++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...

2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2012年1月11日(水曜日)
07:21 本業と復活 vivaken 
裁判で小沢ちゃんは天下国家のことを考える日常で、経理関係は全て秘書に任せていた というようなことを述べていました。


政治家はいい商売ですね。


毎日 天下国家のことを考えているだけで いつの間にか資産が30億円に積み上がるんですから。


さて昨日 鈴木宗男と人物評価に関するブログを書きました。


その鈴木宗男の盟友で文筆家の元外交官佐藤優も同時期に512日間拘留されました。


逮捕される前は「外務省のラスプーチン」と言われマスコミは鈴木宗男と一緒に「悪役」の報道を繰り返していました。


佐藤優も鈴木宗男と同様に出所後は人気者で著書は売れ、ラジオ、テレビにも引っ張りだこです。


もう一人 前通産官僚の古賀茂明も行革大臣渡辺喜美の下で働いた後2009年から大臣官房付で干され


2011年9月東電から多額のパーティー券を購入してもらっている枝野が経産大臣の時に退官しました。


この人も退官後に人気者になり著書は売れる、ラジオ、テレビに引っ張りだこで 今は大阪府と大阪市で「大阪維新の会」を支える特別顧問となっています。


こうして見ると3人に共通しているのは人間が正直で非常に仕事熱心で仕事が出来ます。


要するに本業がしっかりしています。


ですからトラブルに見舞われても世間から評価され その後に味方が現れて復活となりトラブル前より格段に評価が上がっています。


一方で問責決議案が成立して今や首の皮一枚でつながっているYちゃんとIちゃんはとにかく本業がからっきしダメです。


特にYちゃんは本業がダメなのに加えて副業で墓穴を掘りました。


今のところ1月13日でお払い箱になりそうです。


こうして見ると本業がダメなYちゃんとIちゃんは首を切られたら復活は絶望という事になります。


山口百恵の歌にある♪これっきり これっきり もう これっきり ですか♪の「横須賀ストーリー」が聞こえてきます。

01/11 08:08 武士の魂ここにあり。
tiara 
2012年1月10日(火曜日)
07:31 人の評価 vivaken 
鈴木宗男前衆議院議員が仮釈放となりました。


そして「新党大地・真民主党」の党首に就きました。


受託収賄にからむ いわゆる鈴木宗男事件が新聞、テレビ、週刊誌を賑わしていた頃は鈴木宗男という男は大変悪いイメージでした。


鈴木宗男を応援する千代の富士と松山千春の3ショットの写真にもいい感じがしませんでした。


ところが 最近いろいろな情報に接するにつけ 田中真紀子更迭に伴う小泉政権の支持率低下を挽回するための「国策捜査」もあったのかもと感じるようになりました。


厚生省の村木厚子さんが「検察ストーリー」で有罪にされそうになった事件が発覚して以降 日本の検察が信用できずに鈴木宗男に対する見方も変化してきました。


堀江貴史、小沢一郎も もしかしたら・・・と思うようになりました。


福島原発事故の政府の対応も信用できないことが沢山ありました。


仮釈放の日に世間の評価は「悪人」から「人気者」へと180度変わっていました。


仮釈放を祝う会には過去に鈴木宗男を国会で追及した政治家も含め100人を超える人が集まりました。


有罪になる前よりも有罪になって仮釈放された後の方が世間の評価がグーンと上がりました。


人が人を評価する基準と言うはその時その時に変わり 実に曖昧なものです。


評価は特にマスコミの発信の仕方で大きく左右します。


多くの一般人はマスコミの発信に頼るしかなくそれが事実だと思うからです。


そういう意味でマスコミの責任は大変大きなものがあります。


間違っても視聴率や発行部数を意識した「検察ストーリー」ならぬ「マスコミストーリー」はあってはなりませんが・・・。
2012年1月06日(金曜日)
07:52 引用 vivaken 
4日ドジョウは年頭記者会見で消費税の値上げや国会議員定数の削減、公務員給与の削減に意欲を示しました。


