++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...

2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2013年6月20日(木曜日)
07:52 ビールの泡 vivaken 
ビールが美味しい季節です。


毎晩350mlの缶ビールを1本飲み、その後ワインを1,2杯飲みます。


ビールは泡が細やかで ある程度の量があると美味しく飲めます。


ある時コップに注いだビールを電動のコースターのようなモノに置いて


SWを押すとグラスの底からスーと細かい泡が立つ「ソニック・アワー」というモノを見つけました。


メーカーはおもちゃのT社なので大した期待をしないで興味本位で購入しました。


確かにSWを押すと底から細かい泡が上がって来ます。


でも結局5回ぐらい使って止めました。


装置の上にビールの入ったグラスを乗せる時に装置に水を張る必要があります。


水を張るということはグラスを外す時に一度グラスの底の水分を拭き取る必要があります。


グラス一杯ごとにグラスの底の水分を拭き取るのが面倒でした。


もう一つは綺麗な泡を発生させるためにはグラスの形状に制限があります。


グラスの底が薄いこと、円柱のような形状で径が大き目がいい、底に窪みがない形状がいいということです。


こうなるとつまらない形状グラスでしかビールが飲めないので 返ってビールを美味く飲めなくなります。


そこまでして綺麗な泡のビールを飲む気がしません。


ということで飲みやすい元のグラスで今まで通り飲むことにしまし
た。

06/20 07:59 使わない小道具は片付けましょう
tiara 
06/20 23:02 慣れたグラスで飲むのが一番ですね
伝左衛門 
2013年6月19日(水曜日)
06:40 広口瓶 vivaken 
お気に入りの醤油麹が完成するまでには3週間ほどかかります。


容器はスポーツドリンクが入っている2Lのペットボトルを利用しています。


今まではtiaraが南行徳で作りどんぐり庵まで運んできました。


醤油麹の使用量も増えたこともあり どんぐり庵で使う分はvivakenが作ることにしました。


先日 初めて醤油麹造りを教わりました。


麹を手で揉みほぐしてバラバラにしてからペットボトルに入れます。


ペットボトルの口が小さいので漏斗を介して入れるというのですがすぐに詰まってします。


tiaraは毎回箸で突っつきながら何十分も掛けて少しずつ詰めているとのことでした。


それにしても我慢強いというか何というかvivakenには耐えられません。


一回だけなら兎も角 今後ズート続けるわけですからこんな非効率なことはやってられません。


そこでペットボトルと同じ材質のポリプロピレンで2Lの広口瓶を探し購入しました。


入口の直径は7.5cmあるのでアッと言う間に麹を入れることが出来ます。


これで楽に麹を入れることが出来ます。

06/19 07:19 使い捨てのペットボトルを何とか利用できると思うと、合理的なものがあっても買う気が起きないという ビンボークサイ私です。   これで便利になりました。ありがとうございます。
tiara 
06/19 19:40 参考に成りました、今度自分で作ってみます、有難うございました
伝左衛門 
2013年6月18日(火曜日)
07:06 アザミ vivaken 
気温が上がり湿度も高くなってきたので風呂上りの汗が引きにくくなりました。


そこで倉庫から3台の扇風機を引っ張り出し早速 風呂上りに使いました。


さて毎年 裏山に咲く沢山のアザミが今年も咲きました。


ただ例年と比べて花が小さく、勢いがなく、紫の色も鮮やかさが不足していました。


どんぐり庵に来て5年目ですが初めてのことです。


花木は表の年と裏の年があると聞いていますが雑草にも表と裏があるのでしょうか。


昨年までは沢山やって来たアゲハチョウの数も激減です。


どうやらアゲハチョウから見ても今年のアザミは魅力的でないようです。


例年はアザミがくたびれて来る夏に刈っていました。


今年はこのままダラダラと咲かせてエネルギーを使わすより早目に刈って来年を待つことにします。


花付が悪かったのはヤマボウシも一緒でした。


昨年はこれでもかというほど長い間見事に咲きました。


今年はちょこっと咲いてお仕舞でした。


御礼肥えも寒肥も上げたのですがやはり去年の疲れが取れなかったようです。

06/18 07:26 アゲハチョウが来ないので、ミカンやカラタチの葉っぱがいっぱい茂っています。
tiara 
06/18 15:44 少しお休みですね、疲れたと云っています。
伝左衛門 
2013年6月17日(月曜日)
07:07 我田引水 vivaken 
ここのところ雨がしっかりと降って花木たちも喜んでいます。


