防災グッツの中に



いわゆる山家 と言われる
登山を楽しみにしている人にとって
ゴアテックス仕様は 皆が受け入れているものです

快適性、防水性を備えた素材として 広く知られるところです

被災地からの 報道を見ていると
現地からのレポートを見るにつけ
つい アウターに目がいきますが
ほとんどが モンベル であったり ノースフェースであったり
国内トップメーカーのものです

災害救助に関わる 消防、自衛隊、警察
この方たちも まず間違いなく 機能性衣料を身に着けていると見受けます

さて 被災地における
被災者、ボランティアのウェアーといえば様々ではありますが
ジーンズに長靴に ウインドウブレーカー
これから気温が下がり 防寒も必要になりますが
ぬれても体が冷えない対策
これが十分になされているかといえば はなはだ疑問です

東北の震災の時 モンベルが多く拠出したのですが
あの行方は 今 どうなっているのでしょう

兎も角 防災グッツの一つとして
機能性素材を使った 雨具、靴、防寒着
これを準備することを 提案します

山グッツって ものすごく丈夫で
しまい込んでおく必要はありません
普段使いをしても 十分な耐久性を持っています

決して高い買い物とは思えません。
明日のことはわかりません。
是非 少しづつでもご用意を。

報奨金



ラグビーJAPANは 次の試合を
10月20日 夜 迎えるわけです

どうあれ 最後まで声援を送ります

実は 今回リーグ戦の初日 ロシア戦
私たちは いよいよという気分で
テレビの前に陣取ったのですが
余りの動きの悪さに

「やっぱり 日本のラグビーは 勝てないね」
と烙印を押し
さっさとスイッチは切ってしまいました

翌日のニュースで
え!!!え!!  何と勝った*****
これが皮きりでした

さてここまできて 選手への報奨金
・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本ラグビー協会は16日、都内で理事会を開いた。8月の段階で日本代表が8強入りした場合は1人につき報奨金100万円、4強なら300万円、優勝なら500万円の支給を決めている。盛り上がりを受けて選手基金創設や増額の話も出たが、森重隆会長からは「お金ないですよぉ」と嘆き節が出た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジア勢として 初めてベスト8を達成し
これはないでしょう
けたが違うと思いませんか

タンスに眠っている
デパート券とか 何とかのお仕立券とか
ほらほら 貰って使わないものがある方
棚ざらいして 現金化しましょう

ラグビーJAPANの報奨金として
供出をお願いします。

期待してはいけない



台風19号通過に伴い 確認すべきことがありました

それは 地域防災行政のちょっとした確認です

これからも 今年規模の自然災害は続くことと思います
光回線インターネット環境が 5年くらい前にやっとのことで整った地域である睦沢町でして
新しい環境設備は ドンケツと考えられる地域です

そこに スマートウェルネスタウンとして 道の駅を中心とした
地域後方支援型の施設が9月オープンしました

道の駅ですから 基本国交省の管轄と理解しています

自然災害が起きた場合
国交省と睦沢町がどう連携を取り
自家発電、入浴施設を携えたこの施設がどう機能してくれるか
是非 確認したいものだと思いました

私たちは この地、この家で100歳を迎えるべく 自らできることはやっています
まさしく 睦沢町のスローガンである 健康で幸せ「健幸夫婦」を目指しています
いつか この道の駅の設備が 私たちにとって重要なものになる可能性があると描いていました

さて 災害時住民に対し このウェルネスタウンがどんな働きをしてくれるか
非常に興味深いところでした
ところが何とも 19号で停電地域が出たにもかかわらず
道の駅は 2日間休業

そういうコンセプトじゃないでしょうに・・・・と
私は またまた改めて 
自分のことは自分でやる
この決意を固めるのでした。

3連休



10月の半ばの3連休

各地イベントも計画され
計画段階では 
「晴れ渡った秋空の下」
という文言で第一章が始まるイメージでした

ところが 週末に向け段々雲行きが怪しくなり
台風15号に匹敵する規模の 大型で勢力が強い台風に厳重警戒せよ と アナウスが飛び交い
我が家では 
「今回は風より雨に警戒が必要だ」
と vivakenが大声でつぶやくものの
水に対する警告は 具体的には少ないまま
河川の決壊という 大きな災害となりました

少しづつ 片づけるしかない
と半ば呆然と 周りを見回す方々などへ
心より お見舞い申し上げます

土曜日の晩は 風音が鎮まるまで
外の様子は兎も角 木組みの家のきしむ音を聞きながら
はっちゃんを膝に はっちゃんに心を寄せることで
恐れる気持ちをおへそのあたりまで引き下ろし
グッとこらえていたような気がしました

はっちゃんに語り掛ける「大丈夫よ」
これは自分自身に言い聞かせていることでもありました

翌日は 台風一過セオリー通りの晴れ
翌日は また雨

無事過ごせたことを
何に向かってというわけでもなく
(我が家の場合は ご先祖様 という事になっています)
感謝の気持ちで  礼!!!

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3264)

Link