篤志家の山

私たちが近郊の山歩きをしていた頃 参考にしたハイキングの月刊誌がありました。
山歩きをした感想と ルートが記されていて、それを参考にオリジナルルートを探ったりしながら 楽しみました。

その感想文の中で 時に 篤志家の山 という表現に出くわす事がありました。
はじめは どういう意味なのか良くわかりませんでしたが、現場を歩いて理解しました。

例えば人っ子一人で合わない、景色がなく延々整備もされず ただ荒れた山道を行く。
簡単にいい山に登ったという感想を見いだせない山。

道すがら 無理やり自分を納得させるために、その山に上がって来た事に何とか価値を見つけようと、小動物のフンなど見つけて、
「静かな山だからね・・」
と納得したりしていました。

篤志家の山を思い出したのは
今年の大学入試センターの国語に小林秀雄の文章が出題されていた事からでした。

第一印象は
まだ 彼の 難解な独りよがりの文章を出すのかい。
英語教育を10年受けているにかかわらず ロクに会話も出来ない。こういう出題をする事は、そのことと通じるものがあるんじゃないの。

私が高校生のころ、論理的なものをそう得意としていた訳ではないけれど、嫌な部類の文章でした。興味・関心を湧き起こす事が出来なかった。

価値はあるのでしょうが みんながみんなそれを認められない。
「篤志家の山」 を思い出した訳です。
2013/02/06(Wed) 07:28:03 | 古民家再生日記

pre owned hermes bag

buy hermes shoes online india 篤志家の山:田園ノート;vivakenどんの家づくり IN MUTSUZAWA
pre owned hermes bag http://www.rimo.org/hermes/pre-owned-hermes-bag-luxury-bags-clearance.html
pre owned hermes bag(2014/12/20(Sat) 06:46:25)

Re:篤志家の山

トクシカの山か・・・なつかしいな。面白くもなんともない山。表現のしようがない山だった。そのほか「桃源郷」のような景色という表現にも騙されました。「エッ!どこが桃源郷?騙された!」
vivaken(2013/02/06(Wed) 07:51:47)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3264)

Link

Search

Free