記者から野党の協力を得るのは難しいのでは?という質問に対して


「ネバー、ネバー、ネバー、ネバーギブアップ」と英国の元首相チャーチルの言葉をそのまま引用しました。


しかも前日の3日に高校の同期会に出席して・・・授業の話になり・・・手紙をもらって・・・等だらだらと説明を付けての「ネバー・・・・」発言です。


いつから年頭の記者会見の答えを考えていたのか知りませんが この程度の記者の質問には端的にポンポンと自分の言葉で答えてもらいたいものです。


党首になった時に「金魚とドジョウ」の話をして多少ほめられたことが成功体験として残っているのでしょう。


柳の下の二匹目のドジョウを狙ったのかも知れませんが 今回の「ネバー」発言はお粗末で共感できるものがなくむしろ違和感がありました。


長い説明を付けて他人の言葉をそのまま引用しても誰も共感しません。


ブランド商品をマネれば偽ブランド商品と判断され犯罪です。


政治家は余計な説明なしで自分の言葉で明確に発信しなければなりません。


誰かがドジョウの言葉を引用するぐらいの内容のあるメッセージをスパッと発信してもらいたいものです。


マー おそらく たぶん きっと無理でしょうけれど。

01/06 08:02 ストーリー作りに躍起 という感じですね。
tiara 
2012年1月05日(木曜日)
07:31 ドジョウの作戦 vivaken 
ドジョウ内閣は国民の反対、民主党の多くの反対にもかかわらず消費税率のアップと実施時期を決定しました。


国民の反対の声は「消費税を上げる前に公務員の給与20%削減と衆議員定数80削減する約束を守れ」というものです。


民主党内の反対意見は「この不況の中で消費税を上げれば景気は益々悪化する」というものです。


離党する議員も9名出ました。


それでもドジョウは消費税を上げることに意欲を示し6日にも政府・与党の素案として正式決定します。


これには多くの国民があきれ返り反発しています。


もしかしたらドジョウはこういう状況になることは承知で、むしろ国民の反発の力を借りて公務員給与の削減、議員定数の削減を実現し、


党内の不満分子を民主党から外して結果的に国民との約束を果たし、財務省との約束の消費税を上げの約束を果たし、


おまけに民主党から不満分子を追い出し党内の安定を図り結果的に大成功という「ドジョウの作戦」を計画していのるかもしれません。


国内を大騒ぎさせて結果的に収めるべきところに収め 約束を果たし成果を上げるという戦略だとしたら「ドジョウの作戦」も大したものです。


もし先に「公務員の給与20%削減と衆議員定数80削減」をまともな手段で実現するとなるとなかなか難しいかもしれません。


しかし先に国民が反対する消費税を上げて、次に国民の猛烈な不満を武器にしながら公務員の給与20%削減と衆議員定数80削減に挑めば、実現の可能性は高くなります。


果たしてvivakenが想像する「ドジョウの作戦」はあるのでしょうか?


