++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

2019 | 01
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2011年2月15日(火曜日)
07:28 大捕り物 vivaken 
日曜日の夕方どんぐり庵の裏山で大騒ぎがあったようです。


猟友会のメンバーが大物のイノちゃんをしとめました。


体長が1m位のメスだそうです。


どんぐり庵の山から引きずり下ろしたそうです。


西西隣りのおかーさんが「昨日の大騒ぎの時に家の中で何をしていたの?」


「昨日は少し遠くに外出していました。」


「でも車があったよ。」


「ああ夕方はいつもと違う方向に散歩に行っていました。」


「そうだったの。お宅の山で大物のイノシシを撃ったので大騒ぎだったよ。鼻の長い大きいイノシシだったよ。お宅のタケノコみんな掘られていたと言っていたよ。今年は20頭ぐらい撃ったんだってさ。」


散歩に出かけてそういう場面に出合わなくよかったです。


こちらとしては撃たれたイノちゃんがお気の毒です。


タケノコを食べてくれたので切り倒す手間が省けて助かりました。


もう一頭はさらに大物で銃を撃って弾が当たったのに逃げたそうです。


夜行性とは言うものの手負いのイノちゃんに出くわしたら困るので暫くは裏山に入るのはやめておきます。


合掌。


02/15 07:40 出かけていてよかった〜。兎も角 イロイロそれぞれ事情はありましょうが、どんぐり庵の裏山で 野生動物が撃たれたなんて事は、私にとっては許しがたいことです。さっそく山に向ってお線香を上げてくれるよう vivakenにお願いしました。合掌
tiara 
2011年2月14日(月曜日)
06:00 退屈 vivaken 
ベネズエラの首都カラカスから軽飛行機で行く村の話です。


発電機で電気はあるもののテレビ、ラジオはありません。


昼間 村の中は静かで外に人影もありません。


家の前で幼児を抱いたお母さんが何をするのでもなくぼんやりして座っていました。


「退屈することはありませんか?」スタッフが聞きました。


「退屈という意味が分りません?」答えが返って来ました。


他の村人に尋ねると「ここでは昔から皆ただのんびりと生きています。」という答えでした。


現代人は時間に追われて生きています。


だからポカーンと時間的な空白が出来るとすぐに退屈してしまいます。


時間的空白と対話することが出来ません。


退屈というのは現代文明に生きる人間のある種の病気かも知れません。


生活は質素でも村の周囲には果樹が沢山あります。


あくせくしなくても食べものが自然に手に入ります。


自然が豊かな ある種の楽園です。


20年近く前に台風明けに屋久島の宮之浦岳に1人で登りました。


頂上の少し手前に花之江河という湿原がありました。


頂上を登った帰りに湿原に立ち寄りました。


耳がキーンとなるほど静まり返っていました。


空は真っ青で澄み切っていましたが真夜中のような静けさでした。


小鳥の鳴き声ひとつ聞こえませんでした。


自然が豊かな楽園にただ1人でポカーンとたたずんでいました。


この大自然の中であっと言う間に2時間が過ぎました。


このベネズエラの田舎も自然が豊かな為 人間の体内時計があっと言う間に過ぎるので退屈と感じないのだと思います。
2011年2月10日(木曜日)
07:57 寅さん vivaken 
韓国文化が北朝鮮の若者を中心に浸透をしているようです。


韓国映画、音楽が人気だそうです。


媒体はフラッシュメモリーが主役になっています。


携帯電話の着メロもKポップが人気です。


おじさん、おばさんにはフーテンの寅さんが人気だそうです。


あの将軍様も寅さんの大ファンだとか。


ある時 将軍様が全国民に寅さんの映画を見せようと提案したところ側近はこれに反対しました。


その理由は「勤勉な北朝鮮国民が働かなくなったら困る。」ということでした。


実に単純な発想です。


寅さんの良いところは人情です。


人情の機微に触れることと働かなくなることとは関係ないですが。


独裁国家の権力者層の発想はフーテンという生き方に目が行くのですね。


どう考えても北朝鮮でフーテンをやって食っていけるとは思いませんけど・・・。


寅さんを大好きな日本人がフーテンにあこがれて働かないというのなら話は別ですが現実が見えないようです。


ネット社会はさらに進化浸透します。


情報統制には限界があります。


そのうち将軍様が提案したように多くの北朝鮮国民がフーテンの寅さんの映画を見るのは時間の問題でしょう。
2011年2月09日(水曜日)
07:51 お稲荷さん vivaken 
お稲荷さんといっても寿司のいなりではなく、赤い鳥居と白い狐がシンボルのお稲荷さんです。


