門松

新年 正月 色々な行事が しきたりが変化していることを感じます
「明けましておめでとうございます」と交わす
新年の挨拶すら 端折ってしまい
「今年もよろしくお願いします」
このように 直球が飛んできます

テレビで いつまでもおめでとうございますを聞くと
煩わしくさえなります
世の中テンポが速く かつ 複雑になっていることを感じますが
おめでとうございますも
元旦一日だけでいいように思います

正月三が日 それはそれで
年の始まりですから
それなりの過ごし方は 意味のないことではないはずです

回覧板に 印刷された門松の短冊が入っていました
1対づつ 各々の家で取ることになっていますが
残っている数のほうが多く
多くの家が 不要としているようです

私もこの10年ほど手にすることはなかったのですが
今年は 貰っておきます
でも 表には張りません
玄関のドアの内側に張って なんとなく楽しみたいなと思っています。
2023/12/11(Mon) 06:30:47 | 古民家再生日記

Re:門松

印刷の門松なら飾らない方が良いように感じます。
guest(2023/12/11(Mon) 07:38:30)
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4292)

Link

Search

Free