型枠をはずす

基礎の型枠が外されました。

基礎の型枠を組んでくれた 三尾さんのところの社長は 
日曜日にも関わらず仕掛かりの様子を確認に来てくれるような熱心な人でした。

知恵をはたらかせた成果が着々と出来上がっていくのを体験するにつけ、改めて 時間の大切さと 一生懸命やる事の大切さが身にしみます。

井上 陽水 の「人生が二度あれば」・・・か と思ったりして。

全体計画の中では 8月の後半が建前の予定です。
建築吉日を選んで 計画を立てることになると思います。

ここまでを小さな区切りとして、怪我も病気も事故もなく 作業を終えられた事に 感謝いたします。






2006/07/20(Thu) 07:50:15 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3031)

Link

Search

Free