ケヤキの梁

honegumi01-02.jpg一級建築士事務所 有限会社アルケドアティス 
提出された 3D図面の一枚です。第2弾です。

明るい茶色部分は ケヤキです。
よ〜くみると 曲がりくねった”はり”が たくさんあります。
私達が見ると、よくまあ こんなくねくねしたものを組み合わせたものだと思いますが
建築士の立場から 網野さんは、「昔の建物のほうが単純で、現代においてそれを生かせないことの方が問題なのだ」と語ります。

先日、山梨県の牧丘に、再生民家の様子を見に行きました。
しゃがみこみ図面に見入る大工さんの姿が、トンボが飛び始めた秋の入り口の青い空と共に、目に浮かびます。

私達の場合、解体・棟上を 伝匠舎さんが一貫してやるわけですから、戸惑うことはないと想像しています。
つまずかないように、スムースに進むよう願っています。




間違いました。
ケヤキは柱部分です。梁の素材はわかりません。「木」です。・・・
2005/09/06(Tue) 07:31:30 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4292)

Link

Search

Free