++田園ノート++ http://denen-note.jp/  
田園ノートに 新規登録しませんか?

メインメニュー

検索

オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが Popnupブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...

2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
川の流れのように
2010年7月30日(金曜日)
08:06 お疲れさまでした vivaken 
16年間乗った愛車レガシーがとうとう限界かなという状況になりました。


走行距離19万kmになる頃からラジオが壊れ、ヘッドランプが切れ、先日は速度メーターが壊れました。


ハンドルを切りながらスタートする時に振動が出るようになりました。


電気系統、機械系統両方ともトラぶってくると、この先も次から次へとトラブルのではないかと心配になります。


17万km当たりでエアサス、エアサス用コンプレッサー、オルタネーターを交換しています。


振り返ればこの辺りが潮時だったのかもしれません。


それでも愛着がありふんぎりが着きませんでした。


来年は早々に車検を迎えるし、その時はタイヤの交換も必要です。


20万kmまでは何とか乗りたいと思いましたが、今なら減税16万円、補助金25万円合計41万円の援助があります。


ということで新しいレガシーに買い替えることを決断しました。


今のレガシーの購入はtiaraとスバルの所長でジャンケンポン一回勝負の結果、所長が勝ったので購入することになりました。


背景にはvivakenはレガシーに買い替えたい。tiaraはその必要が無い。スバルは勿論売りたい。「それならジャンケンで決めよう。」となった訳です。


この話はスバルでは有名な話です。


16年経った今でもスバルの中では語り草として生きています。


結果的にはレガシーに変えたことが正解で、その後大活躍し今日に至りました。


今日まで頑張ったレガシーに敬意を表して新しいレガシーも同じナンバーを付けることにしました。
2010年7月29日(木曜日)
06:59 旨い・早い・簡単 vivaken 
旨い・早い・簡単。


三拍子がそろっています。


どかのお店?何かのレシピ?違います。


昨年紹介した夏の果物の食べ方。


そうです「流し食い」です。


今回初めて読む人に「流し食い」の説明をします。


「流し食い」は「流しそうめん」のような風流なものではありません。


キッチンの流しに向かって食べる立ち食いのスタイルです。


夏の果物メロン、ナシ、スイカ、モモを美味しく食べる方法です。


皮をむくか、適当な大きさに切れば後とは流しに向かって
ガブッ!とかぶり着きます。


次の瞬間旨さが口の中に広がり、余った汁は流しにポタポタ。
そして「旨めー!」となる訳です。


見た目は下品でも内容充実の豪快な食べ方です。


旨い・早い。はすでにおわかりでしょう。


簡単はとにかく果物ナイフ一本で済みます。


お皿、フォーク、ナプキン、お手拭き、テーブルにこぼした時の台
フキンは一切不要です。


これらを出す手間、洗う手間、乾燥させる手間、納める手間が一切不要です。


ネーお分りですね。


旨い・早い・簡単。の流し食いは夏の果物にお奨めの食べ方です。


それでも禁止事項が一つあります。


それは1人で静かに食べることです。


二人でとか、ましてや家族そろって流しに並んで流し食いはいけません。


誰かが外から見たら異様な光景にビックリします。


近所の評判になってしまいます。


1人で静かにガブッと行きましょう。
2010年7月28日(水曜日)
07:13 ごちゃまぜ vivaken 
7月13日(火)に今年初めてセミの声を聞きました。


そのセミは何とヒグラシでした。


その後ニイニイゼミが鳴き始め、アブラゼミも鳴きだし今ヒグラシは絶好調です。


そんな中7月24日の土曜日の昼間キッチンに居ると今度は♪オーシンツクツク オーシンツクツク♪とツクツクボウシが鳴きました。


ツクツクボウシと言えばセミの真打ちで、その夏の最後を飾るのセミです。


「あー今年も夏が終わるのか。」という気分になります。


今年まだ鳴き声が確認出来ていないのはミンミンゼミだけです。


猛暑続きでセミの世界も振り回されごちゃまぜになったみたいです。


ごちゃまぜでもいいので早く終わることなく子供の夏休みの期間ぐらいはセミの声を聞きたいものです。
2010年7月27日(火曜日)
06:55 クモの巣 vivaken 
今年はクモの巣をやたら多く見かけます。


