++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...

2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2009年11月12日(木曜日)
07:53 落花生 vivaken 
落花生の原産地は南米のアンデス地方の河川流域と言われていま


す。


通常 豆類は地上で実がなりますが落花生は地下で実をつけます。


地下で実を付けるのは鳥などに食べられない知恵だそうです。


もう一つの知恵は水に浮く殻の中に入っていることです。


こうすることによって河川が洪水の際には水に浮かんで流れて新し


い場所で芽を出すことが出来る訳です。


落花生はなかなかの知恵ものですね。


落花生と言えば去年「道の駅」で購入した落花生を1時間塩茹でし


ていざ食べようとしたら中がスカスカのモノが半分ありました。


癪に障るし面倒なので全部捨てたことを思い出します。


食べるならやはり本場の八街産にします。


教訓「近くの道の駅より 本場の八街」

11/12 08:26 本庄でも取れますが、八街にはかないません。
伝左衛門 
11/12 12:00 茹ですぎでは? 落花生はカラスの大好物ですね〜
BobCat 
2009年11月11日(水曜日)
07:53 前評判 vivaken 
11月9日(月)映画を見に行きました。


「おくりびと」「剱岳 天の記」「火天の城」に続く今年4本目の


映画です。


何しろサラリーマン時代の約40年間は映画を一度も見たことがあ


りません。


それに比べると今年4本はかなりのハイペースです。


題名は「沈まぬ太陽」山崎豊子原作 渡辺謙主演。


予告編を含め3時間30分の長編です。


前評判も非常に高く かなりの期待をもって行きました。


確かに渡辺謙の演技には唸るものがありましたが終わってみると期


待し過ぎのせいか映画全体としてはそれほどでもありませんでた。


前評判が高すぎると期待が膨らんで、その期待を超えないと満足し


ないという人間の心理が働くので、かえって事前にあまり煽らない


方が結果的に相対的満足度は高くなるのではないでしょうか。

11/11 08:51 映画は好きなのですが中々見る機会が有りません、vivakenさんは幸せです。
伝左衛門 
2009年11月10日(火曜日)
07:51 養殖 vivaken 
最近は大衆魚のアジでさえ養殖になって来ました。


高級魚のクロマグロは当然養殖が盛んに行われています。


其のクロマグロの養殖が厳しい状況になっています。


昨年のリーマンショック以降需要の減退とコスト高に見舞われてい


ます。


年初は1kg 3300円の値を付けていましたが10月は1kg


2500円に下落しています。


養殖の原価は1kg2500円掛かります。これ以上価格が下がる


と赤字になります。


需要はそう短期に回復しません。幼魚のヨコワも豊漁不漁の波が大


きくコストも不安定です。


クロマグロの養殖はマグロブームで新規参入が多く一段と競争が厳


しくなっているようです。


もっとも睦沢のスーパーマーケットにはクロマグロはほとんど登場


しませんので無縁状態ですが。

11/10 08:13 最近はご近所から頂いた野菜と自給の野菜での料理が多く二人で健康食です・マグロは恐らく冷凍だと思います。
伝左衛門 
2009年11月09日(月曜日)
07:31 のどかな農村 実は vivaken 
農村には“のどか”というイメージがあります。


