++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2011年6月08日(水曜日)
06:57 頂点同調主義 vivaken 
日曜日の朝起きてダイニングに行くとテーブルの上にメモ用紙がありました。


【頂点同調主義】と書かれていました。


「何これ?」tiaraに聞くと


今ラジオで内橋克人が「日本人の弱点に頂点同調主義がある。」と言っていたので面白そうだからメモしたのということでした。


確かに日本人は組織のトップの言ったことに反発することはほとんどありません。


特にその組織に属していてそのトップに近ければ近い程いわゆる取り巻きには【頂点同調主義】の傾向が強くなります。


取り巻きにゴマ擦り、ヒラメが多いのも【頂点同調主義】が背景にあるということなんだと納得しました。


ところでいつ頃から日本人は【頂点同調主義】が醸成されたのかな?


徳川時代の300年に士農工商の身分制度が確立し、アホでも長男が家督を継ぐという制度が確立し、


その後明治時代に入り「上意下達」に象徴される官僚制度が確立され、戦後も政官財のトライアングルの中で官僚が幅をきかせ、


民間企業においても官僚の人事制度を導入しました。


バブル経済が崩壊しても官僚体質は変わらず今日に至るまで官僚中心の国家になっている。


こういう長い年月を経て【頂点同調主義】が醸成されたのだろうなと勝手に想像しています。


こんな世の中はもうそろそろ変えていかないといけませんね。
2011年6月07日(火曜日)
07:07 天然ウナギ vivaken 
先週の土曜日に初めて天然ウナギを食べました。


インターネットに「天然ウナギ入荷しました。」の案内があり値段も割安だったためです。


その店は本来は天ぷらの店ですが、主人が昔浅草の老舗料亭で修業し江戸時代から継ぎ足して続くウナギのタレを譲り受けたためにメニューにウナギが入っています。


確かに肉厚でフワフワした仕上がりで美味しいウナギでした。


非常にサッパリしたタレのウナギで食後に来るあの「ウナギを食べた。」という食後感が全くありませんでした。


これが天然ウナギのためかタレのためか判別出来ません。


tiaraと話して今度養殖ウナギを食べて原因がどちらにあるか確認しようということになりました。


一度 天ぷらも食べたくなり昨日行ってきました。


店に入りカウンターに座ると隣りで天然ウナギを食べ終えた2人連れのオヤジが天然ウナギを初めて食べたようで、如何にもvivakenにも食ってみなという感じで、


「やはり天然ウナギは旨いなー。」(土曜日に食べたよ。)


「天然ウナギは歯触りが違うな。」(肉厚でフワフワだけど歯触りはそう変らねーよ。)


「天然ウナギを食べたから体の温まり方が違うな。」(そんな訳ねーだろー。)


「今度また来よう。天然ウナギだから一時間位掛けても来る価値があるからな。」(せいぜい沢山通っておくれ。)


しっかり はしゃいじゃって うるせーこと うるせーこと。


お店の人も苦笑いしていました。


かき揚げは予想通り小エビ、貝柱、イカがたっぷりと入ってごま油で揚げられていて美味しく満足しました。


ウナギと天ぷらはこの店で決まり。

06/07 07:35 ウナギは鰻専門店でなければ。と常々主張していました。天ぷら・鰻 の看板じゃ どっちもたいしたこと無い。鰻・寿司・天ぷらとなったら、見向きもせず、おまけにトンカツでも入り込もうものなら問題外。   今回 行ってみなくちゃわかんないな〜と つくづく思う次第です。
tiara 
2011年6月06日(月曜日)
06:35 展望レストラン vivaken 
どんぐり庵のダイニングからは庭越しに田んぼ、その向こうの丘が見えて景色が良いので明るいうちはブラインドを下ろさないでいます。


朝食も昼食も開けっぴろげで食べます。


ダイニングから外はよく見えますが、外からは窓がペアガラスのせいかあまりよく見えません。


ご近所はというと皆さん常にレースのカーテンを引いて家の中が見えないようにしています。


どんぐり庵だけが開放的になっています。


どんぐり庵の前を通るほとんどの人はどんぐり庵を覗きます。


遠慮がちに覗く人、じっくりと観察して行く人、いろいろです。


こちらからはよく見えますが向うからはこちらの存在がよく見えません。


道路までは20m位あるし食事をしていてもこちらとしてもあまり気になりません。


従ってどんぐり庵のダイニングは展望レストランになります。


レンギョウから始まってサクラ、ツツジ、新緑の頃までが最高に気持ちがいい時期です。
2011年6月03日(金曜日)
05:49 誕生会 vivaken 
昨日は菅内閣不信任決議案が否決されてとりあえずよかったです。


