++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2011年3月25日(金曜日)
07:48 給油 vivaken 
今朝の睦沢は冷え込みました。


霜が降り、霜柱が立ちました。


一昨日 朝9:00過ぎ散歩をしていると、ガソリンスタンドに車の姿がありました。


「あれ?ガソリンを売っているのかな?売っているなら車の行列が出来るはずだけど・・・。灯油だけかな?」


「あっ ガソリンのノズルを車に入れている。」


前日までは灯油だけの販売でした。


どうもタンクローリーが来たばかりのようです。


急ぎ足で家に戻り車をガソリンスタンドへ走らせました。


「もう行列が出来ているのかな?」


ガソリンスタンドに着くと何と行列はなく、3ヶ所ある供給スタンドに車が入っているだけで、道路に並んでいる車は有りませんでした。


「給油量の制限があるのかな?」


前で給油している車のタンクにはノズルが入れっぱなし、ストッパーが働くと従業員がノズルを少し上げさらに追加給油しています。


「満タンOKだ。よかった。」


かくしてガソリンを満タンにすることが出来ました。


バックミラーを見ると後ろに並んでいる車の姿はありませんでした。


「へんなの。こういうこともあるんだな。先週ご近所の人はこのガソリンスタンドで2時間待って給油したと言っていたのに・・・。」


これで明日は延期していたお墓参りが出来るし、31日は鴨川まで定期検診に行くことができます。


【待てば海路の日和あり】じゃ。

03/25 08:06 政府・JXの発表どおり供給体制が整ったようです。情報に信頼を持てるようになれば、待つ事が可能な人は待つものだと思います。日本人として。
tiara 
2011年3月24日(木曜日)
07:23 オレンジカラー vivaken 
どんぐり庵に引っ越して来た頃 散歩にオレンジ色のフード付きアウターを着ていたのはvivaken1人だけでした。


翌年は1人増え2人増え、3年目の冬はあっちにもこっちにもオレンジ色のアウターを着る姿が見受けられるようになりました。


田んぼを散歩するする人の人数は全部合わせてもせいぜい30人というところでしょう。それなのにご近所だけで5,6人います。


オレンジ色がやたら目立つのです。


こちらが元祖なのに・・・。


先日もあぜ道を散歩していると反対方向からオレンジ色のアウターを着たおじさんとすれ違いました。


最近は元祖のこちらが恥ずかしくなって来ました。


ということでしょうがないのでキャメル色のアウターを購入しました。


この色なら目立たないのであちこちに広がることはないでしょう。


これで落ち着いて散歩出来そうです。
2011年3月23日(水曜日)
07:26 棚卸 vivaken 
東日本大震災の影響でスーパーマーケットの食品棚も虫食い状態になっています。


よく食べる納豆は生産地の水戸が被害を受けているためかゼロです。


従来は車で買い物に行っていましたが ここのところ散歩を兼ねて徒歩で行っています。


早足で15分程度の距離ですから手ぶらの往きは少し遠回りしていきます。


帰りは荷物があるので最短距離のルートで帰ってきます。


パン屋さんは少し遠いので自転車で買いに行きます。


買いだめはする必要がありませんししません。


この機会に冷蔵庫、食糧庫の棚卸をしました。


缶詰、乾麺(そば、うどん、パスタ)などそれなりにあります。


この際これらの在庫品から食べることにします。


在庫品の整理にもなります。


21日(月)天気予報を見ると午前中 睦沢は強い雨マークになっていました。


車が埃だらけになっていましたので早速 車庫から出してエコ洗車をしました。


31日は鴨川の病院で年に一度のPETーCTのがん総合健診の日です。


この日に病院を往復する車のガソリンはありません。


これまでにガソリンの給油状況が改善することを期待します。


有難いことは停電がないことです。同じ睦沢町でも少し海側に行ったところは予定通りの停電が実施されています。
2011年3月22日(火曜日)
07:22 グッドアイデア vivaken 
経営コンサルタント・経済評論家の大前研一が震災の復興資金として来年度一年間限定で消費税を1%アップすることを民主党に提案したそうです。


