評価額

県道沿いに植えてあるレンギョウが黄色く色づき始めました
今週末に気温が一気に上昇するのでその時に満開になるかもしれません
レンギョウはどんぐり庵の春を告げる最初の花です
この後はサクラ ツツジとバトンタッチが続きます

さて先週の土曜日 『ブックオフ』で本の売却をしました
段ボール1箱分をローソンに持ち込みました

火曜日には査定金額の連絡が入り水曜日には入金となります
今回は3700円の値が付きました

一番高かったのは「安倍晋三回顧録」650円でした
次は森永卓郎の「ザイム真理教」500円
同じく「書いてはいけない」500円
これらは話題の人気本ということで高額になったと思います

最も安い金額は3円でした
中古で買った文庫本などがこの金額でしたが
どうしても解せないのが百田尚樹の「日本国記」でした
こんな立派な素晴らしいな内容の本がたったの3円とはガックリでした
こんなことなら売らなければ良かったと思いましたが後の祭りです

価格設定は需要と供給と本の品質で決まると思いますが
それにしても中古で買った文庫本と一緒ではあまりにも可哀想です
定価を調べると1840円 中古でも500円でした

汚したとか傷があるとか特に問題はないのに納得できない評価額でした
まーしょうがねーな
2024/03/29(Fri) 06:26:20 | 里山にて

Re:評価額

「日本国記」は手元においてもいい本と思っていましたが 価格云々より 置いておくことが重荷に感じました。本棚の肥やしにしても仕方が無いので・・
guest(2024/03/29(Fri) 06:42:19)
Tittle: Name:

Profile

New Entries

Comment

Categories

Archives(560)

Link

Search

Free