多くの人が菅ちゃんを支持している訳ではありませんが、今この危機的状態の中で自分たちの利益最優先で内閣不信任案を提出した野党の思惑は外れました。


今後もごたつくでしょうが最悪の解散・選挙というパターンが消えたことが救いです。


造反者の処分についてはトンズラの首謀者が処分先送りで忠臣者は除名。


自分は選挙に負け続けても責任を取らないけれど、弱者には責任を強く主張します。


内閣のリーダーも党のリーダーも絵に描いたようないい加減さの持ち主です。


そういう中でただ一人弱者の松ちゃんが筋を通しました。


話は主題に戻って 先日 いい年をした政治家2人が揃って誕生会を開きました。


一般国民から見ると信じられないバカバカしい見るに堪えない光景です。


しかし見る人が見ると政治の世界特有の裏があるようです。


表面上の主役は“菅ちゃんを見限ったじいさん”と“菅ちゃんと対立するおっさん”。


しかし本当の主役は発起人の前ちゃんだそうです。


どういう意味かというと近々 菅ちゃんは行き詰る。


そうなれば菅ちゃんの後継を決めておかなければならい。


そこで「菅ちゃんの後継は前ちゃんでいいですね。それでいいよ。」という確認の場であったということです。


なるほど大古狸と古狸の茶番劇の裏事情はそういうことだったのかと何となくガッテンしました。


今時テレビカメラを前にして、じいさんとおっさんの合同誕生会など本人も周りも祝いたくないですよね。


本当の主役の前ちゃんがこの先どうなるかこの仮説をチェックしたいと思います。
2011年6月02日(木曜日)
07:11 商売気 vivaken 
6月1日(水)朝5:30ポストに新聞を取りに行くと入っていませんでした。


2008年にどんぐり庵に引っ越して来てからノーミスで配達してくれました。


南行徳では年に2,3回誤配があります。


おかしいなと思って新聞屋さんに電話しました。


契約は5月末になっています。


毎年2月に契約更新の依頼が来ます。


ところが今年は何も言って来ませんでした。


さらに一年間契約するので配達してもらいたい旨の連絡をしました。


15分後 新聞と洗剤6箱を持ってやってきました。


「商売気がないんだね。」


「契約更新の依頼をするのを忘れていました。スイマセン。ところでこの家は随分長い期間掛けて建てていましたね。」


「新潟の家を移築再生したもので一年半掛かりましたよ。」


「そのくらい掛っていましたね。」


ということはどんぐり庵を建てている時も毎朝この前を通っていた訳ですから2008年2月から住み始めたことも分っている訳です。


それでも3ヶ月間「新聞を取ってください。」という話がありませんでした。


そういう訳で5月に自分で日経のホームぺージから契約をしました。


今回も5月末で契約が切れることを知りながら継続の依頼もありませんでした。


もっともどんぐり庵に住み始めてから3ヶ月間他の新聞販売店からの勧誘も一切ありませんでした。


なんともまー商売気がない新聞販売店です。


世間の新聞販売店と商売に関してかなり意識が違うようです。


06/02 07:32 来るべき新聞が届かないと落ち着きませんよね。それにしても15分とは 対応が早いですね。 新聞の勧誘というのも イロイロからくりがあるようで、面白い話がいっぱいあるようです。
tiara 
2011年6月01日(水曜日)
06:34 コマーシャル vivaken 
今も続くACのコマーシャル 誰もがうんざりしていることでしょう。


ここのところそれを上回る不愉快なコマーシャルがK殺虫剤のラジオのコマーシャルです。


どこかのおばさんがボソボソウジャウジャしゃべり最後の蚊がプーンと飛ぶ音が出るヤツです。


このコマーシャルが流れると不愉快なので すぐにラジオのスイッチを切ります。


腹が立つのはこのコマーシャルがしょっちゅう流れことです。


その度にラジオのスイッチを切らなければなりません。


もう少し爽やかなコマーシャルを作ってくれないかなー。


例えば大昔のレナウンのコマーシャル 小林亜星 作詞作曲


ドライブウエイに春が来りゃ
イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ
イェイ イェイ イェイ イェイ
プールサイドに夏が来りゃ
イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ
(イィわ!)
レナウン レナウン レナウン レナウン娘が
オシャレでシックな レナウン娘が
ワンサカ ワンサ ワンサカ ワンサ
イェーイ イェーイ イェイ イェーイ


現在でも歌も画像も今でも少しも古臭さを感じません。


むしろ新鮮さを感じます。傑作だと思います。


個人的にはこういうコマーシャルが好みです。
2011年5月31日(火曜日)
06:53 ドライクリーニング vivaken 
ドライクリーニングといえばプロのクリーニング屋さんの仕事だと思っていました。


ところが最近の洗濯機では家庭でもドライクリーニングが出来ます。


洗たく機の表示板に“ドライ”と書かれていましたが、何か乾燥の仕方だろう位に思ってそのままにしていました。


まさか家の洗濯機でドライクリーニングが出来るとは思っていなかったので無視していました。


ある時tiaraがセーターを洗濯機で洗っているのを見て、「洗濯機でセーターが洗えるの?」と聞くと「ドライモードで中性洗剤を使えばOK!」という返事でした。


中性洗剤を使用するだけで後は洗濯機にお任せで出来るんだ!


