++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...

2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2010年7月14日(水曜日)
07:24 僕の願い vivaken 
月曜日の夕方17:00を少し過ぎたころ、下校途中の小学四年生の並木君と同級生の女の子がどんぐり庵の入り口でこっちを見ながら話していました。


二階の書斎から観ているといつまでたっても入り口から離れません。


こちらを見ているので手を振ると並木君もニコニコして手を振りました。


それでも動かずどんぐり庵の入り口にいます。


何か言いたいことがあるのかもしれないと思い外に出ました。
スロープを下り並木君の所に行って


「どうしたの?何か良いことでもあったのかい?」


「別に。僕の今の願いは車に乗ること。」


瞬間 言っている意味がよく分りませんでした。


ははーん。疲れちゃったから車に乗りたいということらしい。


「体の具合が悪いのかい?」


「そうではないけれど・・・。」


その時 軽自動車がハザードランプを点滅させながら停車しました。


どうやら女の子の家族が迎えに来たようです。


並木君も同乗して、“僕の今の願い”が実現しました。


どうも迎えの車の待ち合わせ場所にどんぐり庵の前を選んだのかもしれません。
2010年7月13日(火曜日)
08:00 ヒグラシ vivaken 
今年初めての蝉の声が聞こえました。


日曜日の18:45


その鳴き声は♪かーな かなかなかな♪と鳴く2匹のヒグラシでした。


通常のセミが鳴く順番はニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシですが、今回はいきなりヒグラシでした。


梅雨も明けないうちにヒグラシの鳴き声を聞くのは初めてです。


ヒグラシはやはり沢山いて次から次へバトンタッチしながら鳴く声がいいですね。


2匹だとヒグラシ本来の風情が感じられません。


ただ「あっ ヒグラシだ。」というだけで終わってしまいます。


それでも翌日の月曜日にもう一回聞きたくて、風呂の窓を開けて“ヒグラシ風呂”と洒落こんだつもりですが、とうとうヒグラシの鳴き声を聞くことが出来ませんでした。


ヒグラシも順番を間違えたと認識して引っ込んでしまったのかもしれません。
2010年7月12日(月曜日)
07:03 にぎやかな朝 vivaken 
先週のある朝 鳥の声を多く聞くことが出来ました。


早朝 スズメに始まってウグイス、ヒヨドリ、キジバト、コジュケイ、ホトトギス。


その後初めて聞く鳴き声を聞きました。


あえてカタカナで書くなら♪ウィー ピャン♪と聞こえました。
(オバマという鳥ではありません。オバマとういう鳥であれば♪イエス ウィー キャン♪と鳴きます。)


最後はおまけで鳴かなくてもいいのにカラスが派手にギャーギャー鳴いて折角の雰囲気を壊しました。


人間社会でもカラス的存在の人がいて困ることがあります。
2010年7月09日(金曜日)
07:10 選挙 vivaken 
選挙になると選挙カーに乗って手に白い綿の手袋をはめて一生懸命に手を振ります。


白い手袋は選挙カーに乗って手を振ると目立つからでしょう。


街頭演説に欠かせないのがマイクロホン。


選挙カーの屋根に乗ってマイクロホンを何本かガムテープで束ねて絶叫します。


昔から全く変わらないスタイルです。


何故か多くのマイクロホンが白い布で覆われます。


絶叫すると唾が飛んでマイクロホンが故障するからでしょうか?


今のマイクロホンは防滴仕様ではないにしても人間がしゃべる程度で故障するとは思えません。


それにも関らず白い布を被せるのは何か験を担ぐ狙いでもあるのでしょうか?


例えば選挙の結果が白星を飾ることにあやかるとか?


