自然のある暮らし



会社トップなどが評されるに
健康のために会社に来ているとか
趣味がないから
とか言われることがあります

決して趣味がないわけではなく
例えば 今の時代どうかわかりませんが ゴルフ・釣り

持久力が無くなったり
体力に自信が無くなったり
そんな兆候が見えてくると
人様に迷惑をかけてはいけないと
本能的に行動をセーブするようになると推測します

その結果 目的地まで行くことが 目的になるのでしょう
目的地で何をするかが 目的ではなく
動くことが 目的になる
そんな気がします

それに比して
庭にあふれんばかりの植物があるという事は
いやがおうにも 一年のサイクルを遵守しなければなりません

雑草は 時に景観を引き立てたり 時に邪魔をしたり
花木は 花が咲いたら咲いたなりの感謝をしなければ 来年に備えられないし
自然との日々の付き合いとは そんなもので
目の前にある なにかが 
毎日の行動を促します

時に よく咲いていますね
など言われれば うれしいものです

5月6日まで 休みます
美味しいものを食べて、三密を避け、手洗いうがい
よく笑い、楽しい気分を保ち、清潔に、
「今朝もいい朝だ」
「今日も一日 いい日だった」
大きな声で つぶやきましょう

大事な命を大切にしたいと思います。

タクシー利用



ウイークディの住まいと 勤務先は通勤手段として
都心とは反対方向に向かいます
電車は今や非常にすいていまして
先日は 1車両6名の乗車でした

その状況を会社には説明し
公共交通機関使用の許可を得て
出勤しています

テレワークでは対応できないことばかりです

そんな中 
「タクシー通勤に切り替えてはどうか」
と 打診がありました

思わず 言いました
「今の現状で、私にとって タクシーのほうが ずっとリスクが大きいです」
これ 本心です。

電車なら つり革につかまらなくとも、座席に座らなくとも
要するに パスモ以外触らず出勤が可能です
それでも マスクをし 手洗いを励行し やれることはやっています

タクシーじゃそうもいかないし

何とか 理解を得て電車通勤を継続します。

シャープのマスク



今朝の シャープのマスク 販売案内サイトは

改めて 販売に関する情報を掲載します
ご理解ください

という趣旨のことが書かれています

商品の特徴を確認し
「これこれ こういうのが欲しいのよ」
と 半ば感動し

販売時間が明記されていましたが
勤務時間中の私には 到底手当できることではないので
そこはそれ
vivakenに依頼しました

結果は サイトに入って行くことすらできない
多くの人が味わった 散々たる結果でした

私は ただマスクがあればいい
そうは思っていなくて
それなりに機能があって 証明されている物を入手したい
作業用のホコリ除けとは 状況が違うと常々思っています

しかし もし それを政府機関なりなんなりが
「機能確認をしたマスクを使いましょう」なんてことを言ったら
マスク不足に拍車をかけることになります
無いよりマシ
なんてことで 対応している現状ですから

あれこれ言っても
マスクをしなければ後ろ指をさされる現状ですから
紫外線除けぐらいの気持ちで
周りに同調しています。

ゴールデンウィーク



ゴールデンウィークだ〜
近いな・・来週からだ

今時そんなこと言っていいのかと
バッシングを受けそうな 独り言です

「県境をまたいで よそから来ないで」と
県知事は要請しています

私は 県境をまたぐことなく どんぐり庵へ 到着できます
そして 日々 三つの密を避け続け
手洗いうがいも 対応し
コロナキャリアとは思えません


先のことを考えたら キリがないので
来週から始まるゴールデンウィークの天候が 落ち着いていて
里山の空気を 十分体中にいきわたらせられるよう 願っています

休み返上の皆さん
体調不良の方々
お大切になさってください。

会話



昨日は 良く晴れた日曜日でした

巣ごもりから 脱出ししたくなるのも当然で
車だから いいだろう
と考えてか 観光地へ向かう
県境越境組が あちこち見られたようです

振り返って 昨日の日曜日
vivaken以外の人と会話があったか??

