介護の日

11月11日 が いい日 いい日 という語呂合わせで 介護の日。

誰かが ”ポッキーの日” などとも言っていました。

母の晩年で介護現場を目の当たりにし
「誰にでも出来る仕事じゃない」こう思わざるを得ません。

気持ちだけでは 成り行かない世界を感じます。

母は 24時間家政婦さんのつく介護体制を持つ病床で2ヶ月 床についていました。

最も印象深かった 一こま。

Kさんとします。
Kさんは 午後7時頃が入浴時間でした。
入浴し 帰ってきたところで 母は便意をもよおし そのことを 伝えました。
私は 傍らにいました。

Kさんは
「あら よかったわね。すぐ 手伝うからね。」

シャンプーし まだ 濡れ髪のまま それをざっと束ねて 
お風呂から帰ったばかりで 母の元に寄り添ってくれたのです。

今 お風呂から帰ったばかりなのに・・・・・
下げた頭を上げる事が出来ませんでした。




2009/11/12(Thu) 08:08:56 | 古民家再生日記

Re:介護の日

そう思います。
右から左に物を動かす仕事とは 全く違う世界です。
tiara(2009/11/13(Fri) 07:42:11)

Re:介護の日

雇用の需給バランスの話に介護がよく登場しますが、需給バランス感覚で介護業界に人を送り込めば、介護する人もされる人も結局は不幸になるね。失業率は改善してもお互いに鬱になったんじゃ本末転倒だね。
vivaken(2009/11/12(Thu) 08:27:06)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3242)

Link

Search

Free