でも花木より喜んでいるのは雑草のようです。


さて安倍ちゃんが放った第三の矢の中に薬のインターネット販売があります。


規制改革会議のメンバーには楽天の三木谷社長が選ばれています。


薬がインターネット販売されれば楽天の売上は間違いなく増加します。


となると我田引水の構図になります。


規制改革会議のメンバーには規制改革推進派の竹中の平ちゃんも入っています。


これで思い出すのが小泉内閣の規制改革です。


メンバーには竹中の平ちゃんと盟友のオリックス宮内がいました。


郵政民営化にかこつけて「かんぽの宿」を格安で手に入れようと画策しましました。


民営化!民営化!と叫んで民営化した後は自分の企業に格安で手に入れようという魂胆です。


これに待ったを掛けたのが鳩ちゃんの弟でした。


いずれにしても規制改革が世の中の為にはなりますが、


それを推進するために選ばれた人物が自分の企業に有利になるような行動は


日本人の美学である武士道精神に背くものであってはならないのです。

06/17 07:32 三木谷さんが 売る側であったのが物議の元になりますが、薬のインターネット販売は必要です。
tiara 
06/17 12:43 経団連の米ちゃんも、同じ事をやっています、弱ったものです・・・・
伝左衛門 
2013年6月14日(金曜日)
06:29 当り vivaken 
隣市のいけす料理屋さんに月に一度寿司を食べに行きます。


前回行った時は新人の女性スタッフが初めての仕事でオーダーを取りに来ました。


いかにも新人という感じでしぐさもぎこちなく緊張していました。


一ヶ月後の今回どんなふうに成長しているのか見るのが楽しみでした。


ところが店の中には姿が見えませんでした。


もしかしたら辞めちゃったのかな?


オーダーを取りに来たのはいつものおばちゃんでいつものように頼みました。


暫くして奥の部屋で予約客の準備をしている新人君の姿が確認できました。


新人君が寿司を持ってきました。


運び方も出し方もかなり慣れていました。


顔つきも新人の顔から卒業していました。


成長の度合が早ようです。


帰り際に店主へ「いいスタッフが獲得できてよかったですね」


店主は「一生懸命に努力してくれるので覚えは早いし助かります」


一ヶ月前に有望株という予想が当たりました。


「当たり」になる人は10人中2人ぐらいですから運が良かったです。

06/14 07:34 人はむずかしいです。時間をかけて一緒にやって来るうちに違う展開が開ける事もありますし。幸運を祈ります。
tiara 
2013年6月13日(木曜日)
07:14 ガソリンスタンド vivaken 
日本の伝統ある柔道界、プロスポーツで最もファンが多いプロ野球
どちらもお粗末な人間がトップの座にしがみついています。