サラリーマンをリタイヤしたのでスーツ、Yシャツ、ネクタイを使う機会がなく、クリーニング屋に行く必要が無いのでこれは大助かりです。


こうなるとクリーニング屋に持って行くのは礼服ぐらいのものです。


セーター、ベスト、ブルゾン、おまけにダウンジャケットまでドライモードで洗濯しました。


何か見っけもんという感じで得した気がしました。

05/31 07:36 カシミアのセーターを洗濯機にお任せできるか? ちょっと躊躇しますね〜
tiara 
2011年5月30日(月曜日)
07:08 泥ちゃん vivaken 
25日の深夜に床屋を営んでいる西西隣りのおかーさんの家に泥ちゃんが侵入しました。


幸い家族に怪我はありませんでした。


キッチンの窓のカギを掛けていなかったためそこから侵入しました。


重ねていた鍋は音が出ないように外に置かれていました。


窓が少し高いので外した網戸を足場にして侵入しました。


おかーさんのバッグが持ち去られ、店のレジからお札だけ抜き取られました。


バッグの中には財布、携帯電話、運転免許証などを入れていたそうです。


この日は2:30頃いつものように八ちゃんに起されて3:00頃まで付き合わされました。


この辺は3:00から3:30に掛けて新聞が配達されます。


4:00を過ぎればうっすらと明るくなります。


そうなると12:00から2:00位に掛けての犯行だと推察されます。


先月あたりから茂原地区で理容店、美容院を専門に狙っているとのことです。


最近は睦沢にも出没するようになりました。


ついこの間までは放火でひと騒ぎ。


今度は泥ちゃんです。


田舎は何もなく静かに暮らせる所と思っていましたがそうでもありません。



05/30 07:43 家人が居るのに 侵入するのですから よほど素早い行動だったんでしょうね。暗闇の中でね・・・
tiara 
2011年5月27日(金曜日)
07:01 気骨 vivaken 
福島原発1号機の海水注入は吉田所長の判断で中断されていませんでした。


正解です!


マニュアルにも緊急時に真水が無くなった場合には海水を注入することが規定されているそうです。


兎に角 原子炉は冷やし続けること以外に選択肢がないのです。


官邸では素人の菅総理。


昔かしから”デタラメ”と言われていた斑目委員長。


官邸の顔色を見ながら様子を連絡する武黒フェロー。


その他のメンバーが会議をしていました。


この四人の判断を聞くと、吉田所長だけが緊急時のマニュアルに沿った対応を己の責任で遂行した。


斑目委員長は素人の菅総理に「海水を注入すると再臨界の可能性はゼロではない。」と判断をややこしくするような表現をし、それを聞いた菅総理は案の定判断しきれない。


それを見た武黒フェローが「官邸では海水の注入について首相の了解が得られていない。」と本店と原発に報告。


こんな構図が連想されます。


官邸ではマニュアルの存在を知ってか知らずか“思いつきの菅総理”が「あれはどうだ?これはどうだ?」と質問をして、回答を貰っても判断しきれず時間ばかりが経過した。


ただ1人 アホな官邸の動き、官邸の動きを気にする上司を無視してマニュアルに沿ってひたすら海水で冷却し続けた吉田所長に気骨を感じます。

05/27 07:36 そのマニュアルというのは、緊急時の行動をどう取るか 大勢で検討した結果と思います。  何よりかにより 官邸並びにその周辺で 吉田さんをどうこう言いますが、リーダーが 「マニュアルはどうなっているんだ」これを確認しなかったふしがあります。  ルールどおりに物事を進めよう、約束どおりに事象を運ぶことを一義とし、その上で間違いが無いか 目を離さず検討していくことが大切だと改めて思いました。
tiara 
2011年5月26日(木曜日)
07:02 外圧 vivaken 
どうも日本国は自らの力で変化する能力が無いような気がしてなりません。


古くはペリー率いる黒船の威力で渋々開国し、戦後マッカーサー率いる進駐軍が来てやっと民主化されました。


少し次元は異なりますが今回の福島原発事故について二ヶ月以上訳の分らない説明を繰り返して批判されましたがトボケまくっていました。


しかし5月25日から国際機関IAEAの調査が入ることが決まるとその直前からメルトダウンに関する情報が政府から修正され事実に近い情報がやっと流されました。


こうして見ると昔から日本政府は内弁慶で日本国内ではやたら強気でいい加減な対応ですが、強い外国に対してはやたら弱気という構図が伺えます。


日本の企業においても同じことが言えます。


経営者は社内の声にはなかなか反応しませんが、外部から意見を言われるとしかたなく動き始めます。


何か底辺に「弱い者には強く。強い者には弱く。」という情けない姿が覗えてなりません。

05/26 07:19 同じく!!IAEAの調査で慌てふためいていることが伺えます。調査があることは 事故直後から分かっていたことのはずですがね。危機克服のよいお手本には 到底なれそうにありません。
tiara 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 (147) 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録