実際に睦沢へ来て畦道を散歩すればその風景は“のどか”です。


田植えの風景も“のどか”です。


稲刈りの風景も“のどか”です。


実はこの“のどか”の風景の裏側に悲惨な事実があります。


農作業で死亡する人が年間400人います。


このうち65歳以上が70%を占めます。


事故の原因は機械化と老齢化です。


田植え機、稲刈り機、トラクター。


事故が最も多いのがトラクターです。


トラクター後部にはいろいろなアタッチメントが付けられますが重


心が不安定になります。


農道から田に入る時、畔を乗り越える時 転落、転倒事故が発生し


ます。


農業従事者は経営者兼労働者が多いため労災の対象外になることが

多いことも不幸なことです。


また、事故を自分の不注意と捉える傾向がありケガについてはあま


り表面に出てきません。


死亡事故が400人ということは重症事故は数倍、軽い事故は数十


倍あると推測できます。


機械化と老齢化が事故の要因ですが 今後も機械化は進むでしょ


う。となれば事故を減少させるには若者に来てもらうしかありませ


ん。


しかし稲作は長年にわたり生産調整をしています。生産調整という


ことは即ち努力しても規模を拡大できないということです。


そんな仕事に若者が夢を持つことは難しいでしょう。


農業解放の外圧もあり日本の農業はいろいろな面で課題が満載のよ


うです。

11/09 08:01 失ったものは取り返すことが出来ません。皆さん どうぞご安全に。。
tiara 
11/10 07:30 農家の方も色々と大変ですね。
伝左衛門 
2009年11月07日(土曜日)
07:33 やっぱりね vivaken 
金曜日の夕方 西西隣の床屋のおかーさんから


「土曜日の夜いなかったね。どうしたの?」


「女房の母が亡くなったもので・・・」


「あーそうなの。いつも夜は電気が付くのに暗いままだからね。O


さんとこれは何かあったよ。と話していたの。やっぱりね。それは


ご愁傷さまでした。」


ご近所ではvivakenの生活パターンをみんな承知です。


何時に起きて、朝食は何時。散歩は何時。買い物は何時。消灯は何


時 みんな承知です。


やりにくい面もありますが、防犯という面では実に頼りになりま


す。


今回も一泊すれば、帰って来て質問があるだろうなと思ったら、


やっぱりね。

11/10 07:28 向こう三軒両隣で良いですね。
伝左衛門 
2009年11月06日(金曜日)
08:10 固まる vivaken 
礼服とYシャツをクリーニング屋に持って行きました。


一通りチェックした後会計をして服をかごに入れようとしたところ


で受付のおねーさんが両こぶしを胸の前に固まってしまいました。


おねーさんの視線の先にはYシャツの上に小さい鬼グモが一匹いま


した。


手のひらでポイッと払いのけてあげるとホッとした表情で体の力が


抜けました。


どうも虫が大変苦手ようです。


どんぐり庵の南側の軒下はクモの巣だらけです。


この程度のクモで固まるようでは睦沢の生活は大変でしょう。

クモ以外にもゲジゲジのゲジ君も出没するし田舎は虫嫌いの人には


たまらないところです。


こんな調子では一週間に1回は固まってしまうのでは・・・・。





11/06 08:50 私の孫娘の、団子虫ハンタ-とは偉い違いですね。
伝左衛門 
2009年11月05日(木曜日)
07:13 昆布 vivaken 
これから寒くなると鍋ものが美味しくなります。


鍋ものと言うと出汁に昆布を使う機会が増えます。


夏に収穫した昆布がこれから出回ります。


昆布と言えば北海道。


国内では90%が北海道産になります。


北海道昆布の王者は何といっても羅臼昆布。


釧路辺りの高級昆布と比べても5倍ぐらいします。


贈答用、高級料亭用に使われます。


また昆布は最後まで無駄なく使える食材です。


昆布からおぼろ昆布を作る時薄く削ります。


これ以上削れないという薄くなった残りは鯖寿司、ばってらの上に


載せます。


出汁を取った残りの昆布を佃煮にします。

11/06 08:11 昆布の硬いのをつまみに良く御酒を飲みます。
伝左衛門 
2009年11月04日(水曜日)
07:56 心理的時間 vivaken 
年をとる度に月日が経つのが早く感じます。


「年々時間がたつのが早くなる?」と知人に聞くと同じ答えが返っ


てきます。


加齢と共に時間に対する感覚が短くなることは「ジャネー法則」で


規定されています。


ジャネーはフランスの心理学者で「時間の心理的な長さは年齢に反


比例する。」と言っています。


50歳の人は5歳の人の年齢の10倍ですが、感じる時間は逆に


1/10になるということです。


即ち50歳の人が感じる10年間は5歳の人の1年間に相当しま


す。


別の言い方をすれば同じ時間を5歳の人は50歳の人の10倍長く


感じるということです。


大人から見ると子供が落ち着きがありません。


その事は「ジャネーの法則」から言えばごく自然な現象ということ


です。


落ち着きのある子供は見たことがありませんが、もしいたら気持ち


悪ですよね。


一方で「ジャネーの法則」に反して落ち着きのない大人は時々見か


けますね。目障りでこまりますが・・・。


精神年齢が若いということなのでしょうか?