と言うよりもこの程度のことは最低でもやってもらわなければなりません。


ドジョウのお手並みを拝見というところです。


暖房機の前でリラックスする八ちゃんです。


2012年1月01日(日曜日)
07:18 年始のご挨拶 vivaken 
年が改まりました。


年始のご挨拶を申し上げます。


昨年は自然の大災害が東北地方を襲いました。


それに伴い人災による原子力発電所の大事故が発生しました。


こういう極限状態で分かったことは


権力を持つ者の無力と権力も持たない者の強さ。


権力を持つ者のいい加減さと権力を持たない者の誠実さ。


権力を持つ者の優柔不断さと権力を持たない者の決断力。


権力を持つ者の足の引っ張り合いと権力を持たない者の絆でした。


こうしたことから海外からは政治家に対して「リーダー無き日本」と言われ、


一般の日本人に対して「ワンダフルピープル」と言われるようになりました。


今年は海外の多くの国でリーダーの選挙が行われます。


日本においても解散必至の雰囲気です。


「今度は騙されないぞ」「新しい日本は自分たちの作るぞ」という風が吹いてきました。


若者の投票活動にうねりが起こり無党派層の投票率が上昇することを期待します。


そうして既存の政治、既存の行政が音を立てて崩れ、新たな国のシステムが構築できる元年にしたいという思いです。


今年は1月5日(木)からいつも通りのブログを開始する予定です。


八ちゃん共々 宜しくお願いします。


2011年12月28日(水曜日)
07:59 年末の挨拶 vivaken 
今年 最後のブログになりました。


民主党が掲げる「コンクリートから人へ」の象徴である八ツ場ダムの逆転工事が決まりました。


東京―札幌を5時間10分で結ぶ函館―札幌の工事を含む新幹線3路線の3兆円の工事も決定しました。


新幹線から航空機を選択する4時間の壁もなんのその、採算度外視の決定です。


と思ったら来年の予算にあれだけ問題になった公務員宿舎建設の予算8億円もしっかり入れ込んでいます。


まさに民主党にとって「コンクリートは利権の宝庫」です。


防衛相一ちゃんの「真夜中 出し抜け環境評価書送り届け作戦」も稚拙そのものです。


子供のかくれんぼ 鬼ごっこじゃないんだから 役割を果たせよ この大馬鹿もん!


さて 今年は3月11日の大震災・大津波が東北地方の太平洋沿岸を襲いました。


日本政府はいざという時にこれほど頼りにならない これほどいい加減なものだということを国民は知り 特に被災者は嫌というほど味わされました。


最悪の危機の時に最悪のリーダーがいたことも歴史の大いなる皮肉としか言いようがありません。


その後に登場したドジョウと自己紹介したリーダーも財務省の傀儡総理であることが見破られてしまいました。


今年最後に大阪で橋下候補が既存統治機構のあり方に対して異議を唱え府民、市民の多くの支持を得たことが将来に対して僅かながら期待をもたせてくれたことに せめてもの救いを見出しました。


中央の既存体制にNOを突き付け大阪から新しい空気を送り込み 停滞した政治に活を入れ新しい日本がスタートする引き金になってくれることを期待したいと思います。


今年も稚拙なブログにお付き合いを頂きありがとうございました。


新しい年を迎えてまたお会いすることを楽しみにしています。


八ちゃん共々お世話になりました。


良い年をお迎えください。


では。

12/28 08:06 私も お世話になりました。
tiara 
12/28 09:41 vivakennさん・tiaraさん毎日のブログ有難うございました、良いお年をお迎えください。
伝左衛門 
2011年12月27日(火曜日)
07:43 すっとぼけ vivaken 
先日テレビで消費税アップに絡む特集コーナーがありました。


ドジョウちゃんは消費税を上げる前にマニフェストにかかげている公務員の給与20%削減。


衆議員の定数80名削減をしなくてはいけないと言いました。


ここまではいいのですが国会議員の給与は年収1500万円×80名=12億円の削減につながると説明しました。


どっこいそうではありません。


国会議員の年間給与は1500万円ですが、国会議員にはそれ以外に通信費1200万円、政党助成金3500万円、


公設秘書費用、家賃等を含めると一人当たり年間1億2000万円ぐらいの経費が掛かります。


したがって1億2000万円×80名=96億円の削減ということになります。


折角国会議員の削減の特集を組んでも給与だけのすっとぼけた報道しかしませんでした。


これを聞いて思い出したのが環境省の役人が放射能汚染土壌を不法投棄した責任を取って


「細野環境大臣が在任期間中の大臣給与全額を国庫に返納した」というニュースです。


どこのニュースでも全く同じ内容の報道をしました。


ニュースを聞かされた国民は「給与を全額返納とは細野も結構偉いじゃないの」と受取るのでしょうが、


どっこい実際には月給150万円の内の大臣手当50万円だけ、ボーナス820万円はそのままです。


年収3750万円の内の50万円×12カ月=600万円です。


その他に前段で書いたように給与以外に通信費、政党助成金等が入ります。


でもマスコミは分かっていてもそういうことはニュースで言いません。


役人が発表したままの内容をニュースで流します。


「大臣給与の全額返納」とはどういうことなのか全く説明をしません。


「大臣手当」を「大臣給与」と表現していかにも給与全額を返納したように国民に印象付ける姑息な手法です。


細野は偉いという印象しか残らないような報道に仕立ています。


これだからマスコミの言う事だけをまともに聞いているとだまされてしまいます。


マスコミのすっとぼけ報道にはご用心です。

12/27 07:59 そうそう 大臣手当なのよね。マスコミがいけないのか、本人が具体的に説明しないのか、はたまたストーリーを作ってかってに「細野さん やるじゃん」と思ってしまう私がバカなのか。。。さてさて。
tiara 
2011年12月26日(月曜日)
07:45 TPP vivaken 
国内では消費税のアップとTPPの締結に賛成反対がほぼ二つに割れています。


