++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2011年11月16日(水曜日)
07:16 退屈 vivaken 
天気の良い土曜日どんぐり庵から4kmの隣町に葛飾北斎の富嶽三十六景


「神奈川沖浪裏」が影響を受けたと言われる欄間がある行元寺に散歩がてら行きました。


欄間は“波の伊八”が彫ったものです。


1人500円を支払って本堂に入りました。


中には葛飾北斎、安藤広重の浮世絵も40点ほど飾られていました。


暫くして案内人が出て来て本堂の説明をしてくれました。


朝10:00からの最初の客はvivakenとtiaraのお二人様でした。


早足で4kmを歩いてきたので少し汗をかき下着のシャツも少し濡れた状態でした。


本堂の中はヒンヤリしていました。


説明は10分程度で終わるものと思っていましたがどっこいそうはいきませんでした。


だんだん体が冷えて来て「早く終わってくれ」と念じるばかりでした。


結局おもしろくもなんともない説明は小一時間掛かりました。


説明を聞いているうちに中学校の社会科の爺さん教師のつまらない授業を思い出しました。


およそ人に楽しく教えようというような気構えはまったくなく 


ただ決まったことを決まったパターン繰り返すだけの退屈な時間帯でした。


終わった頃には体中が冷えきってしまいました。


体を温めるために又早足でどんぐり庵に向かいました。

11/16 07:37 トイレはものすごくきれいでした。
tiara 
2011年11月15日(火曜日)
07:19 外圧 vivaken 
自動車保険の満期が2ヶ月になった時点で継続契約の案内が来ました。


例年より分厚い封書でした。


封を切って中を見ると今までに見たこともないパンフレットには選ばれる理由、補償内容、割引について、ロードサービス・事故対応、


会社情報Q&A、保険金の種類と補償概要。それに重要事項説明書が同封されていました。


「ははーん。最近外資系の自動車保険会社が積極的にテレビ、ラジオでコマーシャルをしているからそれに刺激をされたためなのか。」


どうも日本社会は外圧が来ないと変化が起きない習性があるようです。


自ら改めていく、正していくという動きにはなかなかならないようです。


その意味から外資系の保険会社の積極的なコマーシャルは契約者からするといい方向に動いたようです。


内視鏡で世界NO1のオリンパスも外国人社長解任劇が発端で財テクの損失隠しが発覚しました。


FBI等が動き出してから日本の検察も動きだしました。


一般の日本企業でも社内から問題提起には腰が重くなかなか動きませんが外部からの指摘に対しては比較的素直に応じる面があります。


そういう観点からするとTPPの交渉参加から始まる今回の動きは既得権で隠された扉が開かれて、


一般国民が知らなかった新たなプラス面が見えて来る可能性があるような気がします。


日本にプラスになるようなベストメンバーを編成してタフな交渉をドジョウのおじさんにやってもらいましょう。


11/15 07:38 まさしく タフな交渉で国益を勝ち取れるかどうか。勝ち取れないという前提はありません。
tiara 
2011年11月14日(月曜日)
06:34 困った習性 vivaken 
昼食を作っていると二階で八ちゃんが「俺も何か食べたい」と鳴きました。