真に情けないはなしです。


さて6月11日の東京新聞に「増える給油過疎」「3ヵ所以下 257市町村 3月末」の見出しの記事がありました。


何気なく給油所が少ない市町村の一覧表に目をやると2ヶ所の欄に睦沢町がありました。


JAのガソリンスタンド1ヵ所は思い出せましたがもう一つが思い出せませんでした。


すでに廃業しているガソリンスタンド2ヵ所は知っていました。


インターネットで睦沢町のガソリンスタンドを検索すると2ヵ所ありましたが


1ヵ所はすでに廃業しているガソリンスタンドの一つでした。


結局 現在営業しているガソリンスタンドはJAの1ヵ所でした。


1ヵ所しかない市町村は埼玉:東秩父村。東京:利島村、御蔵島村、青ヶ島村。神奈川:松田町、真鶴町、清川川村の7市町村。


そこに我が睦沢町が堂々と仲間入りする訳です。


このデーターだけで判断すると睦沢町は「どえらい田舎だな」という印象です。


確かに田舎ですが「限界集落」のようなところではありません。


1kmちょっとでセブンイレブン、ローソン、マーケットプレイス、郵便局、道の駅、件のガソリンスタンドがあります。


ガソリンスタンドも茂原駅に行く9kmの途中に3ヵ所あるし何の問題もありません。


茂原ではメインのバイパス10kmで5ヶ所のガソリンスタンドが廃業になりました。


ガソリンスタンドが激減しているのは確かです。

06/13 07:26 長生郡睦沢町ではなく 長生郡市睦沢町というのが実態です。
tiara 
2013年6月12日(水曜日)
07:09 竹切り vivaken 
4月上旬に今年初めてのタケノコを食べました。


その翌週にも一度食べて今シーズンのタケノコ料理はお終い。


その後に出て来るタケノコは全て切り捨てます。


孟宗竹がどんどん増えて他の木を枯らしてしまうからです。


一週間に一度ぐらいのペースで竹を切り捨てます。


竹を切る道具は柄の長い高枝切用のノコギリです。


斜面で遠くにあってもこれがあれば近くに行かなくても切れるので楽です。


高さ2m位にのびたの竹なら柔らかいので2〜3回の往復で切り倒せます。


太い竹でも7〜8回往復すれば切り倒せます。


伸びたばかりの竹は柔らかく水分が多いので切り倒して放置してもじきに腐って無くなります。


最初の2週は50本ぐらい切り倒しました。


それが30本になり20本になり月曜日は10本程度に減りました。


たまにへそ曲がりの竹がいてかなり時期をずらして出現する変わりモノもいます。


人間社会と一緒です。


来週一回切れば今シーズンの竹切りは終了です。


06/12 07:32 タケノコとかフキなど、食べられるから何とか保存してと考えますが、「労多くして益少なし」の典型です。その季節に欠かせませんが、ちょっとだけあれば、とっても楽しいです。
tiara 
06/12 10:32 筍が沢山あって羨ましいです。私は昨年の5月にリタイアしのですがライフワークの環境
伝左衛門 
06/12 10:32 筍が沢山あって羨ましいです。私は昨年の5月にリタイアしのですがライフワークの環境
伝左衛門 
06/12 10:36 筍が沢山あって羨ましいです。私は昨年の5月にリタイアしたのですがライフワークの環境問題で全国を飛び回っていますので、携帯からの方が投稿しやすいので、写真の添付方法を勉強して見ます。
伝左衛門 
06/12 10:36 筍が沢山あって羨ましいです。私は昨年の5月にリタイアしたのですがライフワークの環境問題で全国を飛び回っていますので、携帯からの方が投稿しやすいので、写真の添付方法を勉強して見ます。
伝左衛門 
06/12 10:37 筍が沢山あって羨ましいです。私は昨年の5月にリタイアしたのですがライフワークの環境問題で全国を飛び回っていますので、携帯からの方が投稿しやすいので、写真の添付方法を勉強して見ます。
伝左衛門 
2013年6月11日(火曜日)
07:24 八軒目 vivaken 
どんぐり庵に来てトンカツ屋をいろいろと探しました。