ありません
はっちゃん とは 密接ですが


思えば 日曜日は ほとんどそんな日々です

私は日曜日に限ってのことですが
1人暮らしで 人との接触8割減 など 延々つづくと
なにか 人は 変調をきたすのではないでしょうか

何とか 来るべきゴールデンウィークの人の動きを止めようと
政府は必死になっていますが
昨日のような 天候が続いたら
中々難しいテーマになります

工夫がいりそうです。




自粛の影響ここにも



自粛ムードは美容院にも 客数減少という形で
ダメージを与えていました

美容院、理容院
こういった生理的なものに関する業種は そう極端に、継続的に
今時の自粛うムードで影響は受けづらいものと思いますが
3〜4月の流れは 4月になって極端に客足が遠のいた
という事でした

今月いっぱいは PM9:00までの営業を続けるが
来月から PM8:00終わりにします

と言われ ややや えらいこっちゃ
と 平日の夜美容院に行く私は どうするか・・と思いました


一時間早く店を閉める理由は
周りが自粛している中 ウチだけコウコウと電気をつけているのも
と 思いまして という事でした

幸い ご夫婦二人でやっている店なので
「無理なお願いをするかもしれないけれど、今までの時間帯で対応できますか?」
と確認すると 了解してもらえました

なんだか なんだか この先いろいろ不便が出てきそうです。

全数検査



京都大学 山中教授は
新型コロナウイルス感染症対策として
PCR検査拡充を一刻も早く
と提言しています

当初このことを耳にしたとき
医療機関、収容施設が不十分な中
患者数だけが増えると
パニックが起きそう

とりあえず 症状が出ている人を検査して
確定患者の収容が現状では いいのではないだろうか

そんな考えでした

しかし
人との接触8割減 とか マスクをしなければ買い物もできない とか
ソシャールディスタンス とか
いい加減疲れて 嫌になってきたこともあるのですが

感染している いない を明確にして
非感染者は活発な経済活動をするという舵切をしないと
とんでもない結果を生みそうな気がします

経済的破綻で自殺者が増える
家庭内暴力の増加
など
フツーの日常生活が送れて何も問題の無い人が
目に見えないウイルスに対抗するために
外出自粛だ
工場閉鎖 一時帰休をやむなくされる
 
まずもって PCR検査ありき
6割の信頼性とか言われますが、2度3度検査を繰り返すうち
確定が出ると思います

検査・確認・罹患者の収容をやらないと
長引いて、長引いてしようがないと思えます。

無いよりマシ



私は この「無いよりマシ」というフレーズを好みません

やるならやるし やらないなら やらない

当初散々「予防効果なし」 と 言われていたマスクの効用について
評価は少しずつ変わり
今や 無いよりマシ となり その入手はなかなか困難です

電車に乗るにしても 買い物をするにしても
マスク未着用は肩身の狭い思いをするのです

今まだ 手元のもので間に合わせられる状況ですが
この先どうなることやら・・

布マスクなど ブランドを競う 今やファッション材料の一つになりつつあります
そのうち 政府の支給品が届くと思いますが
営業自粛要請以上のプレッシャーです

洗って使えば いいんじゃ!!!
使いなさい!!