消費税での復興はこれ以上国債を発行すると日本国債の評価が下落して大きな問題になることを回避出来る。


1%アップで2兆円の復興資金になります。


1%のアップの適用はは被災地を除外する。


なかなかいい発想だと思います。


・茨城、福島、宮城、岩手各県の県境の人が1%安く買いたければ被災地の県に行けばいいでしょう。そうすれば被災地の売上もアップします。


・義援金を送るといってもしょっちゅうは出来ません。


・消費税であれば意識しなくても自動的に寄付したことと同じ効果になります。


・被災地復興のためという大義名分があるので消費行動も堂々と積極的に出来ます。
そうすれば経済活動にもいい影響を及ぼします。


・多くの人が何らかの形で役に立ちたいと思っています。こういう消費税であれば「無駄をなくしてから。」などと文句を言う人もいないでしょう。


・日本全体が一つにまとまって復興支援に参画できます。


グッドアイデアです。よろしいんじゃないですか。


菅ちゃんまじめに検討してね。

03/22 07:45 イエス・ウィ・キャン
tiara 
03/22 07:59 話しは違いますが 東京電力が現時点の電力使用量をグラフ化し公表を始めました。http://www.tepco.co.jp/forecast/index-j.html この数値に基づけば皆で協力すべき時がより明確になり、根拠がはっきりすると思います。 
tiara 
03/22 08:13 半歩前進ですね。
vivaken 
2011年3月18日(金曜日)
06:57 怪しい居酒屋 vivaken 
今週のブログは震災関連が続きました。


今朝は話題をがらっと変えて身近な睦沢散歩レポートにします。


その方が皆さんも気が楽でしょう。


睦沢の散歩コースに6軒程居酒屋の看板が出ています。


看板をたどって行くと山の中に入ります。


居酒屋は山を登ったどん詰まりの処にあります。


人通りゼロですからどう考えても経営が成り立つ立地条件では有りません。


ところがこの不況にもかかわらず潰れている気配がありません。


先日も散歩をしていると80歳ぐらいのおばーちゃんが草むしりをしていました。


おばーちゃんが草むしりをしている場所から坂を登ったところに件の居酒屋があります。


おばーちゃんに「こんな場所で6軒もある居酒屋がよくやっていけるね?」と聞くと


「バカがいるから潰れないの。」とあきれ顔で言いました。


そう言えば近所の人から「あそこの居酒屋は朝まで飲めるんだって。○○さんの旦那はあそこでどれだけはぎ取られたか分らない。」と聞いたことがありました。


居酒屋の近くにはバブル経済全盛の頃にゴルファーが宿泊する為の小さなしかし金を掛けて建てた宿泊施設があります。(今は潰れて営業をしていません。)


想像ですがここに宿泊するゴルファーを狙って居酒屋が出来て、バブル経済崩壊とともに宿泊施設は閉鎖したけれど怪しい居酒屋はしぶとく生き延びているという構図です。


怪しい居酒屋がゴルファーに変わるお客を見つけ こんなへんぴな場所でも生きていけるのです。


「全く男っていう生き物はしょうがないね。」どこからか声が聞こえてきそうです。
2011年3月17日(木曜日)
07:34 粗品 vivaken 
一昨日、東日本大震災の義援金を郵便局に行って少額ですが手続きしました。


そして、受領書と共に粗品のポケットティッシュが出されました。


「えっ!ポケットティシュ?」


こういう粗品はとっくに被災地域に運ばれているものだと思いました。


窓口にクレームをつけてもらちが明かないので、黙ってポケットティッシュを返しました。


家に帰り日本郵政の【お客様サービス相談センター】に電話をして、「この時期にポケットティッシュを粗品として出したら、感謝されるどころか日本郵政の現状認識の希薄さを証明することになるよ。すぐに関係部署に連絡を取って被災地に送るように言ってくれ。」といいました。


窓口の女性は即座にピンと来て「おっしゃる通りです。すぐに関係部門に連絡をします。助言頂きありがとうございました。」と言っていましたが、果たしてどうなるやら?


