きわどい選択

どんぐり庵の庭には 赤紫蘇が アチコチこぼれ種で芽をだしています。
vivakenは 抜き取ってしまいたいようなのですが コリウス好き 紫蘇の葉っぱ好きの私は 景色だと主張して 放置してもらっています。

きわどい選択とは
ハゲイトウです。

一昨年3本のハゲイトウを買い 植えてみました。
田舎の景色に合うか合わないか???
昨年こぼれ種で 2本育ちました。

一昨年以来 ハゲイトウが景色に合うかどうか まだ 確信がもてません。
和風の庭でも 遠景に置けば似合うのじゃないだろうか
いや やっぱりトロピカルだな〜
作りこまれた 洋風の庭に植え込むものか・・・

と迷いが尽きないうちに
ハゲイトウの種を買ってしまいました。
細かい種と承知していました。
今まで細かい種の芽を出させた事が無く ことごとく失敗しています。

芽が出なければ ハゲイトウの導入はヤメ!!という 区切りみたいなものが気持ちの中にありました。

箱撒きで薄く覆い土とありました。
vivakenに水遣りを頼めば それなりに負担だろうと思い 声を掛けずにいたところ
「これ 一日おきぐらいに水をやっていたからね」と指差し
見ると 小さな芽が何本も出ているではないですか・・・・

ウヒャ〜 こんな種が芽を出した!!!
びっくりです。

ハゲイトウの導入は 景色の色づけとして 成功するか失敗するか非常にきわどい選択なのですが 芽が出た以上 今年はやるしかありません。

どこにどう持ってくるか 今ひとつ悩ましい・・・ウ〜〜〜ン

 
2010/06/15(Tue) 08:05:03 | 古民家再生日記

Re:きわどい選択

世の中はひにくで今度ダメだったらこれでお終い というと上手くいくことが多いのです。
vivaken(2010/06/15(Tue) 08:28:19)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4320)

Link

Search

Free