認知症と料理

フリーアナウンサーの徳光和夫(83歳)が自身の奥さんの認知症について明かしたニュースを見ました

奥さんも同じく83歳ですが5年ぐらい前から認知症を患っていたそうです
同じことを何回も言うのを不思議に思っていたところ次男も同じように感じていることを知り認知症だと思ったそうです

ある雨の日 奥さんがジャガイモを買いに行くと言って出て行きました
通常は40分ぐらいで戻るのですがこの日は1時間経っても2時間経っても戻らず 心配になりカッパを着て近所探しましたが見つかりませんでした

3時間以上経っても戻らないので警察に連絡して自宅で打ち合わせをしていたら「ただいまー」と言ってびしょ濡れで帰って来ました

普段 奥さんは徳さんが仕事で留守をしている時でも一人で料理を丁寧に作る人でした
ところがこの頃は一人になると食事を作らずに簡単なもので済ましていたようです

でも徳さんがいるとちゃんと料理を作ってくれるそうです
従来は20分ぐらいで作る料理に1時間ぐらい掛かるようになったのですが
不思議なことに味は変わらないままだという事でした

何十年も毎日続けている料理は認知症になっても以前と変わらぬ味で対応できるという事なのでしょう

そういう意味では好きで長年やって来たことをやらせてあげるのは認知症患者にとっても嬉しい事に違いありません

今回の徳さんの報告は「これからは仕事を少し抑えて奥さんと過ごす時間を増やす生活に転換する」という宣言です
外食は減らし奥さんの手料理を二人で食べる機会を増やすという事になるでしょう

検診結果

最近 小規模ですがあちこちで停電のニュースを時々耳にするようになりました
以前と比べて停電の頻度が多くなっています
日常のメンテナンスに手が回らないのでしょうか?
それともメンテナンスの能力が落ちてきたのでしょうか?
送発電の分離という話しが一時持ち上がりましたがこれをやるとトラブル時の責任の押し付け合いが起こるので余計なことはして欲しくありません

 
さて 正月休み明けから酒を止めているのが影響しているのか分かりませんが 酒を止めて2週間後から血圧が130をオーバーすることがほとんど無くなりました

4月に3ヶ月に一度の血液と尿検査がありました
酒を止めてから初めての検査だったので結果が楽しみでした

前回に比べてHDLが少し上がり LDLが少し下がり 腎機能が改善していました いい方向に進んでいました
その他の項目の数値も全て基準範囲内に収まっていました

正月休み明けからの禁酒と同時並行して野菜スープを毎朝飲むようにしました
それ以外の食事内容と運動量は変えていません

これらが総合的に影響していい結果に結び付いたと思われます
今後も今の生活スタイルを続けていきます

彬と志乃

中尾彬(81歳)が亡くなりました
粋で オシャレで 美食家の ナイスガイでした
こういう個性派の存在は貴重で惜しい人を無くしたという思いです

初めて中尾彬を知ったのは50年以上前に白黒TVで 古い日本家屋の雨戸に釘で絵を描いた姿でした

どんな絵を描いたのかは覚えていませんが 味なことをするな アイディアが凄いなと感心したのを記憶しています
推測ですがお寺の襖絵をイメージしたのかなと思いました
後になって美大を卒業したと聞いて「そういうことか」と思いました

昨日 TV『徹子の部屋』で中尾彬が過去に出演した追悼番組を放映しました
42歳の時が最初の出演でした
今見ると面白くもなんともない普通の男でした
見た目もいわゆる二枚目俳優という印象はありませんでした

全部で6回ぐらい出演して途中からは妻の志乃さんも一緒に出演するようになりました
回を重ねるごとにどんどん良い雰囲気を醸し出すようになってきました

最初の出演から比べると格段と良くなりました
志乃さんも同じように回を重ねるごとに良い雰囲気なりました

お互いが相手のことを考えて二人の時間を大切に紡いで来たように窺うことができました
中尾彬は日記を付け続けてきましたが そこには志乃さんが作った料理のメニューが全て書かれていました

一見ワンマンの様に見えますが日記一つにも相手を思いやる気持ちが反映されていました

齢を重ねるごとに良い雰囲気を醸し出すには それなりの二人の努力があったからこそと推察できました
夫婦の関係はこうありたいと願っています

郵政民営化

2005年8月8日、参院本会議。「改革の本丸」と位置づけた郵政民営化関連法案が自民党議員の大量造反で否決されると、小泉純一郎首相は直ちに衆院解散に踏み切り、ガリレオ・ガリレイの地動説まで持ち出して「それでも郵政民営化は正しい」と断言した。

郵政民営化の背景と経緯:
小泉純一郎氏は、2001年に日本の首相に就任しました。彼は、郵便、郵貯、簡保の3つの郵政事業を民営化し、同時に民間企業の参入を自由化することを主張していました。
郵政事業は、世界最大の金融機関であり、巨額の資産を持っていました。しかし、その運用は社会主義的であり、民間企業の経営を圧迫していました。
小泉政権と郵政改革:
小泉政権は、2005年に「改革の本丸」とされた郵政民営化を実現するため、解散・総選挙に踏み切りました。この出来事は「郵政選挙」または「小泉劇場」とも呼ばれています
郵政民営化法案は、自民党議員の大量造反によって否決されましたが、小泉首相は直ちに衆院解散を実施しました

郵政民営化の意義:
郵政民営化は、日本経済の構造改革の一環として位置づけられました。これにより、日本に活気がもたらされると期待されました。
郵政事業の民営化により、競争が促進され、効率的な運用が可能になりました。
小泉純一郎氏は、郵政民営化を推進することで、日本の経済と社会に変革をもたらしました。

このように当時は郵政民営化について肯定的な評価が多くありました あれから30年 地方の郵便局は減り 土日祝日の配達は無くなり 翌日配達もなくなりました そして10月から手紙 84円→110円 ハガキ63円→85円に値上がりします

ガリレオ・ガリレイの地動説まで持ち出して「それでも郵政民営化は正しい」と断言したのですが 小泉純一郎・竹中平蔵コンビによる ど派手な小泉劇場は嘘っぱちだったことがハッキリしました

Profile

New Entries

Comment

Categories

Archives(524)

Link

Search

Free