朝 新聞を取りに行く玄関からポストまでの15m位の間に最低一回、多い時は三回顔や腕にクモの巣が引っ掛かります。


昼間は庭の手入れ等を行いますので、この場所は何回も通ります。


従って夜から朝方に掛けてクモは毎日巣作りをしていることになります。


よくも まー マメにこれだけの巣を作るものです。


先日は初めて家の中を歩いてクモの巣に顔が引っ掛かりました。
場所はキャットウオークです。


朝キャットウオークの手摺に布団を干すため運んでいたところ、「ありゃ。やられた。こんなこと初めてだな。」


今まで家の中でクモを見てもそのままにしていたことで、結果的にクモを育ててしまったのかな?


クモがいるということはクモの餌があるということ、クモの餌は人間にとってあまりいいものではなさそうです。


家の中のクモは小さいので大したことありません。


従来通りクモはそのまま育てることにしましょう。


ただし、クモの巣は見つけ次第に排除します。

07/27 07:25 ピンセットまで付いた”ハエたたき”が100円なんですから、テニスラケットみたいな 蜘蛛の巣取り 100円 というのがあってもいいような気がしますが・・。
tiara 
2010年7月26日(月曜日)
07:52 暑さ除け vivaken 
この夏は結構気温が高いので、エアコンがないどんぐり庵ではキメの細かい暑さ除けが必要です。


朝5:00に起きると室内温度より外気温度が1,2℃低いので南東側の窓を全開して外気を取り込みます。(ここのところ暑いのでその他の窓は夜も開けています。)


6:00を過ぎるころ太陽光が家の中にも入ってきますので、今度は南東側の窓を閉め、ブラインドを下ろして室温が上がるのを防ぎます。


太陽が高くなり昼を過ぎてくると南東側の窓を開け代わりに南西側の窓を閉めブラインドを下ろします。


夕方になると西日を避けるため北西側の窓と障子を閉めます。


このようにどんぐり庵では太陽の動きに合わせてキメの細かい暑さ除けを行っています。


黒御影石を敷いた土間に太陽光を当てないようにしていますので、この土間と周辺はパッシブソーラー効果があり温度は他の場所より1,2℃低いと感じます。


もう一つ重要な要素は越屋根の窓と天井扇です。越屋根の窓は常時開放し、1200mmの天井扇は暖かい空気が上に上がるのを加速するように上へ空気が行く方向に回しています。


室内からは見えませんがどんぐり庵で夏の暑さを防ぐために貢献しているのはほかに深い軒(1200mm)とウールの断熱材(70mm)です。


エアコンなしで生活するにはいろいろな暑さ除けの工夫が必要となります。
2010年7月23日(金曜日)
08:04 ヒグラシ風呂 vivaken 
tiaraを最寄りの駅まで送って、散歩を終えた今週の月曜日の夕方18:30頃風呂場の窓を開放して湯船に浸かって目を閉じていると、裏山から♪カーナカナカナカナ♪とヒグラシが鳴いてくれました。


今年初めての本格的な“ヒグラシ風呂”です。


ニーニーゼミも一緒に鳴いていました。


やはり夕方 風呂に入って聞く蝉の声はヒグラシが最高です。


18:30頃は太陽も裏山が遮り風呂の中は少し薄暗くなりますが、“ヒグラシ風呂”はあえて照明を付けずに薄暗い風呂の中で湯船に浸かりながら目を閉じて静かにヒグラシの声を聞くのが乙です。


今朝は4:30少し前から目覚ましのヒグラシの合唱です。気持ち良く目が覚めました。この後 雨がザーと降ってきました。


窓を全部開放してひんやりとした朝の空気を家に取り入れました。


ただ、ここのところ高気圧が張り出して晴れが続いたので少しホコリポッイ臭いがしました。これがまたいいんだなー。


庭もしっとりとまででは行きませんが少し水分が補給されました。


気持ちが良い朝でした。


ついでに30分程田んぼの中を散歩して、シャワーを浴びたところです。
2010年7月22日(木曜日)
08:05 花は咲けど vivaken 
キュウリの葉が茂り、黄色い花も沢山咲きました。