もっとも覆った白い布をマイクロホンから外して振れば、ギブアップの白旗にもなりますけど・・・。


いずれにせよ選挙の街頭演説の風景は昔と変わらないスタイルが続いています。


立候補者の言うことも昔と変わりません。


世の中は激しく変わっているのになー。


ところで今回の参議院選挙は何処党に投票するか困っています。


従来は何処の党にするかは簡単に決まり、後はその党の候補者を誰にするかだけでした。


ところが今回はどの党も今一、今二、今三で困ります。


仕方がないので9つある政党を消去法で消し込んでいきました。


すると全部の党が消去されて投票する党が無くなってしまいました。


どこの党も期待できない訳で困ったもんです。


白紙で投票するのも面白くないし、いっそのこと比例代表政党名は「アジ党」選挙区候補者名は「八ちゃん」とでも書きたくなってしまいそうな状態です。

ヤレヤレ。

2010年7月08日(木曜日)
07:46 対比 vivaken 
2010年サッカーワールドカップで日本はパラグアイとのPK戦に敗れてベスト8には進むことが出来ませんでした。


PK戦 3人目の駒野友一が外し勝負は着きました。


外した駒野をチームメイトが肩を抱いて慰めている姿を見て思い出したのが、4年前のワールドカップです。


日本はブラジル戦に1対4で敗退して、決勝リーグに進むことが出来ませんでした。


試合終了後に中田英寿はグランドにそうとう長い間仰向けになって顔を覆い寝ていました。


この時 日本のチームメイトは誰1人として近づいて慰めるものはいませんでした。


記憶がハッキリしませんが手を差し伸べたのはブラジル選手だったような気がします。


こういう姿を見ると前回のワールドカップは中田が中心のチームで、今回は全員一丸となったチームであったことが結果として浮かんできます。


前回は中田が目指すサッカーとその他のメンバーが考えるサッカーに差があったのでしょう。


機会があったら中田にこの辺のところを是非聞けたらいいと思います。
2010年7月07日(水曜日)
07:28 臭いに飢える vivaken 
冒険家の野口建がラジオ番組に出演しました。


野口建はただ山を登るだけではなく エベレストの清掃、富士山の清掃、シェルパ基金の創設し、今はヒマラヤに学校を作っています。


野口建の話によると氷の山には空気中に臭いが無く、高い山を登ると2,3ヶ月の間 臭いが無い世界に居ることになります。


そのため下山する時は空気の臭いに飢える状態になっているそうです。


通常飢えるという言葉を使うのは食べもの、愛情などに使いますが、臭いに飢えるというのは初めて聞きました。


本人は繁華街の夜の臭いがたまらなく恋しくなるようで、そのことが原因で奥さんとトラブルこともあるようです。


氷の山は生物が居ないので確かに空気に臭いがないですね。


生身の人間は空気中に何らかの生き物の臭いを本能的に求めるのでしょうか。
2010年7月06日(火曜日)
08:03 またオサラバ vivaken 
東京を7月2日(金)に発送しどんぐり庵に7月3日(土)午前中到着予定のゆうパックがありました。


過去に何回もゆうパックで送って翌日の午前中に着いていました。


今回は結局2日遅れて7月5日(月)午前中到着でした。


7月4日(日)tiaraがインターネットで配送状況確認すると何と荷物はまだ東京にある状態でした。日本郵便のホームページには配送トラブルのお知らせも掲載されていませんでした。


トラブルが発生して3日経ってもホームページに記載しないとは日本郵便の企業体質に驚きです。


人間を輸送する電車、バスでは異常が発生すれば即刻表示されます。荷物を運送するゆうパックも同じ責を負います。


日曜日の夜のニュースで鍋倉社長の記者会見の模様が放映されました。


「ヤマト、佐川の背中を追うという時に・・・残念だ。」というようなことを言っていました。


「あんたお客にキチンとお詫びをしなければならない場面で、思い通りにいかなかった不満を述べるとはどういうことなんだ。それにヤマト、佐川と呼び捨てにするのはちぃーとばかり失礼だろ。社内では構わないが、ここはお詫びの公の会見場所だよ。ゆうパックなんぞ何十年たったってヤマトのサービスに追い付ける訳ねーだろー。背中どころか姿がやっと確認できる距離じゃねーか。あんた社長だろ 少しは立場と場所をわきまえて発言しろってんだ。」などと腹を立ていました。


「役人上がりで世の中のことが分っていない自己中心的なおやじだなー。」とつくづく感じました。


原口ちゃん総務大臣として社長を呼びつけてしっかりと業務改善命令を出してね。


いずれにしても我が家はゆうパックからオサラバしますけど。


先日 大相撲とオサラバしたばかりなのに今度はゆうパックとオサラバとなりました。

07/06 20:43 早期統合という経営課題が最優先だったとか。。お客目線 や 社員から信頼を得ようという足元目線は皆無の方のようです。
tiara 
2010年7月05日(月曜日)
08:30 スズメのお宿 vivaken 
車庫の屋根の下にスズメが巣を作ったようです。


