知ることの不幸

知らなければ こうはならないだろう

こんなことは 誰しもあることと思います

ふるさと納税ビギナーの私に
「是非始めたらいいですよ」
vivakenをはじめとして 会社の同僚も時々声をかけてくれます

先日は その同僚は 山形美人というサクランボに大当たりしたといい

すごく美味しかった 酸味は少なめで 粒が大きくて 等々絶賛していました
来年は ラインナップに加えてください

と言ってくれました

私のリクエストで 北海道の鮭「知床時知らず」
をオーダーしたことがあります
実家は縁あって 暮れになると鼻曲がりの立派な鮭を知人から送ってもらい
その味になじんでいました

「時知らず」が送られてきて食べてみましたが
違うんだよな〜冷凍したんじゃないのこれ
とかとか 
もうあの鮭を食べることはできないと
あらためて覚悟しました

vivakenの現役時代
アユ釣りの名人 と 自他ともに認められている方から
アユを頂戴し 
保冷箱に詰めて電車で持ち帰ってくれたことがあります

そのアユを塩焼きにしいただきました

スイカの香りがするといわれますが 正しくそのものでした
それ以降 店先に並ぶアユを買ったことがなく 
生涯アユを食べることはないだろう という気持ちです

これらの味を知らなければ
それなりに ソコソコにいただいていたのでしょうが
どうしても 私にとっての最高との比較になってしまい 手を出せません


これは もしかしたら 不幸なことなのかもしれないと思うのです。
2022/06/24(Fri) 06:45:54 | 古民家再生日記

Re:知ることの不幸

本当に美味いものに出会うことは幸福でもあり不幸でもあります。
guest(2022/06/24(Fri) 07:09:24)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3906)

Link

Search

Free