築150年の再生は、未来への遺産づくり

ワールドフォトプレスから 「古民家スタイルbT」がでました。

伝匠舎:石川工務所さんによる 
山梨県北杜市 「高根の家」解体工事から竣工までがレポートされています。 

石川社長のロマンチックな語り口にいつも引き込まれる私です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引用(一部 抜粋)
100年の世紀を超えて生き残っていくもの、それは「美」だけではないでしょうか。そういった意味で100年を生き残ってきた古民家は本当に美しい地域の宝物であります。古民家は私たち大人が子ども達に残していかなければいけない、かけがえのない未来への遺産ではないでしょうか。
  文:石川 重人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


42枚の写真はこの解体から竣工までの この期間の汗と涙を伝えてはくれません。
いわば さらり と伝えられています。
私も 自分で民家移築というフィールドに乗らなければ、この期間における、技術集団”伝匠舎”の汗と涙と そして大きな喜びに思いをはせることはなかったでしょう。
2005/11/17(Thu) 07:54:11 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3071)

Link

Search

Free