二階に上がり缶詰めを開けてあげました。


昼食もできたので食べようと思ったら今度は二階でドタバタ走る音が聞こえました。


「オシッコでもしたかな」


八ちゃんのトイレを確認すると確かにオシッコをしていました。


「これから昼食を食べようという時に何でトイレ掃除をしなくちゃならないんだ」


トイレ掃除を終えて昼食を食べていると二階でまた八ちゃんが走っています。


「うるせーな。今度は何だ?もしかして・・・」嫌な予感です。


二階に上がり八ちゃんのトイレを確認すると嫌な予感が的中しました。


「ウンチだ!」


「俺は今食事中だぜ。何でトイレの連続掃除をやらなくてはならないんだよ」


「食事中じゃなくて食事の前か後にしてくれよな」


中途半端な気分で昼食を終えて気分直しにコーヒーを入れると二階で八ちゃんが


「コーヒーなんて飲んでいないでさっさと二階に上がって来てくれ」とまた鳴いています。


しょうがないのでコーヒーカップを持って二階に上がりました。


二階に上がりやれやれという思いでコーヒーを飲んでいると「もう一緒に昼寝をしようよ」とまたぐずっています。


コーヒーもそこそこに八ちゃんと一緒に昼寝となりました。


昼寝のパターンはvivakenに掛けたタオルケットの左右の足の間に入ってきて、


何のおまじないか分かりませんが“大切な場所を”両手でプッシュしてからコロンと横になって寝ます。


今朝も食事中に「何か食べたい」その後は「オシッコしたから掃除してくれ」


その後も「コーヒーは二階で飲んでくれ」と責め立てられました。


困った習性です。



2011年11月11日(金曜日)
07:22 みかん vivaken 
5月にみかんの苗木を2本植えました。


1本は裏山に、もう1本は庭のはずれに植えました。


夏ごろに確認したところ裏山のみかんは順調に育ち数十個の小さい実がなりました。


庭のみかんは1個だけでした。


裏山のみかんは2/3ほど摘果しました。


秋になっても状況は変わらず裏山のみかんは元気で庭のみかんはパッとしません。


裏山のみかんは色づき11月に入って摘み取りの時期が近づいてきました。


11月8日に試に1個たべてみました。


思ったより甘くてこのレベルのみかんは店でも売っています。


「初年度にしてはOK!OK!上出来じゃ!」


もう何日かそのままにしておいた方が良いように思いましたがよく言われる「明日採ろうと思ったら鳥にやられた」


という話を思い出し「どんぐり庵ではそうはいかねーぞ」という事で全て収穫しました。


全て収穫したとはいうものの今年植えた苗木で高さは1m位の木ですから。


数えたところ全部で丁度10個可愛いもんです。


それでも果実の収穫は生れて初めてのことで結構喜んでしまいました。


裏山は冬でも陽だまりのため庭より温度が高く果実には適しているようです。


今後も裏山に期待という事になるでしょう。


因みに苗木を購入したtiaraは柑橘類が嫌いで食べません。


10個全てvivakenの口に入ることになります。


これって変ですよね。



11/11 07:48 お〜いいね。みかん畑は大体が斜面ですものね。
tiara 
2011年11月10日(木曜日)
07:30 床屋と11月 vivaken 
水曜日の8:30に床屋に入りました。


月、火と2日連休の後だから先客がいて待つかもしれないと覚悟していましたが、実際には待ちはありませんでした。


いつもお客が途切れることが無い午前中なのでラッキーだと思いました。


9:30に散髪が終わるまでに来たお客は近所のおばーちゃん一人だけで男の客はゼロでした。


マスターの話によると例年11月はお客がガクッと落ちるということでした。


理由は11月が正月に向けての調整時期になり後ろへ後ろへと散髪時期をずらすためだそうです。


二週間もずらされるとその間は50%近い売上減少になるのでかなりの影響がでるそうです。


「でも月に一度は刈らないと髪の毛は伸びちゃいますよねえ。」


「そういう風に毎月一度と決めている人だと影響がないのですがそうでもないのです。」


どうしても後ろへ後ろへとずらしてしまうので床屋は毎年11月が暇になるそうです。


通常商売の売上が落ちるのは2月・8月いわゆるニッパチという話はよく聞きますが床屋は11月のようです。


何となく分かりますね。


田舎ではお盆も重要な行事があるのでそういう意味ではもしかしたら6月も床屋の売上が落ちるかもしれません。


都会でも正月を意識して11月の床屋の売上は落ちることでしょう。


ということは反動で12月は混むので12月も前半に散髪を済ましておきます。

11/10 07:59 お正月には小ざっぱりとしていたい。いなければならない。  これ 大切なことで失ってはいけません。
tiara 
11/10 08:26 私は若い時からショートカット(ブロース)なので髪が耳にあたったら行くことにしています。
伝左衛門 
2011年11月09日(水曜日)
07:24 ギリシャ事情 vivaken 
今 財政危機でお騒がせのギリシャですが、「これじゃ当然の結果だな。」という事情が見えてきました。


