味つけ

星の数ほどありそうな 料理本。
おまけに Web上にも あれこれレシピがあります。
調理の手順はともかく 味付けは 目安にはなるものの 全くオンブというわけにもいきません。

江戸前系の執筆者が書けば どうしても醤油が濃い味なり 関西系の執筆者に頼れば 私の出汁の取り方が悪いのか 薄甘味になるといった具合です。

自分なりにとやっていけば 今回はいいけれど 次再現できない。
同じはずだけど その日の体調によって味わいが変わってしまう。

と 何かと悩ましいものです。

○○の汁として イロイロ売られています。
ストレート 希釈などありますが お気に入りのメーカーを見つけて それに基づき各種煮物を作る。

これが一番安心 お手軽。
vivakenが言い出したことですが、ピンポン・・・言えています。

おそらくメーカーは 関東は関東なりの嗜好傾向を反映しているのではないかと思いますが
料理本の味つけより近道だと感じます。
2010/04/20(Tue) 07:51:07 | 古民家再生日記

bags store

hermes website us 味つけ:田園ノート;vivakenどんの家づくり IN MUTSUZAWA
bags store http://www.turkhukuk.nl/upload/herme-bag-bags-store.html
bags store(2014/12/19(Fri) 19:11:43)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4319)

Link

Search

Free