義援金を受付ける会社のトップとその取り巻きがいかに能天気か手に取るように分ります。


日本郵便は物運びの会社なのですから社長が一言「被災地で役立つと思われる全ての粗品を即刻運び込め!」の一言でかたずくはずです。


社員の誰かが気が付いて、いとも簡単に出来ることが出来ない会社。


それだけにこの企業が抱える問題の深刻さを感じます。


因みに最初 義援金はインターネットで送る手続きを開始しましたが、中央共同募金会、日本赤十字社共に口座番号が00000−0−000とハイフンが2つあります。


でも郵貯のインターネットでの口座番号のインプット欄はハイフン1つになっています。


このため口座番号がエラーになり手続きが出来ませんでした。


そこで郵便局に行くと振替用紙はハイフンが2つの様式になっていました。


どんぐり庵に来て郵便局と付き合うようになりましたが、この手の不便な問題に何回か出っくわしています。


言っても改善する気がありません。


巨大でブヨブヨのガラパゴス企業です。


東電といい日本郵便といいお客の目線がないという面でよく似ています。


そう言えば今朝のニュースで東北電力も石油の供給基地を無計画停電の範囲に入れて、昨日までは「例外は認めない。」とほざいていたそうです。


これだけ被災地が灯油、ガソリンで困窮している状況なに・・・。


こういう判断能力が欠落した経営者は【被災地引きまわしの刑】じゃ!
2011年3月16日(水曜日)
07:25 企業体質 vivaken 
なりゆき的場当たり的その場限り的無計画停電で睦沢町は1グループに入ります。


東電のホームページでは3月15日(火)の停電予定は15:20〜19:00です。


役場の聞きにくいスピーカーからは15:20〜18:20のように聞こえました。


「うーん?40分短いな。」


役場に電話して確認するとやはり15:20〜18:20で情報源は東電からのFAXということでした。


「それなら役場としてホームページに掲載してよ。」と依頼しましたら役場の人も話を聞いて「アップします。」と言ってくれました。(また半歩前進しました。)


14:00 「停電まで一時間半を切ったな予定どおりかな?」 いうことで東電のホームページを確認すると更新なし。


15:00「変更があるなら東電のホームページも更新されるだろう。」ということで東電のホームページを確認すると更新なし。「予定通りだな。」


15:20 「あれ?停電の時刻になったけれど停電にならない な?」東電のホームページを確認すると更新なし。


「どうなっているんじゃ。計画に変更があるならホームページの内容を更新すべきだろうに。」「マー東電だからな。こんな非常事態でお客に不便を掛けているのに、お客のことより自分達を優先させるのだろう。」


15:30 停電時刻を10分過ぎても更新なし。


15:40 「あれ 更新されている。停電は16:00頃〜
19:00頃になっていました。」でも更新した時刻が記入されていません。


16:00 「やっぱり停電しないな。」


17:30そろそろ暗くなるので、もう一度東電のホームページを見るといつの間にか1グループのお知らせが削除され消えていました。


結局停電はないのですが今日も一日振り回されました。


やれやれとテレビのSWを入れると千葉県知事の森田健作ちゃんが東電の社員を県庁に呼んで「あれだけ被災地の停電を避けるようにお願いしたのに何故計画停電を実施したのか。なんとか中止するようによろしくお願いします。」と頭を下げています。」


「不自然な場面だな?本来は叱りつけるべきなのに頭を下げてお願いをしています?ははーん!そうか知事選でお世話になっているんだ。」


「それにしても被災地の県民の意思を代表していない姿だな。これはまずいな。怒り心頭の被災地の県民も納得いかないでしょう。」


一方 福島第一原発の爆発事故がテレビの画面に出ているのに官邸に連絡が入ったのが1時間以上後。さすがに菅ちゃんもぶちぎれて東電に直接乗り込み怒鳴り付けた。その声が廊下まで聞こえたとか。


行き当りばったり停電の【停電のお知らせ】はあまりに大雑把でいい加減。


おまけに小さな文字でチマチマして真に見にくい画面です。


同じ画面に東電の普段のPRが掲載されこちらの方が文字が大きくて太くて見やすいのです。「ふざけるな!3日も過ぎてまだこのざまか!」


東電は真に不誠実、不正直で、いい加減で、ふざけた、とんでもない体質の企業であることが鑑定書付きで証明されちゃいました。


折角 東電の底力を発揮するチャンスを与えられたのに、アッと言う間に底が抜けちゃいました。
2011年3月15日(火曜日)
07:19 インターネットとFAX vivaken 
計画停電というものの実際は無計画でお粗末なドタバタ劇。