最近耳にする米韓が締結したFTAの内容が現代では信じられない不平等というかメチャクチャな内容だという話です。


TPPの内容はこれよりさらに日本に対して厳しい内容になると言われています。


下記にその米韓FTAの10項目を抜粋しました。


これに目を通すとなるほどその不平等なことが分かります。


2)、3)、4)は正に不平等であり、5)、8)はムチャクチャです。


6)に至っては何じゃこりゃ!です。


何故韓国がこんなインチキFTAを締結したのか理解できません。


植民地時代ならまだしも現代でもこんな信じられない条項を平気で押し付けてくるアメリカという国に対して


幼稚で稚拙なドジョウ政権が太刀打ちできるのか疑問を感じている所です。


締結すなら契約内容をキッチリと吟味して国益を損なわないようにしてもらわなければなりません。


外務大臣の玄ちゃんあたりが中心に進めるのでしょうが「後悔先に立たず」ですぞ。


米韓FTAの条項
(1)サービス市場開放のNegative list:
   サービス市場を全面的に開放する。例外的に禁止する品目だけを明記する。


(2)Ratchet条項:
   一度規制を緩和するとどんなことがあっても元に戻せない、狂牛病が発生 しても牛肉の輸入を中断できない。


(3)Future most-favored-nation treatment:
未来最恵国待遇:今後、韓国が他の国とFTAを締結した場合、その条件が米国に対する条件よりも有利な場合は、米にも同じ条件を適用する。


(4)Snap-back:
自動車分野で韓国が協定に違反した場合、または米国製自動車の販売・流通に深刻な影響を及ぼすと米企業が判断した場合、米の自動車輸入関税2.5%撤廃を無効にする。


(5)ISD:Investor-State Dispute Settlement。
韓国に投資した企業が、韓国の政策によって損害を被った場合、世界銀行傘下の国際投資紛争仲裁センターに提訴できる。韓国で裁判は行わない。 韓国にだけ適用。


(6)Non-Violation Complaint:
米国企業が期待した利益を得られなかった場合、韓国がFTAに違反していなくても、米国政府が  米国企業の代わりに、国際機関に対して韓国を提訴できる。例えば米の民間医療保険会社が「韓国の公共制度である国民医療保険のせいで営業がうまくいかない」として、米国政府に対し韓国を提訴するよう求める可能性がある。韓米FTAに反対する人たちはこれが乱用されるのではないかと恐れている。


(7)韓国政府が規制の必要性を立証できない場合は、市場開放のための追加措置を取る必要が生じる。


(8)米企業・米国人に対しては、韓国の法律より韓米FTAを優先適用
  例えば牛肉の場合、韓国では食用にできない部位を、米国法は加工用食肉として認めている。FTAが優先されると、そういった部位も輸入しなければならなくなる。また韓国法は、公共企業や放送局といった基幹となる企業において、外国人の持分を制限している。FTAが優先されると、韓国の全企業が外国人持分制限を撤廃する必要がある。外国人または外国企業の持分制限率は事業分野ごとに異なる。


(9)知的財産権を米が直接規制
  例えば米国企業が、韓国のWEBサイトを閉鎖することができるようになる。
韓国では現在、非営利目的で映画のレビューを書くためであれば、映画シーンのキャプチャー画像を1〜2枚載せても、誰も文句を言わない。しかし、米国から見るとこれは著作権違反。このため、その掲示物い対して訴訟が始まれば、サイト閉鎖に追い込まれることが十分ありえる。非営利目的のBlogやSNSであっても、転載などで訴訟が多発する可能性あり。


(10)公企業の民営化
   日本郵政の民営化に伴い、郵便貯金全体でアメリカ国債を買わせようとした実例を、僕たちは身近に見ている。買わせても売らせないものをシステム的に押し付けるやり方だ。

12/26 08:05 自らが最も有利となる条件で交渉を始める というのが この頃のやり方だと思います。不利な条件に反論もせず受け入れる側が「おかしい」。交渉というのはそういうものだと思わなければいけないようです。空気を読め なんて とんでもない ということでしょう。
tiara 
2011年12月22日(木曜日)
07:50 遠い田舎の出来事 vivaken 
睦沢町の町議会議員選挙活動が静かな訳が分かりました。


