++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...

2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2010年2月15日(月曜日)
08:01 イノシシ vivaken 
イノシシで騒いでいるのは日本だけかと思ったら、世界で一番深刻なのはドイツだそうです。


なんでも400万頭ぐらい生息しているという話です。


昨年は48万頭を捕獲しましたが前年の3.2倍に増えたそうです。
48万頭といえば1年365日 毎日1300頭捕獲したことになります。


イノシシの繁殖力は強く一度に4,5頭産みます。


ところがドイツのイノシシは6〜8頭産むそうです。


被害は農作物はもちろん、ペット。果てはお墓で遺体を掘り起こすそうです。(ドイツは土葬なのでしょうか?)


大変なことです。


狼などの天敵が居なくなったことも起因しているそうです。


房総でもイノシシが増えて被害が増加しています。


君津市では昨年1000頭を捕獲したそうです。


従来は土に埋めて処分していましたが、10月から2月の間はイノシシに脂が乗って美味しいので燻製にしてお土産(君津の山鯨)にする計画が進んでいます。


イノシシの原産はアフリカでそれが日本まできましたが、房総には元々はイノシシが居なかったようです。


どうも房総では食用としてイノブタを放したのが先祖がえりしてイノシシになったという説です。


どんぐり庵の裏山でもイノちゃんがタケノコを堀り起こした形跡があります。


どんぐり庵のタケノコは食べ放題ですからどうぞ食べて下さい。



イノシシとは関係ありませんが下の写真は誕生日のプレゼントにもらった棟方志功の版画(900×710)です。



02/15 09:19 イノブタはF1でメンデルの法則からいえばF2
伝左衛門 
02/15 09:20 はイノシシと豚に分かれるわけですが・・・
伝左衛門 
2010年2月12日(金曜日)
07:52 お父さん vivaken 
小さな子が交番に走ってやって来ました。


お巡りさんに「お父さんが男の人と殴り合いの喧嘩をしているので家に来て下さい。」


お巡りさんと一緒に家に戻ると確かに男が二人で殴りあいの喧嘩をしていました。


お巡りさんが子供に聞きました。「ところで僕のお父さんはどっち?」


「それが分らないの。それで殴り合いの喧嘩になっているみたいなんだ。」

02/12 08:48 小話みたいな本当の話ですね。・・・
伝左衛門 
02/12 10:47 最近 耳にした小話です。
vivaken 
2010年2月10日(水曜日)
08:10 本物志向 vivaken 
東宝の俳優 加藤武が黒澤明監督の映画で外車販売会社の社長の役を与えられました。


当時 加藤武は収入が少なく、食事はかけそばとおにぎりしか食べたことがなかったそうです。


黒澤明監督はそんな加藤武に対して外車販売会社の社長役に成りきるために「一流のナイトクラブで一週間ほど遊んで来い、一流のレストランで食事をして来い。」と言いました。


当然 費用は自前ですがそんなお金があるはずがありません。


それを助けてくれたのが東宝同期で売れっ子NO1のフランキー堺、当時すでにベンツを乗り回していたそうです。


「おまえも運転してみろ。」ということでベンツを運転し、赤坂の高級ナイトクラブ「コパ・カバーナ」「ラテンクオーター」にも何回となく連れて行ってくれたそうです。


お陰で外車販売会社の社長を無事に演じることが出来たそうです。


それにしても黒澤明監督の本物志向は並大抵ではなかったようです。

02/10 08:29 フランキ−堺も心がありましたね、大好きな俳優でした。
伝左衛門 
2010年2月09日(火曜日)
08:10 七転び八起き vivaken 
新潟県燕地区は金属加工業が盛んな地域です。


古くは江戸時代に和釘を生産することから始まりました。


当時の江戸は火災が多く釘の需要が大変多くありました。


それが明治時代に入ると価格が安い洋釘が輸入され和釘の需要がなくなりました。


そこで刻みタバコ用のキセルに切り替えることで窮地を脱しました。


ところが大正時代に入ると紙巻きタバコが普及しキセルでの生計が成り立たなくなりました。


キセルの後を引き継いだのが有名な輸出用 金属洋食器です。


ところがこれもプラザ合意による急激な円高により壊滅的な打撃を受けました。


その後はステンレスのゴルフクラブヘッド、2重魔法ビン、研磨技術を駆使した道路カーブミラー、iPodの携帯音楽プレーヤーと柔軟に時代変化に対応してきました。


それでも10年前の出荷額の80%だそうです。


リーマンショック後は仕事量も激減して大変な苦境に陥っているそうです。


こうして見ると企業というのは”時代環境適用業”ということがよく分かります。


過去の金属加工技術を駆使して何とか平成時代のヒット商品を開発して生き抜いてほしいものです。

02/09 08:29 燕三条の方たちは辛抱強く・創意工夫をして生き残る事を望みます、太田市も頑張っています。
伝左衛門 
2010年2月08日(月曜日)
08:17 海苔 vivaken 
vivaken 毎朝 海苔を1枚食べています。