11/04 17:18 ドックイア−ですね。
伝左衛門 
2009年11月02日(月曜日)
07:32 お別れ vivaken 
10月27日夜 tiaraの母(81歳)が永眠しました。


今年の正月1週間ほど どんぐり庵に滞在した後 自宅に戻ってか


らペースメーカーの不具合があり入院しました。


手術が終わり来週退院という時に脳梗塞を発症しました。


その後は病院とリハビリ病院と老健との往復でそのまま自宅に帰る


ことが出来ませんでした。


tiaraはその間10ヶ月 ほぼ毎日仕事が終わった後片道1時


間以上の病院へ見舞いに行きました。


全くもって実に献身的に尽くしました。あっぱれだと思います。


故人が今年の正月 どんぐり庵に滞在したのが最後の正月。最後の


外泊。そしてどんぐり庵から1kmちょっと先のマーケットプレイ


スまでtiaraが押した車椅子で最後の買い物。


最後の買い物はごちゃごちゃといろいろと買って来ました。


記憶にあるのは化粧品。「何歳になっても女だな」と思いました。


それと昔懐かしいということで6本入りのアイスキャンディー1


箱。「何でマーこの寒い正月に?この年齢で?」結局は本人が1


本、vivakenが1ヶ月掛けて5本食べることになりました。


故人の最後の外泊、最後の正月、最後の買い物。


これも故人とどんぐり庵と何かの縁があったのでしょう。


10月31日通夜、11月1日告別式 tiaraが喪主で執り行


われました。


葬儀はお坊さん、葬儀屋さんに恵まれて気持ち良く終えることが


出来ました。


合掌

11/02 09:10 心から、お悔やみ申し上げます。tiaraさんが気を落とさないようお伝えください。
伝左衛門 
11/02 09:32 伝左衛門様 お心遣いありがとうございました。
vivaken 
11/02 14:52 心よりお悔やみ申し上げます。
BobCat 
11/02 15:28 BobCatさんご心配いただきましてありがとうございました。
vivaken 
2009年10月31日(土曜日)
07:03 大失敗 vivaken 
カキの季節になって来ました。


生ガキはおっかないし、鍋にはちょっと早いし、フライはめんどく


さいし、ということで何十年かぶりにカキのお好み焼きを作ること


にしました。


小麦粉を溶きキャベツを切って混ぜフライパンを熱して、油を引き


ジュッー。カキを1パックトッピング・・・。暫くしてひっくり返


し「ありゃ?白っぽいし堅そうだな。いけねー卵を入れるのを忘れ


ちゃった。今さらどうしようもない。」その後カキの汁がジュクジ


ュクと出てちっとも焼けません。半生の小麦粉は絶対に食べられま


せん。しょうがないのでカキを取り出し、別のフライパンで焼きま


した。生地はこれ以上焼くと焦げてしまうので25分程焼いて皿に


移しその上にカキを置きました。


食べる前から全く期待できない味であることは覚悟していました。


唯一の救いは“おたふくソース“があったことです。


さて、見た目に食欲わかず。一口噛むとふんわり感なし。かすかに


カキの風味あり。


かくして暫くぶりのカキのお好み焼きは大失敗に終わりました。


「あーまずかった!不愉快じゃ!」


BobCatさんは初めてのアップルパイが上々の出来だというの


に・・・。

11/02 09:13 皆さんご自分で良く料理に挑戦しますね。少し見習います。
伝左衛門 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 (193) 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録