ツバメの巣

ツバメが毎年やってくるお家があります。
ここ5年以上 同じ巣を補修しながら使っているようです。

同じ”つがい”がやってきているとは思いにくいので、何らかの形でそこに巣があり 安全であることが伝えられていて その巣が使われているのでしょう。

受け入れているその家は 公園に隣接し 15年ほど前までは大きなソメイヨシノがあったのですが、マンションと自宅を兼ねた建物に建て替えたとき ソメイヨシノも伐採されました。

ツバメの巣はガレージの天井の 意味の分からない凹部分に作られ 毎年毎年落し物に悩まされているようです。

今年は ツバメがやってくる前に巣の下にダンボールで汚れ防止策を講じたのですが、汚れが積みあがった重みのせいなのか 破壊してしまいました。
例年通り 屋根のある車庫にも係らず、車の上をシートで覆っています。
通勤に車を使っているようなので このシーズン朝晩一作業のことと思います。

それにつけても そういう光景というのは 心和むものです。
おもわず 笑顔 そんな感じです。 
2011/06/15(Wed) 07:48:23 | 古民家再生日記

handbags

hermes outlet alexandria ツバメの巣:田園ノート;vivakenどんの家づくり IN MUTSUZAWA
handbags http://www.scuba-libre.nl/hermes/authentic-hermes-bags-for-sale-handbags.html
handbags(2014/12/20(Sat) 00:54:57)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4256)

Link

Search

Free