これは一度に実がなったら食べきれないなー。


余計な心配でした。


月曜日に1本収穫後、火曜日、水曜とキュウリの姿が一つも見えません。


せめて小さいキュウリの実が成れば3日後、4日後に収穫できますが、影も形もありません。


一体どうしたのでしょうか?


水も上げているのになー。


花咲けど実がならず。

07/22 19:46 暑さで 蜂さんもまいっているのでしょう・・・人工授粉を試みてはいかがでしょうか。
tiara 
2010年7月21日(水曜日)
07:46 真夏の湯たんぽ vivaken 
昼寝をする時は八ちゃんがvivakenの足の間に入って一緒に寝ます。


冬は薄手の布団を掛けます。


春秋はタオルケットを掛けます。


夏は暑いので何も掛けません。


今の時期 外気温はかるく30℃を超えます。


どんぐり庵にはエアコンが無くただでさえ暑いのにそこに体温の高い八ちゃんが足の間に入ってきます。


八ちゃんの標準的なパターンはvivakenの足の間に入って来て、最初に何故かvivanの“大切な場所”をここほれワンワンします。(掘っても金は出ませんが・・・)


次に八ちゃんは背中をvivakenの左ももに押しつけて顎を右ももに乗せて寝ます。


短パン,Tシャツ姿で寝ているのにこれをやられると相当暑いのです。


まー30分の昼寝ですから寝返りも打たず我慢しています。


たまにわざと寝がえりをうって姿勢を変えますが八ちゃんはしつこく体を押し付けてきます。


「これじゃー熱中症になっちゃうよ。真夏に湯たんぽはいらねんだよなー。」でもしょうがないか。



07/21 08:03 はっちゃんは人間より体温が高いので はっちゃんにとっては ひんやり気持ちがいいのでしょう
tiara 
2010年7月20日(火曜日)
08:05 空中散布 vivaken 
先週の金曜日の朝4:30エンジン音が響きました。


年に一回 田んぼへのラジコンヘリによる空中散布のためです。


エンジン音は5:00からスタートするためのウオーミングアップです。


きっかり5:00に空中散布が始りました。


起きたついでに散歩がてら散布状況を見に行きました。


1チーム3人。3チ―ム9人で3機のヘリで散布していました。


どんぐり庵の前の田んぼは睦沢で一番大きい区画です。


数百メートル離れて3機のヘリを扱っていました。


高度は3m位で散布します。


ヘリは田んぼの上を往復しながら散布しますがいちいちUターンしません。


前進とバックの繰り返しで手際よく散布していました。


一時間ちょっとで散布が完了し、次の場所へ移動していきました。


昨年は一機(1200万円)墜落しましたが今年は無難に終えました。


稲の穂もしっかりと出ています。


今年の豊作を祈りましょう。


2010年7月16日(金曜日)
07:55 杉板ベッド vivaken 
毎日 12:30から13:00まで昼寝をします。


どんぐり庵は全て杉板張りなので、ある意味では人間が移動すればどこでも杉板のベッドに早変わりします。


夏のお気に入りのベッドは2階の吹き抜けの隣りの広めの廊下です。


ここに枕だけ持ち込んでゴロンと仰向けになります。


ここは越屋根の下で屋根裏が高く仰向けになって観る景色がお気に入りです。


また、vivakenの部屋よりも気持ち温度が低いのが気に入っています。


恐らく吹き抜けと越屋根それに天井扇の組み合わせの効果の関係でしょう。


山側から網戸越しに風も入ってきます。


鳥の声も蝉の声も聞こえます。


昼寝にはうってつけの場所なのです。


(1) 2 3 » 
PopnupBlog 1.52 created by Bluemoon inc.  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録