飲酒ガイドライン

昨日発表された 厚生労働省の
「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」
これによると 
高血圧に対するリスクは アルコールが少量でも高まる
こう明言されています

これが発表される前から
vivakenは アルコールと血圧の変化に関心がいき
血圧が上がらないよう対策として 体重を増やさない
これを重点的にやっていましたが
アルコールも???もしや
と アルコールをやめてからの血圧変化を見て 
どうも関係性がありそうだと 体験的にいきつきました

私は アルコールは血圧をあげる結果となるという 若干の情報はもっていました
しかし ワインならポリフェノールが取れるし
メンタルな面でリラックスする一つの手段だ
そんなことを言われることもあったので あえて そこを取り上げずに来ました

歯科手術がきっかけとなったと思いますが
「サケ や〜めた」こうなりました

「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」
これにおいては アルコールの量管理に重点が置かれています
できないことじゃないので いっそやめた方が 手っ取り早いでしょう
見ている私は そう思います。
2024/02/20(Tue) 06:40:15 | 古民家再生日記

Re:飲酒ガイドライン

「酒は百薬の長」は昔酒好きが言った言葉で 今は「アルコールは百害あって一利なし」の傾向が強まってきました
guest(2024/02/20(Tue) 07:44:06)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4292)

Link

Search

Free