路線バスが無くなりまして・・



上総一ノ宮駅発大多喜行き 最終便が 休止になり
一日に 数往復しかしていないバスの便が
不自由になり
被害をこうむった一人です

あれから一か月がたちました

vivakenに 駅までのお迎えを依頼しています

暗い夜道を 時には小動物の横断がある夜道を
迎えに来てもらうのは 年年歳歳心配が増えます

一週間に一度だけ使う 駅前に駐車しっぱなしの車を用意しようかと考えたり
都度 レンタカーを借りるかと考えたり
そんな話をすると

アホなことを言うんじゃない
と一笑に付され
つくづく よく考えれば
タクシーを使ったって
年間経費は 車を持つのと同じくらい・・

やっぱりアホやねん

というわけで 3,000円以上残った回数券が手元に残りました
ゴミになるだけだな。


時は流れて



あるところで 弘田三枝子さんの話が出て
30歳を超えたばかり 
話を聞いていた人は
「誰ですか?知りません??」

ザ・ピーナツの話が出て
「聞いたことがあるような気がしますが、3人組ですか?」

そうか そういう時代だ・・
と思っていた矢先


神田沙也加さんと松田聖子さんが
え〜母娘だったの!!
とにぎわっているとか・・

こんな私は スマップ解散劇から
やっとのことで スマップの面々を知り
顔と名前が一致するようになりました
今更わかって どうする
というところですが

トキオに至っては
あの人は 確かメンバーだと思うけど??

そのくらいしかわからなく
なんとも言い訳のしようがありません。

枯れ葉



木々を見ていると
冬場に枯れ果てた葉っぱを如何に合理的に落とし
新芽を吹くか

このエネルギーって
結構必要とされているように感じます

その木本体が
枯葉を落とすこと そのものにも 
新芽を吹くエネルギーで 古い葉を落としているように感じます
枯葉はただ”はらはら”と落ちていくばかりではありません

ですから 春の低気圧
時には電車を止めたりしますが
時には (昔話ですが)
マドモアゼルのスカートを ひるがえしたりしますが
木々にとっては 古い枯葉を一気に吹き飛ばしてくれる
お助けマンでもあるように 感じています

秋には落葉で 地面は枯葉に覆われ 
昆虫たちの寝袋になったりしますが
それですっかり落葉が終わるのではなく
冬を超えた 木々にくっついたままの枯葉には 
春の強い風がお助けマンで
新緑迎える木々たちにとっては 春の低気圧が頼もしい味方なのだ

そんなこんなで 若葉から青葉の季節に投入です。

フジザクラ



フジザクラが良く花をつけてくれました

元木はすっかり大人の風格になり
横に伸ばした太い根から 次世代のフジザクラが成長しています
これらをどのようにして生かすか
試案のしどころです

昨年 思い切って根の一部を切断し
成長し始めたばかりの わずか30センチにも満たないものを切り出し
別の場所に植えました

まずまず育たないだろう
そんな覚悟の上です

根を触ったせいか
元木の太い枝が一本枯れました

やっぱりダメージは避けられないな
そんな気持ちです

その 移植したフジザクラは
今年早々に花を付けました
樹木のことですから これで安心というわけにはいかないのですが
光は見えています

がんばれや〜!!ファイト〜

閉眼片足立ちテスト



閉眼片足立ちテスト
試してみると
年齢基準値以下

なんちゅうことじゃ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平衡性には、主に小脳、耳の奥の三半規管の機能が関わっており、平衡性のトレーニングはある種、「脳トレ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と聞きました


