支柱

暮に種まきをしたえんどう豆系に、ツルを巻きつかせる支柱が必要になってきました。
ご近所を見渡すとそれぞれ工夫がありますが、竹が多く自生する地域のせいか 竹の枝を葉を付けたまま支柱にしているのを見受けます。

ここに来た当時は 枯れた葉っぱが付いた支柱を見て なんとも横着な感じがしました。
枯れたもの、腐ったものはポイポイ捨ててしまう私だからでしょう。
しかし観察しているとそれなりに理由があるようで あちこちひげを伸ばすツルを捕まえるには、一本の苗に一本の丸棒ではうまく絡みつかず、強引に撒きつけてもいう事を聞かない場合があります。

その点この枯れ竹作戦は絡まるところがたくさんあるので、比較的世話なしのようです。

さて 私はどうしたか・・・
やはり グリーンのネットです。
両端に太めの竹を立て ネットの両端を結び付けました。
グリーンのネットは景色に吸収されるのでさほど気になりません。
とりあえずはいいのですが、さて ツルはうまく絡みつくのか?さてさて・・・

ちなみに 昨年、キュウリは一部絡み一部は勝手気ままに地を這っていました。
2011/03/02(Wed) 07:35:36 | 古民家再生日記
Tittle: Name:

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3071)

Link

Search

Free