勝優勝にて復活ぶりをアピールしましたが
いやがおうにも目に入る
14日目の正代との相撲
そして昨日の 照ノ富士戦

白鵬復活か
このテーマがあっての名古屋場所でしたが
兎も角 魅力を感じない
ワクワクさせられるものが
全くない場所でした


復活と世間は見ているかどうか知りませんが
かちあげ、はりて

相撲協会が禁じ手としないから
結果を求める白鵬は
やりたい放題


いやですね〜全く。

掃除機




年齢を重ねて大変になることの一つが
キャニスター型の掃除機で掃除する事
を あげられることがあります

スティック型とお掃除ロボットの導入が
暮らしをラクに豊かにするグッズとして挙げられたりします

確かに掃除は大変で
どんぐり庵にいる間は
なるべく手伝おうと思いますが
この時期 雑草にも対策が必要で
樹木の根元の草取りは 必須となります


いきおい 庭対応が重なると
「掃除はお任せします」
という事になります

お掃除ロボットも絶えず頭の中にあります
実際導入したこともあるのですが
家の間取りと家具の位置を
正確に覚えこませてこそ役立つもので
都度センサーが家具の位置等をキャッチしてなどというコンセプトでは
到底うまくいきません

事実 同じ場所を行ったり来たりという事が発生しました

3年ほど前の話ですから
今は 改善されているとは思いますが
万全なものではありませんでした

つくづく思ったのは
家のフロアーの間取り図を準備し
家具の位置を書き入れ
そのうえで
スタートからフィニッシュまで
全てロボットの動きをインプットすれば
(スタート→直進→壁にぶつかったらUターン・・・・)
このパターンに沿って 
毎回同じところからスタートし
毎回同じ行動をとりフィニッシュする


こうしないと 満足いく使い心地にならないと思っています。
そんな日が来るでしょうか。

酒・米



かつて お酒の販売は酒屋さんしか扱えなくて
そのころは自動販売機もなく
コンビニもなく
配達を頼むことが多かったと記憶しています

お米といえば
配達依頼の電話をかけるか
月末になると 御用聞きに来たりしていました
そう大きくない店舗でしたが 自家製米をするお米屋さんも多く
店なりのブレンド米を競っていた記憶があります

子供のころの記憶です

重いものを配達することが
一つの「ウリ」と言えた頃の話でしょう

今 ウイークディを暮らす町には
500mぐらい離れて 昔からの2件の酒屋さんがあります
よく頑張っているなと思いますが 他に資産運営でもしているのでしょうか


昔 酒屋さん、米屋さんの子供たちは
クラスの中でも裕福な家庭でした
ただ 商店ですから サラリーマンの家庭とは大きく違い
お母さんも店の仕事に忙しそうでした


今 新型コロナで 酒類販売そのものがいけないこととなってしまい
おまけに 「売るやつが悪い」と までの大臣の言いっぷりは
対策の稚拙さを 改めて感じさせられました

酒類をたしなめることをうれしく思っています
そして 「酒は文化よ」と思う一人です。

は・ず・れ



くじで幸運を射止めたことは
ありません

大体が 昔 多くの人が年賀状をやり取りするのが当たり前の頃
お年玉年賀はがきで
切手シートをはじめとする 当たり番号というのがあったわけですが
まずもって 当ったとして切手シート
それでもその頃のわたしは
一応年賀はがきの当選番号をチェックしたりしていました

問題はその先で
当りのハガキを 当時の郵便局へ持っていき
交換するわけですが
ついつい 交換期日を過ぎて 無効となる


そんなことを繰り返しているうち
当選番号を調べることすらしなくなったというのが昨今です


近所のドラッグで 6月限定でくじが配られ
数は少ないものの 最低1万円の商品券が当たる
というものでした

1万円の交換となれば ほってはおけないだろう
当たり番号を絶対確認するぞと
カレンダーに印をつけ 券も貼っておきました

WEB上で発表という事で 気楽さも手伝っていたのですが
サイトのどこで発表されているのか トップページで見当たらず
あれやこれや
やっとたどり着き は・ず・れ

ま〜こんなものです。

ふつーのお嬢さん



米国転戦中の畑岡奈紗選手が
トイプードル 2匹との写真を公開しました

米女子プロゴルフツアー マラソン・クラシック 最終日(11日、米オハイオ州ハイランドメドーズGC=6578ヤード、パー71)
が最終日悪天候で中止になってしまい
少し残念ですが 3日間の成績で 優勝者となりました

