豆腐の加減



食べ物の嗜好
これも 年々変わるものです

そんな中 冬を迎えると 相も変わらず
「湯豆腐のお豆腐は 芯まで火を通しちゃダメ」
これです

ただ すき焼きの焼豆腐は
少々味が染みるほど 火を通してもいいのです

ちらっと 父がそんなことを言っていたのを思い出します
きっと 父の影響が強いのだろうと思います


家での食事は あ〜がいい こ〜がいい
好き勝手を言っていますが 外での食事となると
流れに任せざるを得ません
一人小鍋で お豆腐を入れたままグツグツとなると 残念だなと覚悟を決めます

一口に 絹ごし 木綿ごし と言いますが
細目の木綿ごし という感じが好きです。




コーヒー豆の冷凍



コーヒー豆を取り扱う人、店の多くが
焙煎後の豆は 冷凍庫には入れずに 冷蔵庫にすら入れずに保存するといいます

我が家は ミックスナッツ、海苔、お茶
こんなものも 冷凍庫に入っています


あるとき もうかれこれ 半年になるでしょうか
何かのきっかけで コーヒー豆も冷凍したほうがいい
という情報が飛び込んできました

二人で「どうする〜??」と おでこを突き合わせ
「やってみるより ないね」
という結論に達し
その後は 100g単位で包装されたものを
冷凍庫に押し込み
一袋づつ 解凍し
解凍したものは 冷蔵庫保存で 
引き立てのコーヒーを飲んでいます

気のせいでしょうか
この保存方法のほうが 美味しい

100gx10袋
を半年で消費の我が家では
冷凍は有効に思えます。

ゴアテックス


ゴアテックスは 防水透湿性素材の商標名です

この頃は たくさんの機能性衣類が出ていますが
少しハードな自然に向かうとしたら
なにがしかのゴアテックスは 必需品と思います

全く蒸れがないかといえば
そこそこと答えざるを得ませんが
外からの防水性は 間違いなく期待に応えてくれます

私たちは スニーカー アウトドアシューズ等々は
必ず ゴアテックス仕様のものを選んできました

しかし ランニングシューズ ウォーキングシューズは
サイズ・機能性優先 その次デザイン
と いった具合です

防水性には 注意を払っていません

そんな中 スポーツセンターのトラックを走り
汚れたシューズの底を
水たまりの中で チャプチャプ洗いました

水たまりなんか 平気の平左 といういつもの感覚

それは当然間違いなのです

「いけね〜 水が入って来た」
つぶやいている人がいました。

祝日



勤労に感謝する日=勤労感謝の日
自由と平和を愛し、文化をすすめる ことを趣旨としている国民の祝日=文化の日

2回の休日があった11月です
ありがたいことです


とはいえ この2回とも 土日に絡む連休とはならず
飛び石でした
残念のような これもまた良しという感じのような・・

やっぱり つながっているほうがいかな

こんなことをつぶやいているうち
次は 年末年始休暇へと思いは進み
こうして一年が終わるわけです


それにつけても 祝日・休日の意義を考えることなど程遠く
ここに 休みがある
それだけの一年でした。

情報



情報を得る のは とても大切なことと思っています
自分で 尺度を持たない出来事の情報は 情報発信者にゆだねることになります

さて
この情報発信 基本的に
アタッタ ハズレタ の世界です

11月22日の 仙台で1.4mの津波を観測した地震のあと

1週間は 何が起こっても不思議ではありません
配慮するように・・

今日の雨
気温はどんどん下がります
雨が雪に変わり積雪の可能性もあります・・

週末移動距離が長い生活をしていると
一つ一つ 気がかりです
大変貴重な週末なので
少しでも正確な情報を供給してほしいと思います

供給側の これを言っておけば 何があっても文句はないだろう
オーバーな情報を流しておけば あと後の処理は
「でも そうならなくて よかった」で済ませられる

そろそろ 抜け出したいと思います。

津波注意報




千葉県九十九里・外房 津波注意報
2016年11月22日 6時54分発表
高いところで 1mの津波が観測されるでしょう
そんな情報が流れ 福島県3mの津波が観測されました