睦沢町は1グループに所属します。

一昨日は情報不足にじらされて、昨日の朝は二転三転の情報に振り回されました。


睦沢町では聞き取りにくい屋外スピーカーで連絡をします。


ただでさえ聞きにくいのに昨日は強い南風のためどんぐり庵の北にあるスピーカーからは逆風で聞き取れません。


原始的に窓を開けて身を乗り出して聞くのですがよく分りません。


おまけに肝心な場面で県道を走る車の音でかき消されます。


役場に電話して「折角役場のホームページがあるのに何故利用しないの?インターネットでドンドン最新版に更新してよ。」と言ったらどうも外部に委託しているらしく役場内で更新が出来ないようでした。


「これから暫くの間は毎日発生する話だから午後から緊急会議を招集して対応策を協議してよ。」と申し入れました。(今朝役場のホームページを見ると東電の計画停電情報に繋がるようにはなっていました。半歩前進。)


インターネットのバッチ処理という“珍しい使い方”をしているのです。


インターネット利用の意味が分っているのかな?


「東電からはどのように情報を入手しているの?」と確認するとなっ何とFAXだとさ。


これにはさらにぶったまげました。


東電は一体どのくらいの手間を掛けてFAXしているのでしょうか?


東電の原発事故の長ったらしいピンボケな説明。


バッチ処理インターネットと時代遅れのFAX作戦。


おまけに“遠回しモッタラ節”で要領を得ない枝ちゃんの会見。


「もう少しピリッとしろ!」と尻に回し蹴りを食らわしたくなります。


せめてもの救いは昨日停電にならなかったことです。

2011年3月14日(月曜日)
05:44 停電 vivaken 
昨夜、輪番停電について政府から説明があると言うのでNHKのテレビを見ていました。


まず菅ちゃん「未曾有の災害で・・・詳しくは枝ちゃんが・・・」


その後 枝ちゃん「・・・詳しくは担当大臣から・・・」


その後 海ちゃん「・・・詳細は事業者から・・・」


そして東電社長「・・・詳細は副社長から・・・」


これで番組はお終い。


ということで誰も責任を持った話がなく次から次へとたらい回しのお粗末劇。


関東地方4200万人が知りたいのは、5グループの中身と停電の時間帯です。


21:30東京電力のホームページを見ても何も出ていません。


「一体どうなっているんじゃ。」


22:30布団に入っていると町のスピーカら停電の放送。


やっと何とか聞きとれました。


どうやら睦沢町は1グループのようです。


1グループは6:20〜10:00と16:50〜20:30


朝夕の忙しい時に停電です。


炊飯は5:00に、洗濯は6:00に完了するようにタイマーをセットしました。


今朝5:00に起きて東電のホームページを見ました。


睦沢は1グループですが大上地区は載っていませんでした。


tiaraの住所は2グループと5グループに載っていました。どっちがホントかな?


こんな状況ですから自分の住所と照らし合わせると問題だらけだと思います。


東電は株式会社と言っても競争のない役人世界ですからこの程度でしょう。


菅ちゃんも言うだけで中身がないのはいつものことです。

03/14 05:58 私の住む町は 2グループ と 5グループに分けると想像出来ますが 具体的情報はまだつかんでいません。
tiara 
2011年3月12日(土曜日)
07:29 地震 vivaken 
昨日の地震に伴う津波の破壊力は想像を絶するものがありました。


亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。


被災された方、怪我をされた方に心よりお見舞い申し上げます。


昨日 地震に遭遇したのは散歩に出て数分後でした。


田んぼと川の間にある農道を歩いていた時です。


何か景色がゆらゆらと揺れ、足元もふらふらしました。


一瞬「脳梗塞かな?」と思いました。


立ち止まると地面がゆらりゆらりと揺れていたので地震だと分りました。


八ちゃんが家に居るので急いでUターンしました。


川はバケツを揺らしたように左右の大きくザブンザブンとうねっていました。


「これはすげーな。」


途中で下校する小学生3人に会いました。


「大丈夫かい?」


「うん。めまいがしたと思った。」


「帰り道は危ないから塀から離れて歩いてね。」


「はーい。」


家に戻ると加湿器の鍋の水が7つ全てこぼれ、安定の悪い置き物が数個転がっていました。


八ちゃんを捜したところ押し入れに避難していました。


その後 町から寺崎地区と川島地区に津波の危険性がるので安全な場所に非難するように放送がありました。


風呂には落ち着いて入れないのでシャワーで済ませました。


vivakenの布団の足元で寝ていた八ちゃんは夜中に余震が起こるたびに押し入れに避難しまた戻るということを繰り返していました。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 (156) 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録