胡蝶蘭

1月も最終日となりました
週末は 立春です
天気予報で 今年の冬は暖かいと言っていたことを思い出しますが
その通りと言えます

わが家に 一回だけ胡蝶蘭が届いたことがあります
vivakenの慰労に 妹夫婦が送ってくれたもので
花芽が3本立ちの豪華なものでした

一つの区切りをつけるに 大きな励みになったものです

その後 何とかもう一度花を育てることはできないかと
アレコレ参考にしましたが
ミズゴケで育てられたその株を 再生できずのまま終わらせてしまいました

今 聞くところによれば
胡蝶蘭の生産者が 廃棄される葉っぱに傷がついた胡蝶蘭の苗をお礼品として
30万円を目標としたクラウドファンディングが設定されています

花を咲かせるに必要な諸々と 説明付きで送られてきて
管理さえちゃんとすれば 2か月で花が咲く
こういう事なのですが
昔の経験から 誰でも彼でも そんな簡単に花を咲かせられるものじゃないでしょう
こう 色眼鏡で見ているところです

やっぱり「蘭」ですから 難しいと思うのです。



ルッキニズム

自民党の麻生太郎副総裁
あえてどなたの事かは 伏せますが
「そんなに美しい方とは言わない」
また やらかしました

公の場でこれを言っちゃ〜ね

ルッキニズムはこう定義されます
・・・・・・・・・・・
公の場で、見た目を評価の対象として言及するのは「ルッキズム(外見至上主義)だ」として、社会的に問題視されるようになっている。
・・・・・・・・・・・・

段々 元総理の森さんと並び始めた
麻生さんです
森さんは 自民党を陰で操っていたようですが
麻生さんとなると 副総理だし
時の流れには その時々の評価には敏感にならなければならない
これは はっきりしたことです
口に出すことが どんな影響があるか
一瞬考えてから 口に出してもらいたいものです

私たち夫婦の間では
それはもう好きなことを言っています
容姿・外見で好きとか嫌いとか言い
果ては あの目の使い方がどうにも気に入らない
はたまた
年を取ると みんな同じ顔に見えてくる
もっと年を取ると 男も女もわからなくなる

そんなチャンスもありませんが
あれこれ言う時は ちょっと注意を払わないと 
今の時代に生きる価値無し
とまで言われそうな雰囲気があります。

ご褒美

大相撲初場所 大阪国際女子マラソン 
昨日は それぞれの話題が
気持ちを沸かせてくれました

朝刊のスポーツ面をにぎわせています

大相撲 横綱照ノ富士が 不屈9度目V
優勝決定戦の大きな写真と共に 語られます

女子マラソンは 前田、19年ぶり日本新
のタイトルと共に ゴールテープを切る写真です
優勝した外国人選手の写真はありません

照ノ富士は連日勝利と共に分厚い懸賞金を受け取りました
片手では持てないほどの厚さの日もありました
協会からも それなりのご褒美が出るに違いありません

さて 女子マラソン前田選手
かつては 陸連からの1億円ボーナスの話題もありましたが
今や 資金がもう枯渇しました
と 聞いています

19年ぶりに 日本記録更新とはいうものの 優勝ではなく2位ですから
スポンサー各社が拠出した優勝賞金は前田選手には渡りません
最大のご褒美は 2時間19分00ではなく2時間18分59 だったことでしょうか
本人は そこのところに意識があったかといえば
無かった可能性の方を強く感じます

兎も角 ご褒美という点からいうと
マラソンとか 卓球とか
とてもジミです。

横断歩道

通勤時間帯に盲導犬と共に駅に向かう
視覚障害をお持ちの人を見かけることがあります

駅前には 信号機のある横断歩道があります
音響式信号機ではありません
信号が変わると 音が鳴るなどのメッセージは出ませんが
人通りは多いので その様子で 信号を判断しているのかもしれません

