ウオーキングの途中

週末は 週末なりに何かとやらなければいけない決め事があり
自然豊かな中での暮らしは 特に季節の変わり目
庭や 裏山に少々手を入れなければなりません

そうではあるのですが
土曜日の午前中は できるだけ近所でウオーキングができるよう
家の手伝いもせず
時間を貰っています

スマホの道案内が充実しているので
迷子になる心配は不要ですが
あまり知らないところには 向かっていきません

歩きなれた道に 杖をつき 田んぼをながめている女性がいました
ご高齢と見受けました
朝の挨拶をして通り過ぎようとしたら
毎日歩いているのかと 質問が飛び
どこから来たとか
家はどこかとか
色々聞くのでした

彼女から 私ののうちは どこここで
ぐらいの話があっての質問ならともかく
直球で 家はどこか ○○団地か
という事で 少々たじろぎました

今時の個人情報などおかまいなしです

話題を変えようとも思いましたが
とりあえず話が収まるだけの情報は伝えました

家に帰ってvivakenにこの話をすると
ここから二人で 大笑いしたのですが

「ところで どちらにお住まいですか」
とこちらが質問したら
「個人情報だから言えない!!」という答えが返って来るんじゃないの

確かに・・
笑えました。

2024/06/10(Mon) 06:35:44 | 古民家再生日記

Re:ウオーキングの途中

田舎のばーちゃんは「聞きたいことを聞く」これが基本です
相手の立場より自分の好奇心が優先されます
guest(2024/06/10(Mon) 07:15:58)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4356)

Link

Search

Free