7軒行きましたが6軒は味でNGでした。


味が良かった1軒も価格が高く清潔感もなくもう一度行きたいとは思いませんでした。


食べログで検索したいすみ市のトンカツ屋のコメントを読むと一度行きたくなりました。


以前に何度か車で店の前を通過したことがありますが 


どう見ても居酒屋風で店の中もゴチャゴチャしていそうで入る気がしませんでした。


想像で判断せず失敗覚悟で一度行ってみることにしました。


開店直後に1番で入りました。


店内は想像の2倍ほどの広さでスッキリしていました。


ロースかつ定食 1300円を注文しました。


ソースの壺の横に綺麗に洗われたミニ杓子が置かれていました。


「毎日洗っているんだ」どこのトンカツ屋も壺に入れっぱなしだと思っていたので 店の姿勢を感じました。


トンカツはほどほどの大きさ、ほどほどの厚さ、ど真ん中から最初の一口、ソースの味と合っているし「いいじゃなか」


味噌汁もおいしく季節のキヌサヤが入っていて心遣いを感じました。


店内マーマー、味良し、価格はお手頃。


家から10分ちょいで行けるトンカツ屋なので今後はトンカツが食べたくなったらここに行くことにします。


八軒目にしてやっとお気に入りのトンカツ屋に巡り会えました。

06/11 07:37 江戸の老舗のトンカツと比較しなければ、行きつけるところがあるでしょうね。
tiara 
2013年6月10日(月曜日)
06:47 人気取り vivaken 
日本政府は80歳でエベレストを登頂した三浦雄一郎の業績を称えて


「三浦雄一郎記念 日本冒険家大賞」の創設を発表したというニュースを耳にして素直に喜べませんでした。


その理由は多分 前の日の新聞に載っていた週刊文春の広告で三浦雄一郎の登山費用1億5000万円。


一方同時期にヒマラヤで亡くなった河野さんは200万円と書かれていたこと。


それとアベノミクス第三の矢の発表に合わせたような報道だからでしょう。


三浦雄一郎の登頂は立派で多くの国民が喜んだのも確かです。


でもそこに政府が絡んでくると単純には喜べません。


長嶋茂雄と松井秀喜の国民栄誉賞には拍手喝采でしたが それとは全然違う感覚に襲われました。


第三の矢に自信がないのでおまけを付けようとしたのか 参議院選挙を前にさらに人気を高めようとしたのか定かではありませんが 


いずれにしても人気取りとしか受け取れないところに不自然さを感じました。


出来ることなら三浦雄一郎自身がスポンサー始め多くの人の応援を得て登頂に成功したのですから 


その恩返しに私財を投げうって冒険家のための基金を設立したというニュースであれば嬉しかったのですが。


いずれにしても安倍ちゃんはまだ総理に就任して間もないのですから 


最初総理になってに実現できなかった施策を直球勝負で進めてもらいたいです。


政権末期の人気取りと思えるようなことはやめた方がいいんじゃないですか。

06/10 07:46 コツコツと伝統工芸を守っているような方たちに、政府が関与するのは理解できます。冒険家大賞ね。。スポンサーの在り無しで 成し遂げた結果に大きな違いが出るでしょうからね。
tiara 
2013年6月07日(金曜日)
07:35 元政治家 vivaken 
先日 元政治家の野中広務が中国に招かれて田中角栄が「尖閣棚上げ論」の話をしたと言って中国を喜ばせてきました。


田中角栄が日中国交正常化で中国に行ったのは1972年です。


1972年当時の野中広務は国会議員ではなく京都府副知事です。


野中広務が衆議院議員に初当選したのは11年後の1983年です。


飛ぶ鳥落とす勢いの当時の田中角栄がただの京都副知事に国際問題を語る訳がありません。


今回の「尖閣棚上げ論」はでっち上げと言われてもしょうがないでしょう。


なぜ日本を落とし込むようなことをするのか理解が出来ません。


マスコミもこの点について追及しないのが不思議です。


日曜日の早朝の政治番組に野中広務がゲストとしてよく登場します。


以前からtiaraと「この番組は何でこんな爺さんをしょっちゅう呼ぶのかね?」


と疑問を持ちながらその度にTVのSWを切っていました。


イランや中国に招かれて訳の分からないことを言ってバカにされた元政治家もいました。


政治家を辞めたら政治的な活動から手を引くのが当たり前のことです。


政治家を辞めた者が課題山積の相手国に行って混乱の種を蒔くとはとんでもない話です。


元政治家にもマスコミの中にもとんでもない人物が紛れ込んでいるのは嘆かわしいことです。


そうそう野中広務と同行した古賀誠と仙谷由人も会議場でテレビ画面に映っていました。


そういえばこの二人も件の番組にたまに登場していました。

06/07 07:54 ほんとに、全く。まさか 資産家の元・・・・鳩・・  加わっているんじゃないでしょうね
tiara 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 (102) 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録