盲導犬を連れているので 何の配慮も不要だろうと思っていました

数日前 赤信号にもかかわらず信号に入って行ってしまいました
たまたま 車も少なく 横断者もいませんでした
ハッと思ったところで 来た車は様子を察して止まりました

それから少し関心を持って考えてみました

信号の判断は 盲導犬にはできません
障害者の安全を守る これが一義ではありますが
指示に従う
このように訓練されています

行くという指示に従う事です

こんなことがあるのか と思い
盲導犬及び 視覚に不自由なことについて書いてあるものを探しました
そこには

もし 視覚に障害のある人が 信号で立ち止まっていたら
青になりましたとか
まだ赤ですよ
声をかけてもらえると 助かると書いてありました

障害があることを知って あれこれ手を出すことを私はしませんが
状況は見ています
あそこに 不自由な思いをしている人がいる
でも 今 私の手を必要とはして居なさそう
今 ちょっと声をかけるべきだろうか

そんな思いになることはあります

今回の件で 状況によっては声をかける
声をかけるタイミングを知りました。

思わず納得

運転者vivaken
上総一の宮駅へ向かう

信号のあるTの字交差になっている交差点
私たちは Tの字の 上の水平部分に当たる 緩やかなカーブがある道路から
Tの字の 垂直部分に当たる道路へ右折する 経路を取っていました

前を大型バスが走り 信号を青で通り抜けました
私たちが 信号に入ろうとしたとき 信号は黄色になり
停止線で止まりました

その瞬間 信号は黄色です
バスの陰になり 停止位置から全く確認できなかったのですが
バスの陰に直進車がいて
直進車が黄色の交差点に 猛スピードで入り 通り抜けたのです

助手席にいた私は
アブナイ 危ない
直進車が見えなかったのは歴然ですから
黄色信号だ エ〜イ行ってしまおう
こうしていたら 大事故になったことが想像できます

もしかしたら 大きな代償 大切なものを失う重大な結果となっていたかもしれないことが想像できました

助手席にいた私は 色々なことが想定でき 頭に浮かびましたが
黄色で止まって当たり前
という顔をして
何のコメントもしないでいました

少しタイミングがずれて
vivakenは「茂原運転(我が家では乱暴で ちょっと待てばいいものを待てない運転をコウ表します)してたら 間違いなく事故だった。」
こうつぶやくので

「やっぱりそう思ったよね」

と同意したのでした

兎も角信号黄色で突っ込まない
大型車両の後についたときの前方確認は 注意を払う
特にカーブが絡むと なおのこと確認しにくい

お互い言葉には出さなかったものの
クワバラ クワバラ という場面でした。

明かす。明かさない。

イギリス王室のキャサリン妃が腹部手術をし 3月まで公務から数か月離れ
ウイリアム皇太子も準じた公務体制となるようです
詳しいことは 発表されていません

日本の皇室だと 上皇様 上皇后さまともに体の不調は こと細かく発表されます

経済評論家の森本卓郎さんは自らの病を 自ら発表しました
これから起こるであろう不測の事態に 憶測が飛び交う事を避けるためには
事情をはっきりさせることが一番 と考えたのだと思います

神田正輝 この方は番組を2〜3か月 体のメンテナンスという事で どんな様子なのか明かされることなく休み この週末から復帰と聞きます
そういえば 去年の今頃中居正弘 この方も一切明かすことはありませんでした

明かすか 明かさないか
本人の判断で 他人があれこれ言う事ではありません

タダ 何の情報もなく姿が見えないのは ふと気がかりになることがあります
結論を言えば 姿を見せられないという事ですが
大相撲解説の 北の富士さん
どうされたのでしょう

とはいえ 全て 個人の問題です
アレコレ言えません
ほぼ一年 解説はお休みが続いています。

ヨクイニンタブレット

個人の感想 この権化のような話になってしまいますが
お許しください

数年前 老人性いぼと言われるものが 時として首や顔に出現していました
皮膚科を受診し 手当したりしていましたが
昔からイボにはヨクイニンと言われ
こういうものを飲まなければいけない年齢かと ある種残念な思いを描きながら
3年ぐらい飲み続けていました