新型コロナ対策もあるでしょうから
この後にある 仏エビアンには出場せず
日本に帰って来るようです

試合に挑む畑岡選手と
この2匹のトイプードルを抱く畑岡選手の表情には
全く違うものが感じられ
頑張り屋のフツーのお嬢さんが写真に納まっていました

どこかしら ほっとしたものを感じました

世界を相手にしているプレーヤーやアスリートが
いろいろ考えもありましょうが 発信する姿をあまり好みません
子供たちに夢を届けたいとか耳にしますが
それは 結果を残してこそだろうと思ってしまいます

優勝だろうが 負けだろうが インタビューなど必要ないと思っているほうです

こうして 垣間見る一枚の写真はどんな言葉より
負けず嫌いの ふつーのお嬢さんの姿が見えました。

IR誘致



横浜市市長選挙の行方が注目されます

大きな争点は カジノを含むIR誘致の方向性、行く末と思われますが
聞くところによれば
・・・・・・・・・・・・・・・・
横浜市が5月末、IR施設の参入を希望する事業者の公募を行った結果、海外のカジノ事業者を中心とする2つのグループが資格審査を通過した。
・・・・・・・・・・・・・・・・
てな話です

基本的には市議会を通過し
その手順で 進められ
それを覆すことができるかどうかは
相当な手段と 手続きが必要になると思われます

当初 カジノを含むIR誘致反対という旗印に興味が湧きましたが
市長選でこれを公約に戦うのであれば
当選の暁には どのようにして市議会の決定を覆すか
それが公約にならないと 信用が置けません

今 横浜でIR反対を叫べば 注目度大です

当選しました
市議会を動かせません
市民の声は 反対が多数派です でも 決定事項ですから
時の政権の方針にのっとり
カジノを含むIRは横浜に誘致します

これじゃぁ 反対と反旗を上げたふりをした
菅総理の「お使い」としか 思えません。

無観客




オリンピック開催前2週間にして
無観客がほぼほぼ決定

所詮テレビ桟敷以外何物でもないので
関係ないといえばないのですが
少なくとも 一大イベントであるはずものが
観客を入れるとか入れないとか
2週間前に決まるって
こういう事って 通常あり得ることかしら

と強く強く思うのです

これではまるで
お天気次第の 小学校の運動会
感染者数次第の オリンピック

いろいろ言いたくなってくると
お。も。て・な・し
とか言って 誘致に一役買ったあの方にも
こんなことになったじゃないかと 矛先を向けたくなります

開会式7月23日PM8:00〜PM11:30
大晦日のイベントじゃあるまいし
どうして 暗くなってから始めるのでしょう

ここで言っても 何も解決しませんが
つい・・

明日は 休刊日です。

ポイントの掛け違い




ワクチン大臣と厚生大臣
話のポイントが食い違っているのか
いったい何が本当のこと
という感じです

千葉県は早々にワクチンが入ってくる目安に狂いがあると発表し
今後の接種予約を見直す話を出しました

ワクチン大臣は 供給量が不足している
大規模接種の登録を当面休止する
これは恐らく モデルナのワクチンの話のはずです

厚生大臣は 6月末迄に自治体に供給した9000万回分のワクチンがあり
接種されたのは5000万回分ぐらい
簡単な引き算 残り4000万回は市中にあるはず
と発言しました
これは ファイザー社製ワクチンの話でしょう

私にとっては
ワクチンといえば ファイザーをさし
総理が約束した数が順当に入らなかったら
これは 多角度から大問題と思いました

しかし 今 ワクチン全体の必要数量から
足りない発言が出たのではなく
職域接種を大掛かりにやろうとしたら
思いのほか希望が多く
引き当てを予定していた モデルナ製が不足
ここのところがキーと思われます