強い地震とは感じられませんでしたが
若干長かったので
ゆらゆら 海の水も波立ったのでしょう

皆さん ご無事でありますように。

さて いいふ〜ふの日(11月22日)
スポーツクラブで 夫婦ウォッチングをしていると
一緒にいるときは 双方折り合って 同じ行動をとるカップル
せっかく一緒に来ても 全く別々のことをやっている カップル
ま〜 そんなことは些細なことでしょう
お互いが いい夫婦だと思えることが
一番です。




銀杏


ぎんなんが食卓に登場しました

ナッツ 木の実 これら好きです

その中でも 乾煎りしたふっくらした銀杏は大好きです
またvivakenがとっても上手に煎ってくれるので 中まででふっくら火が通り
まさにヒスイ色で とても美味しいのです

銀杏と聞けば イチョウの実で 代々木公園など思い起こすことも多いと思いますが
我が家は そういった 手かからずの銀杏ではなく
園地栽培といわれる
目的をもって栽培された銀杏を良しとします

ですから 粒も大粒で 味わいがより大きいのです

今年の初物 さて産地はどこかと聞けば
茨城県
とありました


茨城県は クリも利休栗など いいものを生産してくれます
お近くでありがたいことです

出荷量の多い順には
愛知県、大分県、福岡県という事だそうで
どちらかというと 暖かいところのもののようです

がんばれ 茨城。

塩分



これは まずいことをやらかした
という ご報告

和食の簡単懐石ランチにて

肉厚シイタケに白身のすり身をはさみこんだ天ぷら
が出ました
天ぷら屋さんではないので ごま油系の 天ぷら!!!!という天ぷらではありませんが
近頃 バリバリの衣をまとった天ぷらばかりに出会っていて
カラッとしているけれど味がある天ぷらに中々出会えない中 ここのは 美味しい

本題は ここから
それを なんとかいうところでとれた きらきらした岩塩でいただくのですが
岩塩が 小さなお皿にのせられ 添えてありました

はっきり言って 天ぷらは天つゆにしてほしいのですが
いろいろ事情があるのでしょう
美味しい天ぷらとはいえ そういうものを食べるには 塩気の勢いが必要で
出された岩塩を すっかり食べてしまいました


それを見た vivaken
「塩 みんな食べたんだ・・・」

私は まずいことをしてしまった。まずいぞ〜と思いました。
vivakenは塩分制限しているのに 私が率先して塩をたっぷりつけた天ぷらを食べたなんて
これはまずい・・・・


毎度毎度
小皿に醤油が多すぎる
ソースをかける量が多い
漬物は食べるな
口うるさい私ですが 今回は テヘヘ。

ねこ舌



熱いものを食べられない
猫舌 と言います

私は 熱いものも 冷たいものも まるっきりダメではありませんが
好みません

油がしっかり張ったラーメンが出てきたら
小鉢にとって 冷ましてからじゃないと 食べられません

真夏のスポーツドリンクも 常温です
ただし 体を動かし 大汗をかいた後 冷たい飲料は やっぱりおいしいと感じます

器まで しっかり冷やした 冷たいビールなど ノーサンキューですが
さすが 常温のビールを飲もうとは思いません

電子レンジで 飲み物ボタンを押すと 70度に設定されますが
60度が一番いい加減です

熱いものについていえば 最初からぬるくていいかといえば
いえいえ決してそうではありません
お茶、コーヒーなどは きちんと一回沸かしたお湯で それなりの温度で抽出し
それを冷まして飲む
こういう事です

Wikipediaによれば 猫舌=偏食と定義していますが

冷ましてから食べるという事であって 決して偏食ではありません。

ほこりキャッチャー



天井を張らず
現しで 梁を見せているどんぐり庵。

年末になるとチョット気になるのが
梁に積もった埃です

毎年 私が掃除部隊の大将となるわけですが
なんかいい道具はないか

化学的な処理をされたもっぷなどは使いたくないけれど
埃をうまくキャッチ 吸着してくれて
家中埃だらけにせずに 掃除をしたい

こう願っているのです

毎年あれこれ考えて
結局 雑巾片手に 取りきれない埃は床に落として・・・
という結果です

今年はいいものに巡り合えるか・・さてさて。

折り込みちらし



今朝 朝刊をポストから出すと
新聞とは別に配布された アマゾンの年末限定 短期スタッフ と書かれ
多分 時給も 郵便局年末年始限定アルバイトより高額と思われる 求人ちらしが入っていました