関東で海苔と言えば浅草海苔を思い出します。


浅草近辺で採れたから浅草海苔かと思っていたら、浅草海苔は採れる場所の名前ではなく品種だそうです。


浅草海苔はデリケートで作るのが大変難しい品種だそうです。


1970年からは千葉県袖ケ浦で開発された“ナラワスサビノリ”が普及しています。


この品種は病気に強く育てやすい養殖海苔です。


関東では焼き海苔が中心ですが、関西では味付け海苔が中心です。


味付け海苔の由来は明治天皇が京都への土産に日本橋の海苔屋に作らせたことが発端になっています。


海苔通に言わせれば味付け海苔は海苔そのものの味が良くないから味を付けて、ごまかしているということになるそうです。


海苔の歴史は古く1300年前 飛鳥時代から食べられ租税の代わりに使われたこともあったようです。それだけ価値があったということです。


昔は江戸の生産量が全国一番でしたが、今は九州の佐賀が一番です。


首都圏の海苔養殖業者は何故か信州の出身者が多いそうです。


海苔は年間14億枚食べられています。一人当たり年間10枚強ですね。


因みに海苔屋さんでお茶も一緒に売っていますがこれは、新茶の出る時期が5月で新海苔の出る時期が11月で半年のずれがあって売り上げを確保しつつ平準化出来る為です。

02/08 08:36 大変勉強に成りました、ちなみに毎朝我が家の食卓にでる海苔は焼き海苔です。
伝左衛門 
2010年2月05日(金曜日)
08:04 品質と信用 vivaken 
トヨタ自動車がここにきて品質のトラブルで大規模なリコールをアメリカで起こしました。


アクセルが戻らないという危険な問題です。


と思ったら今度は最新のプリウスでブレーキの不具合が表面化して
来ました。


品質保証の責任者は「人間の感覚的な問題で車に問題ない。」と言っています。


アクセル、ブレーキ、ハンドルは人間の感覚と合わないと事故につながると思うのですけどね。


「最新の車はさらに進化して一層人間の感覚に近くなった。」というのなら分るのですがその逆はいけませんね。


ブレーキで1秒間の空白が出来たら怖いですよね。


車の安全の基本は 走る、曲がる、止まる ですから最新の車でアクセルとブレーキで問題を起こしたことは、高品質で世界一になったトヨタ自動車としては大きなダメージだと思います。


ここで目先の利益にこだわって判断を誤ると傷は相当深くなると思います。


トヨタ自動車は故大野耐一副社長によりトヨタ生産方式 所謂カンバン方式を確立して品質を高めました。


vivakenが在籍していた会社も それ程世間に知られていない時に“トヨタカンバン方式”の導入を決定して、大野耐一氏に直接指導していただきました。


ジャスト・イン・タイム。ベルトコンベアーの撤去。


品質異常を知らせる“アンドン”の設置等 工場は大変身しました。

工場の生産部門は大変だったようです。


長い間努力して品質レベルを上げて世間にやっと評価されても 一度大きな問題をお越しその対応を間違えるとそれまでの努力がパーになってしまいます。


最近購入した人感センサー付きのナイトナイト(国産)が2回連続で不具合を起こしました。


最初のトラブルは人感センサーは働くのですがランプが点きっぱなし消えません。


交換したランプは人感センサーが働きませんでした。


2個連続の不具合の為 交換は止めて返品しました。


国産品で2連敗は経験したことがありません。


一昔前には考えられない低水準です。


このメーカーの製品は今後買うことがないでしょう。

02/05 08:52 スバル・レガシ−はアメリカで日本車で唯一カ−オブザイャ−を頂き・インプレッサ・フォレスタ−・エクシ−ガとも全車最も安全の評価を頂き絶対数は少ないですが昨年の落ち込みも他社が30%以上の時に8%で今年は前年比を上回っています、やはり安全第一ですね。・・・
伝左衛門 
02/05 09:16 vivakenもレガシーに乗って16年。走行距離187,000kmです。大きなトラブルはゼロです。
vivaken 
02/05 11:02 永い間のご愛顧有難う御座います、表彰に値しますね。
伝左衛門 
2010年2月04日(木曜日)
08:14 お国柄 vivaken 
日本:1、ドイツ:E、イギリス:G、フランス:0(ゼロ)、
アメリカ:L、中国:1