睦沢では多くのお家に屋敷神としてお稲荷さんを祀っています。


100万円を軽く超えそうな立派なお稲荷さんも多く見受けます。


散歩で隣部落まで足を延ばすと安っぽい工房でおじいさんがお稲荷さんを作っていました。


ちょっと覗きたくなりました。


「こんにちは。ちょっといいですか。立派なお稲荷さんを作っていますね。」


「どうぞ。この辺の人じゃないですね。どちらからですか?」


「この先にある床屋さんの隣りです。」


「えっ!以前に寄らしてもらいました。東北か何処かの移築古民家ですよね。」


そう言われて思い出しました。


おじいさんはご近所の大工さんで入母屋の素晴らしい家をいくつも建てています。


今は79歳で力仕事が出来ないのでお稲荷さんを作っています。


「お宅は硬木を使った良い家ですよ。今の家はフカフカで誰にでも作れる大きい模型の家ですよ。あんな家を作る気にはなりません。


あんな家を作るのは大工の仕事じゃありません。」


腕の良い大工は多かれ少なかれ同じような考えを持っています。


しかしその腕を発揮できる家を建てる施主が居ないのが実情です。
寂しい話です。


「旦那さん。お稲荷さんを一つどうですか?」


「お稲荷さんは家具のように買って置いとくだけとは行きません。毎日お水を代えてお祈りするのは大変ですからね。」


「まーそうですね。そうですか残念ですね・・・。」


ケヤキの赤身で手間を掛けたいいお稲荷さんを作っていました。


工房には4つのお稲荷さんが作られて置いてありました。


いずれこういうお稲荷さんを作れる人がいなくなるでしょう。


残念ですがこれも時の流れということなのでしょう。
2011年2月08日(火曜日)
07:31 空家 vivaken 
隣町の一宮駅近辺に車を置き洞庭湖周辺を散歩しました。


其の昔 一宮町は「東の大磯」と言われ文人の別荘がかなりありました。


芥川龍之介もお気に入りの場所でした。


洞庭湖の周辺は桜が多く植えられ桜の名所になっています。


湖畔からの北斜面に小規模の別荘が20軒近くありました。


そのほとんどが空き家、廃屋になっていました。


バブル期に内需拡大を目的にリゾート法が成立し日本中で開発という名前で山が切り崩されいろいろなレジャー施設、別荘地が作られました。


この洞庭湖の建物も少しゆとりが出来た都会人が「別荘」という誘惑の言葉に誘われて湖畔に別荘を建て、つかの間の幸せを味わった後何らかの事情で維持管理が出来なくなったのでしょう。


房総では洞庭湖畔に限らず別荘地が開発されても売れない土地、建てたのはいいけれど住まなくなった家をそこかしこで見かけます。


少子化の日本では都市以外の家は過剰気味になっています。


開発したけれど売れないバブルの遺産である宅地はどうなるのでしょう。


車なら価格を安くすれば売れるけれど、条件の悪い宅地や家は金額が張るから値段を下げても簡単には売れないでしょう。


どんぐり庵周辺でも散歩の範囲で空き家、廃屋が4軒あります。


売りに出しても売れない家に住んでいる人もいます。

02/08 07:50 壊して片付けようにも 解体処分と言うマイナスの費用が発生するので、目をつむって【放置】ということになるのでしょうね。
tiara 
2011年2月07日(月曜日)
07:25 お気に入り vivaken 
今朝の睦沢は霧が濃くて10m先が見えません。


交差点の信号機も直前まで見えません。


ゴミ出しに行ったらゴミ収集場のところで車同士がぶつかっていました。


こんなに霧が濃いのにヘッドライトを点けない車がチラホラ。


さすが袖ケ浦ナンバーの車は違います。


さて10年以上着ているお気に入りのグレーのカーディガンがあります。


カーディガンは他に3枚ありますが着心地がいいので ついお気に入りのカーディガンを着ることになります。


厚さ、大きさ、柔らかさ、動きやすさが気に入っています。


汚れて洗濯して乾燥するまでの間は他のカーディガンをつなぎとして着ますが乾くとまたお気に入りのカーディガンに手が伸びます。


従ってシーズンの80%はこのカーディガンを着ることになります。


10年以上そういう着方をしているので、そで口は擦り切れています。


肘も少し薄くなっています。


それでもこのカーディガンが気に入っているので着ることになります。


家で部屋着の上に羽織るのに丁度良いのです。


顔を洗ったりする時も邪魔にならないのでいいのです。


誰にもお気に入りの身の回り品が一つや二つはあると思います。


他人から見れば「他にも同じようなモノがあるのに 何もそればかりにこだわることはないだろう」と言われそうですが お気に入りとは極主観的な価値なので他人の尺度では測れません。


