丸一年

諏訪で解体が始まったのが、去年の8月でした。

あれから 一年です。

昨年の忘れられない思い出。
昨年7月29日は金曜日でした。
30日(土)に解体前の最終確認をする約束があり、
vivakenは 当時具合を悪くしていた、父を見舞い 夜8:00を回る頃 前泊を予定した「湯村温泉」に向かいました。

父は、一緒に見舞っていた妹に、「家のことがあるのだから早く帰りなさい。お父さんは大丈夫だから」そう促していました。
妹は「うん 分かった。」と病院をあとにし、暫くしてvivakenも 病院を出ました。

そのあと30分もしないうちに父が急変する事など想像もしていませんでした。

私は 今晩は病院に泊まり、父の気分がよさそうだったら 大好きな「マンゴー」を食べさせようなどと思っていました。

父はその晩 逝去しましたが、vivakenには これからの住いの最後の姿を確認してもらいたいと思い、すぐには連絡を入れませんでした。

湯村温泉到着の連絡がきて その返信に父が逝去した事を伝えると、「明日はキャンセルする。」こう返事が返ってきました。
こうして 4〜5時間の睡眠をとり vivakenは帰路につきました。

今になると、「温泉に泊まって温泉に入らなかった」 こんなふうに笑い話になりました。

私たちは 諏訪でこの建物を見たのは 一回だけでした。
それも この建物を移築再生なんて自分らに出来るわけがない そう思いながら見ていましたから、細部にわたる検証など何にもなくて、ただただ なんかすごいな〜 こんな気持ちで眺めていました。

早いもので あれから一年が経ちました。
2006/07/28(Fri) 08:13:58 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3031)

Link

Search

Free