新聞には 新聞で スーパーのちらしが 折り込みチラシとして入っていました

なるほど
アマゾンは 折り込みちらしより 単独で配布するこの方式のほうが
効果が高いとみているな
と感じました

アマゾンの配送センターが そう遠くないところにあります
東関道を ディズニーランドに千葉方面から向かうと
確認できるあそこです。

それも 昼間配れば 邪魔者扱いで ゴミ箱直行が多いけれど
朝刊を手にするのと同時に 手にする時間帯に配っておけば
ほかのバイトをしばし休んでも こちらへシフトする人がいるかもしれない
とも考えたかもしれません

短期アルバイト募集一つでも
無駄なことはしないという姿勢が貫かれ
よく 研究されていることを感じたのでした。 

新聞休刊日



新聞休刊日の朝は
普段に較べ 30分は余裕があります
そんなに熱心に目を通すほうではありませんが
それでも 平均30分の時間を必要としています

今日のような朝は 少し余裕があって
毎日30分 結構な時間の積み重ねだなと思います

私は 毎朝新聞を配達してもらっていますが
昨今の多くの集合住宅を見ると
セキュリティを重視し 建物に簡単に入れないようになっているようです

そうすると 朝の新聞を配達してもらったとして それを取りに行くために
いったん共用部分 廊下とかロビーを通り抜けなければいけないのでしょうか

寝起きでそのまま新聞を取りに行くというのが
不可能な事態になっているのではないかと思います

そういうことになると 新聞配達を求めなくなるでしょうね
パソコンで 情報収集とならざるを得ないのでしょうね。

手袋



手袋をはめると シャツ一枚分の温かさ とか セーター一枚分の温かさとか言われます

背中を丸めて ポケットに手を突っ込んで
なんていう事ではなく
手袋をはめ マフラーを巻き付け
颯爽と歩きたいものです

さて 手袋
これがなかなか難しい
外はゴアテックス 中はフリース
これが一番暖かいのですが はめたまま何かをするには
いかんせん不自由

皮の手袋
柔らかいシープスキンとか 使えば なかなか良いものなのでしょうが
私のこだわり 洗濯!!がしずらい
これが 私には 不向き

毛糸の中に フリース貼り
または 毛糸
フリース
このあたりが 私には 最適と言えます

そろそろジョギングにも
手袋が 必需品となる気配です。

木枯らし1号



関東の3か月天気予報は ほぼ平年並み
晴れの日が続きそうです

昨日は 気象庁が関東甲信越 「木枯らし1号」が吹いたと発表しました

振り返れば どんぐり庵 2007年年末引き渡しを条件に
あの年の今頃から 最終仕上げに入っていたことを 晴れ渡った初冬の青空とともに思い出します
来年は 一区切り(何の一区切りかわかりませんが)の10年

100年は超えているだろうといわれる我が家の構造材 
その他もろもろ 
矍鑠(かくしゃく)とした姿に 植栽の木々が彩を添えています

木枯らしが吹き 冬を迎え 春を迎え
都会と 田舎を行き来することで 日本の四季をより強く受け止めることができることに
感謝しています。

宮殿



秋の叙勲の大綬章授与式の様子が映し出され
大綬章授与式の後、記念撮影を見るにつけ 後ろの宮殿ばかりが気になってしまった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鉄骨鉄筋造で、地上2階、地下1階、延べ面積22,949平方メートル。基本設計は吉村順三。
1969年(昭和44年)4月から使用されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

唯一の板の間は 欅
大綬章授与式はこの 「松の間」で行われていました

幅約80センチメートル,厚さ4.5センチメートル,長さ約5.4メートルの 欅材が87枚
いや〜すごいね 

自転車運転取り締まり



日暮れが早くなりました
駅からの帰路 自転車が警察官の職務質問を受けているのを多く見かけます

恐らく 無灯火の取り締まりでしょう
街灯が充実している都市部とはいえ
イヤフォン着用は見極めにくいでしょうから
一番わかりやすい 無灯火の取り締まりと思われます

どんな罰則が発生するのか 興味がわいて調べてみると

一回目は 大体
住所・氏名・年齢ぐらいを聞かれて 注意喚起
3年以内に同じことを繰り返すと
安全運転講習受講義務が発生する場合がある らしいです

兎も角 灯火は自分の安全を考えたら
欠くべからざるもので
うっかりは ご法度です

車も同様ですが
早め早めの ライトオン。

猫に牡蠣



日曜日は ただいま我が家でブームの 牡蠣のお好み焼きランチ
焼きあがるまで 時間がかかるのが少々難点なのですが
片栗粉をまぶした牡蠣は 縮むこともなく ふっくら仕上がります