日本人の常識とはかなり違っています。


一般的な日常の時間割


6:00起床(意外と早起きだな)
7:30〜12:30仕事(朝早くから昼過ぎまで仕事とは働き者だな)
12;30〜13:30休憩
13:30〜15:30昼食(長い昼食だな)
15;30〜17:30昼寝(さらに昼寝が2時間かい)
17:30〜21:00余暇(昼寝の後が余暇かい)
21:00〜22:00夕食(結局仕事は午前中だけだ)


公務員が労働者の25%。その公務員の給与が民間の3倍。


ということは民間レベルの給与だと公務員が75%いることに相当する訳。


特に優遇されているのが中央官僚基本給23万円+諸手当59万円で合計82万円と手当てがやたらと多い。


時間通りに会社に出社すると手当てが付きます。


未婚の娘がいる家庭で両親が亡くなると両親の年金を娘が引き継ぐことが出来る。


ポルシェの販売台数が最も多い国。


去年3月にやっと商取引には領収書の発行が義務付けられた。


医者の脱税がめちゃくちゃ多い。


プール付の家は固定資産税が高いから申告が324軒。でも衛星写真で確認すると17000軒と52倍もあった。


統計という概念がないので何が本当か実態も分からない国。


何から何まで驚きです。


でもこれだけいい加減でも飢える人もなく長い間生活ができたわけですから


別の言い方をすれば今までは天国のような素晴らしい国でした。


これからはそうはいかないよ。

11/09 09:00 まるでギリシャ神話のようで、おおらかだったのですね。
伝左衛門 
2011年11月08日(火曜日)
06:44 若葉&シルバー vivaken 
近くのマーケットプレイスで買い物を終えて駐車場に戻ってきました。


眼の前で駐車をしようとしている車があったので立ち止まって待つことにしました。


ところが駐車が下手でチョロチョロやっています。


車はBMWで運転しているのはおじいさん。


ボンネットの左右に若葉マークとシルバーマークを一枚ずつ貼っています。


後にも左右に一枚ずつ若葉マークとシルバーマークが貼っていました。


若葉マークとシルバーマークとBMWの組み合わせ。


どういう条件が揃うとこういう組合せになるのでしょうか。


単純に推測すれば70歳以上で免許を取得して、免許取りたてで、BMWを購入する。


70歳以上で免許を取得してすぐにBMWに乗っても別にいいのですが何か違和感を感じました。


これが軽自動車だと「事故を起こさないでよ。頑張れよ。」と言いたくなるのですが、こういう感覚が高級外車に対しては湧きませんでした。


これは高級外車に対する偏見なのか それとも不釣り合い感から来るものなのでしょうか。


11/08 07:48 車種はともかく 田舎で車なしでは大変暮らしにくいですからね。それもなりゆかなくなったら、インターネットに頼るのだ。
tiara 
11/08 08:53 BMW
伝左衛門 
11/08 08:55 に乗るの永年の夢でそれが叶えられたのでしょうかね。
伝左衛門 
11/08 08:55 に乗るの永年の夢でそれが叶えられたのでしょうかね。
伝左衛門 
2011年11月07日(月曜日)
07:44 水漏れ vivaken 
10年ほど前にある作家の展示会で購入した花器が水漏れして花を生けることが出来ませんでした。


