ガス・水道・電気

田舎の家作りなどというものは、あれもこれも自分で手配し、自分で監理するという作り方がまだまだ 可能です。

ここ睦沢も 新しく開発されたところに建てられる家は、工務店がそれを請け負っていますが、地元の人が自分の家を建てるとなると、家長はそれに全力をつぎ込み、完成させるパターンが多くあります。
田舎の家の建て方は そういうもんだ。ちゅー事です。

また 親戚の何がしは 何々屋さんで、同級生のなんだらは 何々屋だなんていっていると、家をたてるために必要な事柄は、だいたい 用意できてしまいます。

ガス・上下水道・電気 この 業者は、近所の方々の協力で、どこに頼むか 大体の情報を得ています。また 見積もり次第ですが、なるべく そういう地域に根付いた施工業者に依頼したいと思っています。

私達は思うわけです。
漆喰の「こて目」が気に入らなかったら、やり直しをさせるだけの毅然とした姿勢を
少々嫌われることがあろうとも、仕事は仕事として はっきり言える パワーをもとう!!

そしてこの地で その職人さんと 時にはお茶を飲んだりしながら、
「いや〜 この家は苦労したよ」と言われながらも、「あの時は 今畜生 と思ったけれど
今 こうして 年月の重みが加算され、自分も満足してる。」
そんな 会話を交わせる日が来ることを願い、素晴らしい 職人さん達との出会いを願っています。

2005/11/04(Fri) 07:58:36 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3071)

Link

Search

Free