4,5羽の一家のスズメのお宿のようです。


毎日元気に鳴いています。


鳴く場所は車庫の屋根の天辺と外灯の天辺が多いようです。


見張りをするには見晴らしがいい場所が良いからでしょう。


時々他のスズメが車庫にやってくると、すごい勢いで追いかけます。


先日は追いかけて畑の上で上になったり下になったりでプロレスなみの激しい格闘していました。


予想していたよりはるかに激しいバトルを展開します。


外部のスズメを追い払い意気揚々と引き上げて また車庫の屋根の天辺で勝利宣言をしていました。


スズメの行動範囲がどの位か分りませんが、一日中どんぐり庵の敷地で見かけるのであまり遠くには行かないようです。


そばに田んぼも畑もあるので遠くに行く必要が無いかもしれません。


たまにカラスがちょっかいを掛けていますがスズメのお宿は問題なさそうです。


2010年7月02日(金曜日)
06:50 上中下 vivaken 
八ちゃんの夕食のアジのランクに上中下があります。


上は新鮮な千葉産のアジ。


中は地方のやや鮮度が落ちたアジ。


下は鮮度が落ちたアジ。


近所のスーパーマーケットに常に新鮮な千葉産のアジがある訳ではありません。


千葉産でも必ずしも新鮮なモノとは限りません。


上中下が何故分るかというと、さばいたアジをキッチンから八ちゃ


んがいる二階へ持って行く時の反応で分ります。


上:階段を下りられない八ちゃんが前足を一段だけ降ろして身を乗り出してギャーギャー鳴きながら待ち構えています。器を床に置くなりいきなりパクつきます。


中:階段を上ったすぐ上でグルグル回りながら待っています。器を床に置くと臭いを嗅いでから少しだけ食べます。


下:階段を上りきった場所から少し離れたところでグルグル回って待っています。器を床に置くとチョットだけ臭いを嗅いでその場を去ります。


要するに今日の夕食は上か中か下かvivakenが階段を上る前に嗅ぎ分けているということになります。


いつも上を食べさせてあげたいのはやまやまですが、スーパーマーッケトの事情で何ともなりません。


今日は新鮮な魚を求めて隣町の魚屋さんまで買物に行きましょう。



07/02 07:35 翌日の分まで買いおいたアジを はっちゃんがお気に召さないと判定下した場合 そのほとんどは アジのムニエルとなって私たちの食卓に並びます。
tiara 
2010年7月01日(木曜日)
07:32 茅葺屋根 vivaken 
茅葺屋根の代表格は白川郷の合掌造りです。


白川郷の合掌造りの家が世界文化遺産に登録された理由は景観だけではなく、「結(ゆい)」の下に数百人で茅葺屋根の葺き替えを行う伝統も重要な要素に含まれていました。


世界文化遺産に登録される前は昔ながらの「結」に従って当然のこととして村中の人々が集まりお互いに屋根の葺き替えをして来ました。


ところが世界文化遺産に登録されると観光客が大幅に増え、土産物店で多くの現金収入のある家と 昔と変わらないそうでない家の格差が生じてきました。


こうなると昔ながらの「結」に変化が生じて現金収入がある家は茅葺屋根の葺き替えを業者に依頼するケースが増えてきます。


「結」で屋根の葺き替えをするということは無償でお願いするということになります。


そのためには一年以上前から依頼する人と役割分担を決め、数百軒の家を一軒一軒歩き回ってお願いをすることになります。


これはかなり面倒な作業になります。


特に茅葺屋根でない家にお願いをすることは借りっぱなしになるということで、かなり言いにくいことになります。


昔からの名家ではお願い出来ても、普通の家では依頼しにくい状況になります。


今 合掌造りの茅葺屋根の葺き替えを業者に依頼すると3000万円掛かるそうです。


3000万円といえばサラリーマンの家一軒分以上に相当する金額です。


3000万円掛けて寿命は60年。年間50万円の維持費用になります。


「結」に変化が起こり、茅の入手が難しくなり、茅職人が減少するという厳しい条件が生まれてきています。


これを乗り越えて合掌造りの茅葺屋根の家を保持していくことは大変なことです。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 (192) 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録