リビングのテレビは 小さくて臨場感が不足です
この日 全日本大学駅伝の中継があり お昼を迎えるころは 7区 8区と勝負どころとなり
大きいテレビで見たい と2階に上がり
はっちゃんを膝に乗せ 観戦していました

今日は 特別に駅伝観戦をしながら ランチとなり 
はっちゃんは
牡蠣のお好み焼きに 少しだけ頂戴と 騒ぎます

根負けして 内臓を避けて 少し分け与えると
これが気に入ったらしく お代わりを頂戴とねだります

猫に牡蠣・・・・
大丈夫か〜〜〜〜
心配しながら もう一口だけ・・

私は自分の分を大急ぎで食べて
もう無いよ!!!
で一区切り

今朝まで 具合が悪い様子という連絡はないので
やれやれと思っていますが
はっちゃんのいるところで 何かを食べれば
欲しがって当然。特に 海のものは 気になるのが 猫というものです。

あなたならどうする・・



ドリンクバー
大衆レストランにある 飲み物好きなだけ でも 自分で給仕 というあれです

コーヒーは アメリカンだの イタリアンだの エスプレッソだの その他いろいろ選択できるメニューボタンがあり
コーヒーが抽出されて出てくる出口は二つ
選んだメニューにより カップをどちらの出口に置くか決まる というマシンです


さて こんな話を聞いたのです
注ぐ男(つぐお)君と仮に呼びます

注ぐ男君は お気に入りのメニュー押すと コーヒーが出てくる出口のところにカップを置きました
ところが ふとした間違いで 違うボタンを押してしまいました
当然そのボタンは 注ぐ男君が意図したものではなく かつ コーヒーの出口は
カップを置いていない 隣の出口でした

という事は カップのないところに 抽出されたコーヒーが ダダ漏れ状態になるわけです。
(マシンには 零れたものを排出する受け皿が付いています)

注ぐ男君は
「あっ!!いっけね。間違った」
と思い
「でも オレこのコーヒーじゃないのを飲むんだ」
とばかり だだ漏れを静観し ダダ漏れ終了後 再度好みのボタンを押して
やれやれとその場を離れ 席に着きました。


この話
私なら 間違ったとしても 間違ったなりに 出口にカップを置き
「しゃんめい やっちまったよ」
と思いながら そのコーヒーを飲むに違いありません。


vivaken
「注ぐ男君に同じ」
というのです

さて こんな場合 あなたならどうする・・・

晴れ日



気象上 晴れの日の確立が非常に高いとされる
「特異日」
1年最後の特異日が11月3日文化の日であることはご承知の通りです

こんな情報もあったりして
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
晴れの特異日とされる文化の日(11月3日)は、第2次世界大戦前は確かに晴天の回数が多く、特異日であったが、1950年代から1960年代初めにかけてはしばしば雨になり、気象学関係者の間では特異日から外す意見もあった。その後持ち直し、晴れることが多くなっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして明日の予報千葉県は 傘マークが見えたりします

なんだかんだ言いますが 祝日はありがたいものです。

紅葉



紅葉の名所を上げれば 数限りなくありましょうが
身近に感じる紅葉は また 心落ち着くものです

気温の高低差が大きいと きれいな紅葉がみられると聞きます
今年のように 日照時間が少ないと どうなんでしょう
感覚的には チョイボケの紅葉じゃないの
と思ったりします

毎年の木々の移り変わりの様子を
頭に残していないので 比較が難しいのですが
今年 少し高台にあるスポーツセンターのイチョウは
9月末には 早々 緑の色が 抜けてきたように思います

秋に彩を添える 木々の紅葉
ここをも狙った スポーツセンターの植栽に
どなた様が どう考えて 今の姿になったのか
その歴史を知る手がかりもありませんが
ひたすら 感謝する次第です。

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(2795)

Link

Search

Free