富士山

富士山を身近に思うものとして 世界遺産登録は嬉しく思いました。

山麓には 家族が眠る霊苑もあります。

数多くの山歩きの中で 富士を眺められるという数多くのチャンスを獲ましたが、私たちは富士登山を経験していません。
富士山そのものに登ろうという気持ちが起きなかったからです。

外輪の尾根尾根を歩き、富士を間近に見ましたが、私たちの一致した意見は
「富士山は 遠くからあの秀麗な姿を眺めるものであって、目前にデカデカと富士の裾野が広がっても、ただ大きいという意外なにもわき上がるものがなく、感激がない」
というものでした。

観光地化した忍野など、一度行ったきり 「もうたくさん・・」といった部類です。

富士山は遠くから眺めるもの
今も変わらず そう思っています。
2013/06/24(Mon) 07:25:59 | 古民家再生日記

Re:富士山

富士山は昔の500円札に印刷されたように幾重にも連なる山々越しに見るのがベストだね。これからも富士山に登ることはないでしょう。
vivaken(2013/06/24(Mon) 07:51:02)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(2815)

Link

Search

Free