他人にとって大したモノではないけれど本人にとっては大切なモノ。


お気に入りとはそんなモノでしょう。
2011年2月04日(金曜日)
07:47 皮肉 vivaken 
またしても相撲界が世間を騒がせています。


暴行事件、麻薬事件、野球とばく事件そして今回の八百長事件。


前の3事件は大問題ですが本番の土俵外の事件でした。


ところが今回の事件の深刻なところは本番の土俵内の事件だというところです。


大相撲そのものの根幹に係わる事件になりました。


以前から週刊誌等で八百長相撲が取り上げられていましたが、相撲協会は事実無根ということで本気になって調査をしませんでした。


あの時キチンと調査、対応をしていれば今回の問題は発生しなかったことでしょう。


もう一つ気になったのは放駒理事長が今回の事件の調査解明をする前に八百長は今回初めて起きた問題だと断定したことです。


調査した結果過去にも八百長があったこと判明したら命取りになる発言です。


この辺にも脇の甘さを感じます。


八百長の語源である八百屋の長兵衛の囲碁の相手が相撲の年寄りであるのも皮肉な話です。


節分の日に人気力士が寺社で鬼退治の豆をまいている時に土俵から13の鬼が飛び出して来たことも皮肉です。


歴史伝統ある国技の相撲が現代の携帯電話一つであっけなく寄り切られたのも皮肉です。

02/04 08:10 何回か耳にしていた話ですよね。
tiara 
2011年2月03日(木曜日)
07:40 適任者 vivaken 
国会では「たちあがれ日本」を離党してチャッカリ菅政権の重要ポストに座った与謝野担当大臣が連日野党の質問者から問い詰められています。


与ちゃんは「政治家の最後の仕事として社会保障・税一体改革の仕事の成果を出します。その成果で判断して下さい。」と言っています。


日本中の多くの人が与ちゃんを呼び込んだ菅ちゃんの判断、それに乗った与ちゃんの決断に「何んじゃこりゃ。」と怒りました。


「増税ありきの人間に任せられない。」とも思ったことしょう。


ところが考え方を変えると与ちゃんを選んだことが結果的によかったということなる可能性があります。


その理由はこれだけ世間から非難を浴び注目された与ちゃんが仕事の成果を見て判断してくれと言った訳ですから、自民党を中心とする野党がキッチリとその成果をチェックします。


マスコミもその動向を注視し報道回数、報道時間が増えます。


そうなると国民の関心がさらに高まります。


衆参ねじれ国会ですからドサクサにまぎれて法案を通すことは出来ません。


結果として国民のコンセンサスからかけ離れた結論は出せません。


ということは人材不足の民主党員に代わって与ちゃんのチャッカリ就任は皮肉にも社会保障・税一体改革の適任者ということになるかもしれませんぞ。


今となったらそうなることを希望します。


もっとも菅ちゃんがいつまで持つか予測できませんが。

02/03 07:53 発言や身の処し方ばかりが報道されますから、大衆の一員として 本筋を捕らえたいと思いますが、週刊誌のネタみたいなところばかりが目に入ります。
tiara 
2011年2月02日(水曜日)
07:33 ウグイス vivaken 
朝8:00頃西隣の梅林を見ると梅の木の枝から枝に渡る小鳥の姿が数羽か見られました。


「もしかしてウグイスがいるかも?」と期待しましたが3羽ともメジロでした。


メジロでも十分有難いことですが、ウグイスの姿を一度も見たことがないのでつい期待します。


梅の枝打ちをして積み上げた枝の空間に別の小鳥の動く姿がありました。


「スズメにしては尾が少し長いな。スズメより締まった感じで動きも俊敏だな。もしかして・・・」良く見るとどうもウグイスらしいのです。


メジロは相変わらず梅の枝をあっちこっちと飛んでいますが、ウグイスとおぼしき小鳥はスーと山に向かって飛び立ちました。


今見た小鳥の像を頭に焼き付けパソコンに向かいました「ウグイス」で検索したその画像はウグイスにかなり近いものでした。


90%はウグイスだと思いますが、10%はウグイスであって欲しいという願望です。


何せウグイスの声は間近で何十回も聞きましたが、ウグイスの姿を見ることが出来ませんでした。


そろそろウグイスの姿を見せてもらいたいのです。


ウグイスであって欲しいのです。


ウグイスと断定したいのです。


「ウグイス殿メジロのように警戒心を解いて梅の小枝でゆっくりと遊んでください。そして綺麗な声で長―く長ーく鳴いて下さい。」


そうすればあなたがウグイスであると断定できます。


そしてこちらは幸せな気分になるのです。
2011年2月01日(火曜日)
07:24 観察力 vivaken 
朝ごみ出しに行きました。


西西隣りのおかーさんが洗濯物を干していました。


「おはようございます。」


「おはようございます。」


「ここのところ嫌になっちゃう位寒いね。給湯機が毎日凍るよ。」


「もうそろそろですよ。」


「天気予報でそんなこと言っていたね。お正月頃から洗濯物は家の中で干しているの?」


「えー室内も乾燥気味なので。」


「お宅は全館暖房で全室が繋がっているからいいね。全体に効果があるからね。」


そう言われれば室内に洗濯ものを干し始めたのは正月頃からだったかもしれません?


こちらよりお隣さんの方がよく覚えています。


改めて田舎の近所の人に関する観察力は大したものだと感心させられました。


田舎では何でもとしっかりとチェックされます。


従ってゴミ出しに行く時も髭をキチンと剃って、髪の毛には櫛を入れ、鼻毛もチェックします。


部屋着の上にダウンジャケットを羽織るようなことはしません。


部屋着から着替えて行くようにしています。


ゴミ出しも南行徳に居た時より気を使います。


壁に耳あり障子に目あり。


02/01 07:46 ありがたいことです。本当に。
tiara 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 (190) 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録