この根底にあるものは 無いよりマシ

辛いことです。全く。



くしゃみ



電車の中で

くしゃみを抑えられないのは
兎も角として

マスクが入手しずらい昨今
消毒液を吹きかけて
繰返し使うなどという話も耳に入りますが

これは 勘弁という場面に出くわしたのです

鼻がムズムズしたのでしょう
おもむろに マスクを顎のあたりに引き下げて

「ハクショ〜〜ン」

おいおい それってないだろうが・・

今時の事

コホンといえば 周囲がざわつき
くしゃみがでたら 周囲にお詫びし

ストレス性胃腸炎をおこす 老若男女

しばし しょうがないですね。

地震もくるのか・・




4月12日零時過ぎの地震
やたらと長い地震だったように思えました

瞬間いろいろなことが頭に浮かびました

まず この穏やかな横揺れが
瞬間に 地の底に引きずり込まれるような縦揺れに代わり
えらいことになるのじゃないか


新型コロナウイルスに地震
電気に水道 疫病か・・

まだまだ 生きなくちゃ
守らなければならないものがある
見届けなければならないものがある

緊張で止まっていた息を吐き出すように
揺れが収まり
やれやれ 
やれやれ
やれやれ

全くもって 精神衛生上最悪です。



いろいろコロナ



ま〜いろいろ影響が出てくるもので・・

外出自粛で 家庭内暴力の増加
など耳に入りました
あるでしょうね・・

昨日今日の話では
世界で発生している出来事の一つとして

「コロナ離婚」などささやかれます

厄介な話です

要するに 
《新型コロナウイルスの影響で外出自粛をしている間に、夫婦間の関係がこじれてしまった》
こういうことを言うようです

さてどうするか

そこで とあるホテル運営会社が
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リモートワーク環境完備・家具家電Wi-Fi付き
水光熱費込でご案内できるお部屋を多数都内にご用意致しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と きました

おまけに 離婚相談窓口まで開設です

フツーの日常が どんなに大切か
苦難がやって来ると 見つめなおします。

ジョギング




仕事帰り 夕方
通りすがる公園のジョギングコースは
今までとは 人の数が違います

トレーニング場を失った人たちが
せめて公園のジョギングコースを使おうと考えているようです

フォームもスピードも
おおっ 結構走りこんでいるね
と いう人を見かけます

一緒に走りた〜い
と思うところですが
通常業務の身
ウィークディにそれはやめておこう

若い時ならね・・・

とさみしい気持ちになったりします

暗くなってからのジョギングには
特に 道路を走る場合はそれなりの危険が伴います
普段でもそう思っています

どうぞ ご安全に
交通事故には ご注意ください。

とくと ご覧あれ



緊急事態宣言を発令し
総理も 一段落というお気持ちでしょう

医療従事者へのねぎらいから始まった
緊急事態宣言は
その前日 医療従事者の方々のご苦労を思っていた私には
同意を得た!!
とうれしくもありました

さて 罰則規定がないだの、都市封鎖をせずして効力があるのかなどなど
諸外国をはじめ 国内でもあれこれ意見があります

お願いでしかないじゃないか などなど

ここで もう一度日本人の気質を振り返ると
強制力がなくとも
家の前をほうきで掃き
災害が起きても 暴動が起きることなどなく
武士道の精神が残り
約束は 口約束でも守る

ある意味 日本だけで完結している国民性があります

いろいろ言われている この宣言で
うまく新型コロナウイルスを落ち着くところまで持っていければ
日本人の特質を 世界が認めることになります
やりましょう

とくと ご覧あれ!!

忍耐強く、結束力が強く、清潔好き



「並外れた善良さ」「辛抱強さ」「素朴な心」「察しのよさ」……今や失われようとしている、私たち日本人がかつてもっていた美質。

「かつてもっていた」と表現せざるを得ない時代なのでしょうか
冒頭は 小泉八雲「日本の面影」を取り上げた書評の一説です

新型コロナウイルス感染症対策で
緊急事態宣言が発令されるという事ですが
罰則規定が織り込まれていくわけでもなく
あくまでも
「お願い」の延長線

いずれにしても 個人から始まる話で
いかに意識をもって 3つの密を避け医療崩壊を避け、感染収束にたどりつくか
ココが 目標と理解しています

マンパワーが大前提となっている 医療、介護の現場は
肉体的に 相当つらいものになっていることが想像できます

経済対策として 収入が減った人への手当てが大きく取り上げられますが
医療従事者等 現場で通常の何倍もの精神的・肉体的負担を強いられている人に
如何にして「労」をねぎらう形を示せるか
これも 大変大事なことと思います