ここに来て何とか水漏れを解決しようといろいろと挑戦しました。


最初はおかゆを作り熱い状態で花器に中に入れ暫く放置した後に確認しましたが効果がありませんでした。


次はスプレー糊を購入し花器の中に噴霧しましたがこれも失敗しました。


こうなると意地ですから漏れる場所を探すことにしました。


花器に水を入れて新聞紙を敷き太陽光がしっかり当たる明るい場所で花器をゆっくり回しながら目を皿にして漏れる箇所探しました。


「見つけたぞ!」底から1/3位のところに横一文字に長さ1cm幅0.3mm位の割れを見つけました。


「喜ぶのはまだ早い。漏れ箇所は一つとは限らない。」さらにゆっくりゆっくり花器を回しながらもれ箇所を確認しました。


5回転ぐらいさせましたがここ以外が見つかりませんでした。


水を抜き2日間しっかり乾かしてからまた太陽光がしっかり当たるところで花器を横にして割れ目を上に向けて、


透明の接着剤を串の先端にゴマ粒位の大きさに取り、丁寧に空気層が出来ないように少しずつ挿しました。


結構吸い込んでいきました。


「よしよし。」6回ぐらい繰り返したところで接着剤が表面に盛り上がってきました。


そして3日間乾かしておそるおそる花器に水を入れ新聞紙の上に置きました。


すぐに水漏れすることはありませんでした。


一時間ぐらい経ってから再確認しましたが水漏れはありませんでした。


かくして10年ぶりで花を生けることが出来ることになりました。


「よっしゃよっしゃ。」


とりあえず庭に咲いていたツワブキを投げ入れてみました。



11/07 08:07 土ものの花瓶にたまにあるんですよね。水漏れ。 備前・信楽の大ツボで水漏れをするのは この手で修理可能ですね。
tiara 
11/07 11:46 努力のかいがありましたね・・・渋い花器ですね。
伝左衛門 
2011年11月04日(金曜日)
06:43 古木庭 vivaken 
3年前にどんぐり庵の駐車スペースに砂利を敷き、そこに余った古材のサスを使って“古木庭”を造りました。


古材は思ったより雨に弱くかなり腐ってきました。


一番背の高い古材が倒れるのは時間の問題になってきました。


そこで 造り直すことにしましたが、


「さてどうするか?」


庭石は腐らないけれど高いし、重いので重機の費用も加算されるし。


木の根っこはなかなかいい姿のモノがそろわないし。


大正池のイメージで枯れた杉の天辺を集めるのも現実的ではないし。


あーだこーだ考えた末に腐りにくく、入手しやすく、安い枕木にすることにしました。


日本製の枕木はクレオソートが塗られていて臭いがするので、オーストラリア製の枕木を選びました。


配置は左端と右端にアクセントを付けその間はおとなしくなるようにしました。


これで10年以上は持つでしょう。


たとえ少し腐ってもそれは味になるので問題はありません。


写真の上は以前の古材、下は今回の枕木で作ったものです。





11/04 07:42 古材の切り口から雨水が浸透しないよう、防水対策はしましたが 役に立ちませんでした。同じころ 枯れたモチの木を敷地の片隅に放置していました。土化する速度はほぼ同じです。
tiara 
11/04 08:19 和洋折衷でセンスがありますね。
伝左衛門 
2011年11月02日(水曜日)
06:52 対極 vivaken 
先日、音楽家の加藤和彦のテレビ番組を見ました。


音楽に対する先進の感覚を持ち、オシャレで一流品を好み身に着け、収集していました。


歩き方も工夫をして気になるショウウインドウも我慢して見ずに視線を前方に向けて真っすぐと歩き、


ポケットに手を入れたいときはズボンではなく上着のポケットに、それもかっこよく指を入れていたそうです。


最後は若くして自らの命を絶ち最盛期の姿と比較すると寂しいものがありました。


この番組を見ながら一方で落語家の立川談志の生き方を思い出していました。


雨漏りするような古い家に住み、自分で粗末な食事を作り、楽屋では下着のシャツとステテコ姿で畳の上に寝転んでいる姿も、


本番の落語の途中で話が分からなくなった場面もテレビで放映されました。


両方の天才が全く違う対極にある生き方をしていました。


加藤和彦は常に他人の目を意識して恰好よく生き、立川談志は他人の目なんぞどうでもよく有りのままの自分をさらけ出して生きる人生。


お互いに絶対に真似のできないスタイル。


他人がどうのこうのという世界でないように思います。


他人が見てどちらが幸せか不幸せかという見方で判断できない人生の送り方のような気がします。


どちらもこのスタイル以外に考えられないという生き方なのでしょう。

11/02 07:27 時には 加藤さんのように。時には談志さんのように。そんなのが とっても気分いいです。自分の世界は広く・広く。
tiara 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 (164) 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録