ヨクイニンの効果かどうか 少なくとも皮膚科を受診することにはなりませんでした

去年の10月ごろ それまで買っていたヨクイニン錠の価格が5割以上跳ね上がり
劇的に何かが良くなったというものでもないので
やめてもいいのではないかと思い やめました。

2か月ほどたった昨年暮れ辺りから
なんか肌がガサガサする感じがし 皮膚にプツットふくらみを見つけたりするようになりました

すぐさま思いついたのは
ヨクイニンか・・でした

年明け早々から ヨクイニンを服用し
私には必要ありと判断するに至りました

とりあえず ヨクイニン末基準摂取量を参考にしながら
メーカーも変えてみました
3週間ほどになりますが 肌のガサガサ感が和らいできた感じです

念のため あくまでも個人の感想です。
 

固まってしまった 三温糖

砂糖にしても 塩にしても
さらさらとしているものが理想です

砂糖はグラニュー糖のように いつもさらさらが望ましく
塩は 食卓塩のように サラサラ
こうあってくれれば申し分ありません

塩は サラサラを求めると 自然のものを加工することになります
天然成分に 使い勝手を優先することで変化がおきてしまい
よさが失われたりするようです
この頃は 加工することにより失う欠点を
何等か補う商品も出てきています

砂糖となれば
固まることに問題があるなら グラニュー糖にしましょう
これはひとつの選択肢ですが
同じ量を使っても 甘みのパンチは得られず
わが家で使う三温糖と比べると 物足りなさが山積みです

それでは固まった砂糖はどうすれば
買った時の状態に戻せるか

固まる=水分を吸収するから固まる
こう考えたので サプリメントや薬のビンに必ずと言っていいほど入っている乾燥剤を調味料容器入れていました

それでもどうしても固まるので
なぜなぜ なぜだと思い 検索して出てきた答えは
水分不足
霧吹きで水分を与えてください
これでした

岩のように 石のように固まった砂糖は
粉砕しようにもそうはいきませんでしたが
ちょっと水分を与えると 簡単にほぐれました

やってたことが逆行でした。

口すすぎ

歯磨きの後のぶくぶく口すすぎ
できなくなっていたことが できるように復活することを このところ体験しました

何かのきっかけで 口をすすぐとき 左右片側づつ10回 前歯部分真ん中10回
を習慣付けましょう とありました
そんなことはいくらでもやりましょう 
表情筋などに役に立つなら やりましょう
と始めたところ
今はできるようになりましたが
はじめた当座 片側10回のぶくぶくにおぼつかないのです

ありゃぁ〜 であり 
あちゃ〜 でありました

水を含まずに 同じことをやろうとすると これは問題なかったです
口に水を含むことで 僅かな負荷がかかるわけです

歯磨きの後 大雑把に洗い出し
仕上げに 左右両側10回・真ん中10回x3回繰り返し
私の表情筋のリフトアップに少しでも貢献してくれることを願い
ぶくぶくは 続きます。

つまずく

会社帰り 一駅分早歩きをしていました
月曜日の事です

暗くなっていたので 高架沿いの道を歩いていました
背負ったディバックの中には ホームサイズのヨーグルトその他が入り
手に持ったショッピングバックにはレタスが入っていました

早歩きしながら すれ違う人も多くはいないので
数を数えながら 顔の体操をしていました

意識がそっちいっていたせいか
タイル状のものを敷き詰めたその歩道は あちこちタイルのずれで
小さな段差があります
それに引っ掛かってしまい 前のめりにになりました