今ぜひともやらなければならないこと

忍耐強く、結束力を強く、清潔に主眼を置く
そんな日常なのではないでしょうか。


本気



消耗品の備蓄 に 本気度が欠如している傾向がある
世の中 何がない あれがない これがない・・といわれていますが

私の場合

まずマスク

無くなりそうです

一回外したマスクを 再度使うことに抵抗がありまして
使い捨てのマスクが欲しいと思っていますが
絶対使い捨てでなくてはならないのですが
手持ちも少なくなってきました

しかし 本気で 手に入れよう 
早朝から店の前に並べば何とかなるのかもしれませんが
本気度が低く 

かからない・うつさないの原則から
人との距離は 極力 1.5m以上

勤務先でも 日常生活でも
可能な対策です

箱テッシュ
あと5箱。お気に入りの物 とかなんとか
えり好みしなければ 慌てなくとも
何とかなりそう
ぼつぼつ 気にしよう

トイレットペーパー
あと2か月分
最悪 どんぐり庵から もらう
そうなる前に
ぼつぼつ気にしよう

という具合に 本気で備品調達をせず
大丈夫だ〜
と信じています

ロキソニンと 胃薬は
ビシバシ 本気で 備蓄しています。

国を頼らず・・理念ファースト




IPS細胞研究所 山中所長は
今後について
細胞備蓄事業を引き継ぐ 新財団が この4月にから始動する

大きな要因として 研究所への国からの支援は 2022年度末には打ち切られる見通しであること

いろいろな 運動の仕方 対策のこうじ方はあったのでしょうが

・・・・・・・・・・・
国の支援が終了しても寄付をメインに活動を続けていく
・・・・・・・・・・・
はっきりと方針が 示されています
財団でという事です


基本的には 一般の寄付をもとに企業の製品開発を支援したりすることで
再生医療製品の高額化を抑制したい

理念ファーストとは 上記の通りで あえて 財団という選択肢だと強調されています

しかしね・・
国を頼らず と 考えねばならない 山中教授の胸の内を
何とか晴らせないものでしょうか。

手作りパンの店閉店



その店は 駅の改札口を出ると真正面にありました
手作りパン 及び ケーキの店です

高架下で 雨が降ろうが 風が吹こうが 改札から10m程というのは
何とも最高の立地と思っていました
2階は イートインコーナーを設けていました

昨日通りがかると ナント店を閉めていました
年中無休で やっていたので 駅周辺が様変わりしたような 印象を受けるほどです

今年1月後半からの
新型コロナウイルス感染症の影響が こんなところにも出るのか??

つらつら考えました

改札前の店舗は 発足当時 このパン屋さんと ドラッグストアでした
このドラッグストアが昨年暮れ 半分をコンビニにしました
ドラッグストア と コンビニが 一つの店舗に入っています

学校が休校しているこの頃
子供たちのお昼に あそこのパン屋さん
そんな選択肢があるはずですが・・

実は私も常々 
むき出しでトレーに並んだ食べ物を買う事に とても抵抗感があって 
やむ終えない場合を除いて ほとんど手を出しません

コンビニ、スーパーの管理された食品を買います


コロナというより 販売形態が時代についていけなかったという事かもしれません。

改正健康増進法



改正健康増進法が本日4月1日をもって施行されます

嫌煙派にとっては なんともありがたいことで
徹底を望むところです

なんでも例外規定はつきものですが
その 例外規定

・・・・・・・・・・・・
資本金5000万円以下かつ客席面積100平方メートル以下の既存店では、店頭に「喫煙可能」などと標識を掲示すれば、店主判断で喫煙できる
・・・・・・・・・・・・


東京都は 

・・・・・・・・・・・・・
東京都条例は、従業員を雇う飲食店は面積に関係なく原則禁煙としており、改正法より厳しい規制になる
・・・・・・・・・・・・・
東京五輪・パラリンピックに向けた対策でもあり 
世界へ向け 門戸として当然の処置と思えます

しかし そのその昔
オフィスは煙でまん延し
女子社員が 灰皿洗っていたなんて

なんてこった!!

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3855)

Link

Search

Free