鼻を強くかんだりすると
耳鳴りが続くことがあります
これを考えると
三半規管はあまりいい状態ではないのかもしれません

開眼片足は ショッチュウやっていて
電車を待つ レジの順番を待つ
大体が 片足立ちです

トレーニングで向上するものかどうか
分かりませんが
「閉眼片足立」
時々チャレンジして 成果を確認してみたいものです。

変更から3週間



市川市は ごみの回収回数を減らしました
今年4月からです

燃やすごみは 週2回の収集
燃やさないゴミは 隔週1回の収集です

私が暮らす町は住宅地で
戸建て住宅数件で 決められた収集場所を使っています

住民としては意識が高いほうと思います

回収スケジュールの変更後
回収日ではないのにゴミ出しをした人がいた
というトラブルはなく
スムースに移行できています

私の目に入る範囲
街中はどうだろうと観察していました

月初 変更されたばかりの週は
放置されたごみ袋が散乱していたり
明らかに情報不足の人がいることが想像できましたが
行政か 地域の方が片づけてくれたらしく
いつまでも散乱していることはありませんでした

今週はそんな景色も感じられず
変更から 3週間目になると 徹底してくるものなのだ
と 感じています。

4月の花木



北海道では 5月に入ると
様々な木々が一斉に花開くと聞きます

今年は どんぐり庵周辺も
例年のような順番ではなく
どちらかというと あれもこれも ここもそこも
今までとは違った景色です

コブシは終わりましたが ソメイヨシノの直前でした
いつもなら 2週間ぐらい前に咲いている木です

紫モクレンに至っては ソメイヨシノに後れを取りました
カイドウも同様です

やはり 3月が寒かった
これが一番の原因と思われます


埼玉県日高に住む人が
私と同じ感想を話していました


突然”夏日”など出現しました
気象が大暴れしなければ ヨシ とします。

無い物は自前で



アマゾンは クロネコさんが悲鳴を上げ
配送のサービスを どこに委託するのかと思っていたら
自社で「効率配送」
正確には アマゾンが契約した 物流会社の専用車による配達
こうきました

基本的に このような発想はダイダイ大好きで
やれないことなんかあるもんか
他がダメなら
こう行くよ

クロネコさんは 当日配送サービスの受託から撤退
という事で 通常配達は従来通り行うのでしょう
思えば 当日配達(都市部に限定されていました)の発送は
元々 クロネコさんから出たものだったように 覚えています

10年以上前提案されたもので
当時 両親の介護という状況にあったので
何かの時には使おうと チェックしていたので よく覚えています

クロネコさんの創業者 小倉 昌男さんは
天国から 何をお考えになっているでしょう。

ビジター優先



会員制のクラブでも
多くがビジターの来場を歓迎します

勿論 経営的な問題でしょう
メンバーは 会費を払えば
自販機の飲み物を買ってくれるぐらいで
あとは ソウソウ アメ横から出店しているという
スポーツウエアー屋さんの売り上げから マージンを取るぐらいのことしかありません
(私の所属クラブにおいて)

勿論私は
経営上 少しでも豊かになればいいと願う一人です
少々のことは 良しとしましょう
と 寛大です

ただ 
インドアトラックは 貸し切りのため 使用できません
こんな日があり 
私のスケジュールにぶつかると
日程に余裕がない故
オイオイ ぶつけるなよ〜 と少々愚痴りたくなります。