21日(水)から期日前投票が始まるのに前日の20日になっても投票用紙が来ません。


当日の21日の朝ポストを見ても投票用紙が入っていません。


お昼にもう一度ポストを見ても投票用紙が入っていませんでした。


「これじゃ選挙管理委員会の怠慢じゃねーか。選挙管理委員会に電話しして文句を言わないといけないな。」


そう思ってインターネットで町のホームページを見ると「12月20日(火)の立候補届け出状況により無投票になりました。」だとさ。


なーんだそういう事なのか。


立候補者の締め切り日の翌日から期日前投票が始まりますが、選挙管理員会は今回 無投票だと事前に読んでいたわけです。


だからギリギリまで投票用紙を送らなかったという事でしょう。


投票があれば西西隣りのおかーさんが「今回はうちの親戚のホニャララをよろしくお願いします。」と言ってくるはずです。


町議会選挙が無投票で決まるなんて、どこかの遠い田舎の出来事だと思い込んでいましたが、そのどこかの遠い田舎に相当するのが我が愛する睦沢町で経験するとは想像もしていませんでした。


生れて初めての体験でした。


やはりvivakenは間違いなく遠い田舎に来たのだと改めて認識をしました。

12/22 08:00 市議会議員となれば 事務所を構え 家作などいっぱい持っていてという感じですが、町議の方々は 兼業町議でそれなりに忙しそうです。健康さえ許せば 町長に立候補する予定だったと 身近な方いた時、学級委員長の選挙を思い出しました。
tiara 
2011年12月21日(水曜日)
07:30 魚の虫 vivaken 
ここのところ隣の一宮町にある魚屋さんがお気に入りで毎週末に買い物に通っています。


先週の金、土と二日続けてサバの刺身を食べました。


サバは真っ青で模様もくっきりでピンと反り返っていました。


これに加えて戴きもののこれまた美味しい生酒がぴったりと合ったのでついつい調子に乗ってしまいました。


日曜日の明け方胃の痛みで目が覚めました。


てっきり暴飲暴食のためと思い胃薬を飲みましたがあまり効きませんでした。


日曜日のため一日我慢をして月曜日の朝に診療所に行きました。


症状を伝えたところ医師は「暴飲暴食ではない」という判定でした。


むしろ結石を疑ったようでした。


検尿と超音波で確認しましたが決定的な原因は見つかりませんでした。


とりあえず痛み止めの座薬をもらいました。


胃カメラの検査をした方が良いという話を頂きましたので、翌日の火曜日に胃カメラの検査をお願いしました。


胃カメラは2週間前に納入されたあのオリンパスの新機種です。


胃カメラを入れ検査していると何やら見つけたようです。


細いワイヤーを胃カメラの管の中を通して捕まえたモノを見せてくれました。


それは新鮮な青魚に棲息するアニサキスという2cm位の白くて細い虫でした。


見つけたもう一匹には逃げられました。


「あー原因が分かってよかった」


最近は回転寿司で人気のサケから被害を受けている人が増えているようです。


外房ではセグロイワシの酢漬けを食べる習慣があるのでこれからの被害も目立っています。


アニサキスは酢で〆ても死にません。冷凍、焼く、煮るの方法が必要です。


ところで一緒に同じサバの刺身を食べたtiaraはどうなったのでしょうか。


実は何でもありません。


tiaraは虫がいそうな腹の部分は食べずに虫がいない背中の部分を食べていたのです。


しっかりしているというか、ちゃっかりしているというか、これだもん長生きしますよね。


「美しい花にはとげがある」「新鮮なサバには虫がいる」「人生 楽あれば苦あり」「男は早死に 女は長生き」というところでしょうか。

12/21 07:48 どんぐり庵を作ったのはvivakenですが、最後の始末は私がすることになっているので、そうそう早く倒れる事は出来ませんので しっかり、ちゃっかり、長生きします。   それにしても新鋭機と経験豊富な先生が側にいて よかったです。アドバイスをくれた 親戚のお医者先生にも感謝!感謝!です。
tiara 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 (133) 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録