植木鉢の行方

ホームセンターに行くと たくさんの植木鉢が売られています。

高齢化しつつある 隣人や友人達は 私も含めて 一時多くの草花を楽しみ そのためにあれこれ買い集めた植木鉢があります。

我が家のように どんぐり庵という移植場所に恵まれた場合は 年々の植え替えも大儀だし 地植えにしましょう という事になります。
植木鉢は 役目を終えたとばかりに 庭の片隅に追いやられます。

深さはあまり無いけれど径が大きい和風のものとか ちょっとした樹木を入れても 土の重さでひっくり返らないような深めの鉢とか。。。

塀の内側で目につきにくいところに積み上げてあったりするものです。

昨年鬼籍に入られた隣人は 数年前からご自身が もうそう長くは生きられないと察しられていました。
私たちが ここに住いを作ることを決断した2005年の暮 ご夫妻でゴミステーションに植木鉢を運んでいる姿を 思い出しました。

”植木鉢のお回し” なんていうのも中々しないものですが 置けるところがある今の環境ならそうあわてて棄てる事も無いだろうと 空っぽになった植木鉢に目をやっています。
2008/04/10(Thu) 08:14:28 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(2815)

Link

Search

Free