タケノコ



ここ数年 4月第2週の日曜日ごろ
タケノコが一番いい時期を迎える

こんな判断をしていました

裏の竹山に入ってみました
例年ですと イノシシの猪ちゃんが 食べ散らかしたものが
あちこちに残骸として放置されているのに
今年はそれすら見つかりません

サクラがこれだけ遅れているのだから
タケノコだって そういうわけなのだ

など思いながら
今まで ソメイヨシノを見ながら
タケノコ堀を考えたことなんか
無かったな〜

と マ〜マ〜・・・・
来週掘るか いっそ今年はやめにしようか
迷っているところです

聞けば 道の駅に出ているタケノコも
ほんの小さなものだそうです

やっと 週末 晴れ日となりまして
草刈りなど 久しぶりに刈り払い機を担ぎました。

統計


これこれの事項は 国民○○人に一人の割合で発生している

時々耳にします

これ ソースはvivakenです

例えば 離婚件数
国民の○○人に一人の割合で 発生しています
という統計が出たとすると
件数と人数という違う要素で割り出されます

大体が 離婚にしても 事故にしても 犯罪にかかわるにしても
やらない人はやらないし
やる人は複数回
という傾向が非常に強い

離婚件数から割り出し○○人に一人ではなく
離婚経験者 と 国民○○人の割合を示すことで
実態を把握できる

納得。

雨の日のスニーカー


ゴアテックス仕様のスニーカーを持っています

少々の雨には 快適で愛用していますが
そんな日に 最も注意しなければならないこと

それは 滑らないように気を付けること です

マウンテンバイクで遊んでいたころ
購入にあたり 
雨の日 街中 特に歩道のタイルに気を付けてください
滑りますからね
と 送り出されました

スニーカーでは 点字ブロックで滑ったりしたことがあり
階段など いつもはスキップで降りているところも
雨の日ばかりは 慎重に
と いうのが 身についてきています

3日前の雨の日 危うくバランスを崩しそうになるほど
滑りました

スーパーの入り口付近
排水口の蓋が ステンレスでピカピカに磨かれていたものでした

年中速足ウォーキングをしているような私が
不用意に その上に足を乗せ
瞬間大きく滑りました

傘はたたんでいたので うまくバランスをとることができ
転倒には至らず ヤレヤレですが
一つ間違えると
骨折 救急搬送の事態です

よっぽど店にそのことを伝えようかと思いましたが
町中にそんな危険個所があり
ここだけ取り上げてどうするんだと 考えなおし
やめました

雨の日のスリップ事故
車だけではありません

ご用心ください。

潮時



「引き際」と 言い換えられることもあるでしょうか
長年やって来たことに一区切りをつける
そんな意味合いで使われますが
良い意味で 前向きなグッドチャンス=潮時
と使う事も
やめるにいい頃合い=引き時
とイメージすることも多いと感じられます

「引き際の美学」
と評価される意味合いは
後進がいる場合 いかに引き継ぐか

チャンピオンなら どこで 身を引くか
となるわけでしょう

アスリートが 一世代を築き
そこから身を引く
そこからの人生をどう構築するか
フツーに人生を送った人に較べれば
またまた大きな試練があるように思えます。

枝垂桜



富士桜の枝垂れ(しだれ)サクラ
昨年どんぐり庵の仲間になり
今まで ツツジを植えては枯れてしまうという
因縁の場所で
今年 兎も角 花を咲かせました

まだ まだ 油断はできず
一回咲いてくれたのに 翌年はあちこち傷んで
結局 ダメになってなったことを
特にツツジにおいては 何回か経験しました

花が咲くと これから先の姿が想像でき
あれこれ考えるものです
あんな形 こんな形 等々

教本によると
地上に触れている枝は病気になりやすいので
枝の根元から 切り落としなさい。 途中で切ってはいけません。

そういえば 枝垂れ桜の枝先が地についている物を見たことはありません
当面の選定はそれだけで
樹が充実するまで
あまり 触らないほうが良いという事のようです。

男女差



サクラのマークを胸にした
ラグビー女子チーム

屋内トレーニングの様子にふれることができました
どんなチームが トレーニングに来るか
スケジュールは明らかにされないので
たまたま アスリートに出会えると
少し得した気分になれます

男子のラグビーチームがトレーニングしている様子に触れたことがありますが
兎も角 体のつくりの違いが・・・

なんともならないことですが

その男子とて
世界のチームに比較すると
ジャパン男子も 

体壊さないようにやっておくれ
そんな祈る気持ちが 沸き起こります

そんな日の夕方
・・・・・・・・・・・・・
サンウルブズが4月8日、本拠地の東京・秩父宮ラグビー場で今季6戦目にして初勝利を挙げた
・・・・・・・・・・・・・
南アフリカ に勝ったと!!