日本:67kg、オランダ:90kg、イタリア:82.5kg。


これはなにかといいますと、エレベーターの表示です。


一、二行目は1階を示すボタンの表示。三行目は定員に対する一人当たりの重量です。


たかがエレベーターの一階を表すボタンの表示でこれだけの違いが
あります。


何か国際的な問題が発生して解決するとなると、まともに文化の違いがぶつかり合い問題解決が困難になることがあります。


宗教の問題などはその典型です。


国境の問題、市場開放の問題、歴史認識の問題、漁獲量の問題・・・いくらでもあります。


問題可決には時間をかけて理解を求めて じっくり片づけるしかありません。

今朝起きたらどんぐり庵の周りはほんの少し雪で薄化粧になっていました。

薄化粧の立春です。



02/04 08:31 国際協調は出来る問題とゆずれない問題があるわけですね。・・・
伝左衛門 
02/04 21:32 日本と中国は 同じ文化圏といえるということでしょうかね。
tiara 
2010年2月03日(水曜日)
08:18 始動 vivaken 
1月末 睦沢の田んぼが動き出しましました。


”かずさ有機センター”の従業員がどんぐり庵の向いの田んぼに重
機を使って“もみがら物語”を撒いていました。


どうも大上全体の田んぼと契約しているようで、次からつぎへと田んぼを移動して撒いていました。


1反に何トン撒くのでしょうか?


これが美味しいお米となる要素の一つになるのは間違いありません。


翌日には我家が契約している農家さんが一番乗りで田んぼの土に“もみがら物語”を混ぜ込んでいました。


昨年の12月からやっと新米を食べられるようになったばかりなの
に、もう田んぼは田植えの準備とばかりに動き始めました。


まだ立春前なのにね。

02/04 08:34 睦沢ではもみがら物語は必需品ですね。
伝左衛門 
2010年2月02日(火曜日)
08:04 梅にウグイス・・・ vivaken 
梅にウグイスというものの まだ見たことがありません。


数年前までメジロをてっきりウグイスだと思っていました。


メジロがウグイス色をしているのでそう思い込んでいました。


ウグイスは茶色で藪に居てめったに見ることが出来ないようです。


先日散歩の途中ササ藪の中で小鳥の動く気配がありましたので、足を止めてそーと見ていると茶色の体でした。


小鳥が向きを変えた一瞬お腹が見ました。


お腹の色はウグイス色でした。


これがウグイスかなと思いました。


昨日 隣りの梅林に茶色のスズメぐらいの大きさの小鳥が見えました。


「もしかしたらウグイスかも・・・」


期待をして双眼鏡を持ってきてソート覗くと いました。
いました。ただのスズメが!


「この時期に梅林にやってくると ややっこしんだよな。梅が咲くころは あんたは田んぼか、竹やぶにいなさい!」



02/02 08:40 赤城山から降りてきた鴬がモクスイの木の中に隠れてチッユチュと鳴いています、もうすぐするとホオ−ホケキョと鳴くでしょう。・・・
伝左衛門 
2010年2月01日(月曜日)
08:07 差し入れ vivaken 
八ちゃんの夕食にアジの差し入れがありました。


vivakenが行く床屋さんの店主からです。


夕方 薄暗くなってから軽トラがどんぐり庵のスロープを上がって来ました。


「今頃 訪問販売かな?」


ドアーを開けて降りて来た人「どこかで見たことがあるなー?」


何か皿のようなものを持っている。


「あっ 床屋さんだ。」


床屋さんの趣味は釣り、vivakenの頭を刈りながらよく釣りの話をします。


床屋さんも野良の「トラちゃん」を飼っています。


八ちゃんの夕食がアジのことも知っています。


「今度 たくさん釣れたらアジ持っていきますよ。」


ということで今回 中アジ5匹貰いました。


八ちゃんは夕食のイナダを食べたばかりなので翌日に回しました。


vivakenはその晩 しょうが醤油で刺身をいただきました。


やはり朝釣ったアジは美味しかったです。


「ご馳走様でした。トラちゃんによろしく。」



02/01 13:13 八ちゃんは人気者ですね。
伝左衛門 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 (179) 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録