中小企業に属する者たちは 自治体の接種が頼りです
職域接種ができる環境にありません

じっと順番を待っている住民に影響が出る話ではないはずなのに
ワクチンを十羽ひとからげに「供給量不足」とかアドバルーンを上げるから
ゴチャゴチャになるのです

この混乱はワクチン大臣の責任です。

ワクチンが足りない




ワクチン不足が平然と報道され
なんとま〜
平気で言うか???
等々不信感いっぱいです

ウイークディを暮らす町の周辺市も
接種券は配ります
とはいえ
ほとんどが 8月に入ってから接種予約開始です
ワクチンが確保できるかどうかだけの問題ではないと思いますが
もう少し スピーディにいかないものでしょうか

東京の大規模接種会場はといえば
1回目の接種予約は もう受け付けないようです
2回の接種を同会場でとなっているので
来週からは 2回目の接種をこなさなければならないからでしょう

いずれにしても ワクチン足りません
これって何なの という感じが拭い去れません
総理がアメリカへ出向き
ファイザー社に取り付けた確保量って何をさしていたのでしょう

契約社会相手のファイザー社が
契約を反故にしたなら
それなりの保証を求めてほしい

入ってきません
それで済む話なのでしょうか。

タイトル防衛




話題の藤井二冠
タイトルを取り(今回の場合 棋聖戦)そのタイトルを防衛できてこそ
真の覇者
ご自分の中に 強くあったお気持ちのようです

これを携えての
渡辺三冠との戦いでした

勝利を得 一夜明け
・・・・・・・・・・・・
結果に満足することなく、初心に戻って前を向いていきたい
・・・・・・・・・・・・
結果を出せたことは大きな喜び
と インタビューで答えていました

将棋の世界は
日本一は世界一です
まだまだ「永世」の冠は遠いでしょうが
苦手とする 天敵にやられることも垣間見ますが
この先 誰もが想像する歩みを進めることと思います

色紙に書かれていたのは
「初心」

今ここで 「初心」

まだまだ 多くのタイトルに挑戦することになる藤井二冠らしく
大変納得したことと 同時に
今 この心境に達した藤井二冠に
この先 多くのタイトルホルダーになっていくだろうことを
確信のようなものをもって 感じました。

無観客



東京都の新型コロナウイルス感染者数が増加し
またぞろ 無観客でオリンピックを運営しよう 無観客もあり得る
という話が浮上している

無観客なんて簡単なこと
観客を入れなければいいのだから
さっさと結論出して リスクの少ないところで運営すればいいじゃないの
そう思ってきました

観戦チケットにしたって 昔の映画館のように切符売り場でチケット買ってという話ではないので
いろいろ手続きがめんどくさそうです

それを今まだ 無観客にするかどうか結論が出ないのですから
いったいどうなっているんじゃ

こう感じていました

なぜ 無観客を徹底できないか
なぜ 終電を伸ばしてまで夜遅い競技をやるのか

全てIOCの都合のようです

IOC関係者がどっとなだれ込み
無観客となればその関係者も会場に入れない
政府はIOCを説得できない

そんなわけで 例えば開会式を無観客でやるなんぞ
到底あり得ない話で 
無観客もあり得るという政府発言は
到底あり得ないことだけれど
無観客とでも言っておこう
そんなことに感じます。

メンタル



今やメンタルトレーニングは必須と言われ
マスターズゴルフを制した松山選手が
プレー中笑顔を見せたりすると
解説の中島常幸さんは
「スイングコーチだけでなく メンタルトレーニングも取り入れたの?」
と誰に向かって言うでもなく つぶやいていました

中島さんは
松山選手が勝てた要素 それは何なのか 必死に探し求めているようでした

東京2020
誰が何を言おうと
天皇陛下が何をお考えになろうと
兎も角一か八か観客を入れて開催するようです

女子ゴルフでは 世界ランキング上位二人が出場すると決められていて
畑岡選手はダントツで決定していました
それでは2枠は?
という事で 先週までもつれていましたが
結果 稲見 萌寧選手が決まりました

彼女は 「オリンピックのことは考えていません」
と突っぱねていたのですが
決まった翌日には
「うれしい。気にしていないといわないと 自分が苦しくなるので言わなかった。本当はすごく気にかかっていた。」
こんなことを言っていました

如何に平常心保つか
その一つ 心配事を口に出して事実にせず 曖昧にしておく
これも一つの手 と思います。

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3855)

Link

Search

Free