アマゾン当日配達



ヤマト運輸が アマゾンの当日配達引き受けを縮小し
日本郵政などが その引き受けを増やす方向 との 報道です

私は 日本郵政をあまり歓迎しません

再配達依頼は どうしても発生してしまいます
配達のドライバーが
再配達依頼を携帯で受け
配達状況を調整しながら 再配達をしてくれる

日本郵政は これができません
正しくは やりません

再配達となれば
決められた部署に 手続きをし
モッタラ モッタラしている感を否めません

逆に言えば だからこそ 日本郵政には余裕ができるのかもしれません

アマゾンの年会費3900円で 当日配達追加料金なしで何度でも利用できる
この辺りが 不要不急の当日配達が増加している大きな理由ではないでしょうか

当日配達のシステムがあることは 大変ありがたいと思います
どうしても必要な人のために システムを持続できる工夫を
是非望みます。

タケノコ



4月の第2週週末にタケノコ堀をする
これが例年ですが
今年は このところの冷え込み
ソメイヨシノが咲き遅れている状況で
さてさて いかがなものでしょうか

週末ごと 雨のお天気が続き
竹林をのぞきに行っていませんが
きっと イノシシの猪ちゃんが大暴れして土堀合戦を繰り広げていることと思います

タケノコの生産者をテレビで取り上げていました
竹の年齢を管理し更新し
土づくりをし 肥料を施し
美味しいものを作るには
それなりの手をかけ 愛情を注ぎ という事でした

我が家のタケノコを
ご近所に差し上げたり 親戚に送ったりしますが
果たして 喜んでもらえているのかな・・

しばらく 肥料を撒いていないのです。

破壊が一番



かつて 携帯電話の機種変更をし
古い機種は廃棄してください
と依頼すると
メインの基盤 記憶装置など一体になった部分を取り出し
その場で 穴をあけ

はい データーの流失はこれで心配ありません
と言われ 回収してもらったものです

さて パソコン
パソコンのお引越しは それなりのソフトが準備されていたり
何かと便利になりました

壊れているわけではないけれど
遅い・画面が暗い・解像度が悪い
などなどの理由で 使わなくなったパソコンを
さてどうするか

データー消去のソフトがないから 捨てられない と
やる気のなさを示してダラダラしていると

vivakenの一言
「ハ・カ・イ」

なるほど 思いつかなかったゎ

破壊工作に加わり
無事 心配なく パソコンの廃棄が完了しました。

トマト



年中あるトマトですが
やはり 春を迎えると この頃は瞬間にしかお目にかからない
ファースト種が 道の駅店先に並んだりします

先日 食卓にトマトが上がりました
ももたろう のようです

金曜日の夕飯です

「このトマト 美味しいね」と私

「うん 月曜日に買った」とvivaken


なんと 月〜金曜日まで 熟成期間を置いたトマトでした

野菜は基本 収穫してからどれぐらい時間がたったかが 勝負と思いますが
トマトは 色目を見れば完熟かなと 思えても
酸味が勝ちすぎる場合が時々あります

その酸を抜くためには 熟成期間(酸抜きと申しましょうか)が必要です
気温 温度で タイミングがずいぶん違ってしまいます

食べるだけで 管理お任せ の私でした。

パスワードだとか合言葉だとか



クレジットカードの住所変更をしたくて
マイページへログイン

ほとんどログインしたことのないページです
あれをこうして これをこうして
おまけに 合言葉なるものが出てきて
その設定から始まります

事故が多いから こういうことになるのでしょうが
全くもって 面倒なこと極まりなく
かといって 手続き書類を郵送してもらうのも
煩わしく
心の中で ブツブツつぶやきながら

粛々と処理を進めるよりありません

簡単かつ安全に本人確認ができるように
これは今後の大きなテーマと思います。

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(2796)

Link

Search

Free