へら絞りの照明セード

DSC06560-02.jpg

メイドインジャパンに少々のこだわりがある私ですが、価格差で そうとばかりも言っていられない事はショッチュウで あんなもの欲しいとイメージすると 買える価格帯を探り 原産国などドッカに吹っ飛んでしまいます。
挙句の果てに 使い勝手がどうのこうの文句を言っています。

今回のペンダント照明は 今の住いから30分も車を走らせれば工場があるというメーカーのものです。
セードはへら絞りで加工されています。

仕事の関連で φ300までならへら絞り加工の価格が見当がつく私は このセードがへら絞りであって 妥当な価格だという事を確信しました。

雰囲気を楽しむ硝子セードも 魅力的ではありましたが シンプルを追求してこれを選びました。

電球は別途購入。透明だったり 乳白色だったりしていますが、書斎・作業場の機能も付加するので ただ今検討中です。

2008/02/12(Tue) 08:03:11 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3242)

Link

Search

Free