前のめりになりながら 4〜5歩・・もう少しかもしれませんが
おとっと となり
結果立ち直ったのですが

その瞬間 立て直すまでの瞬間に
頭に浮かんだことは
顔から転んではいけない(年を取ると 頭から転ぶ)
レタスで守ろう
転ぶなら 横向きにディバックで受けよう

こんな感じでした

マルチ処理は従来から得意とはしませんが
歩きながら 数を数えて顔の体操をして
それぐらいやりながら 少しの段差につまずくことなんかなかったでしょうに・・・

気を付けなくちゃぁ。

スーパーマーケット諸事情

どんぐり庵周辺の スーパーマーケット、コンビニは 何処も大きな駐車場を構えています
この地域で郊外といえば 田んぼや畑の真ん中をイメージしますが
そこだけではなく 少しは賑やかなメイン通りに面していても
大きな駐車場を構えます

古くからの店舗駐車場は あと20センチ幅が広ければいいのに
こう思わされることは 珍しくありません
1台でも多く収容したい
そういう事でしょうが 常時満杯のはずもなく
それならユッタリしたものを作っておけばいいのにと思いますが
それぞれ事情があるのでしょう

市原を中心展開する「せんどう」というスーパーがあり
茂原市内での新規開店など耳にしていたところです
ここが今年4が1日付で 埼玉県では老舗と言われる「ヤオコー」の子会社になるそうです

単独での運営から ○○系列へという動きです

そう一気に変革されるものではないでしょうが
イオン傘下の「カスミ」
イオンのプライベートブランドが多く並びますが
西友のみなさまのお墨付き 同様
好んで 利用しています

ヤオコーがプライベートブランドを持っているかどうか知りませんが
寄らば大樹の陰と言われるごとく
単独よりは 充実してくることを想像します

そのうち覗いてみることと思います。

一応の譲歩案

京葉線 快速電車はAM10:00〜PM3:00台を除き 各駅停車とする
この3月からのダイヤ改正案でした
通勤時間帯に 快速電車が無くなるという話でした

千葉市長をはじめ 一の宮町長も声を上げ
そりゃぁ 無いでしょう
通勤快速も廃止とは それはないでしょう
と 要望していました

昨日15日
JR側は極めて異例としながら

結果は 早朝の2本の快速電車は残す
東京駅に朝7時半ごろ着く 上総一ノ宮始外房線経由の早朝一本
同じく 君津駅始発内房線経由の早朝一本
こんな話です
都心近郊では 信じられないダイヤです

私は いつもは東西線を利用しています
15分に一本程度の快速電車 と10分に一本程度の普通電車が運行されています
快速はほとんどがJRに乗り入れています

いつも決まった電車に乗りますが 前後したとしてもわずかな時間到着時間が変わる程度です
運行本数が多いのでこれが可能ですが
こと 外房線絡みで 通勤時間帯でも こうはおいそれとは行きません
要するに 運行本数が少ないのです

今回は 快速が無くなるという事で千葉市長をはじめとして
具体的な要望が出たのですが
それはそれとして JRから一応の譲歩案を引き出せたことを評価するとして
外房線に限って言えば
それも通勤時間帯に限って言えば
誉田以南
東京のベットタウンとなるには JRの運行数が非常に少なく
これが改善されなければ
都内へ通勤を必要とする人たちを 集めることは不可能です

房総発展のためには 通勤手段の確保は絶対です

京葉線だけでなく 外房線の見直しを願うところです。

信号機のない横断歩道

信号機のない横断歩道を 渡ろうとする歩行者がいるときの 車の一時停止

私の中では 歩行者として
信号機が無ければ
横断歩道でも 優先意識はあまりなく
車が通り過ぎてから 道路を渡るもの
要するに 横断歩道があろうが 無かろうが
自分の安全を確認して
道路を渡るというふうにしてきました

この頃はそれが
横断歩道に人がいたら 車は一時停止
これを徹底しようという流れです

ドライバーの 実行率がまだ半分とかそれ以下と言われます
プロのドライバーさんは
まずもって 徹底されていますが
個人ドライバーにいきわたっているかといえば
それは疑問です
右側の車は止まったが 左側から来た車は通り抜けた
良い悪いの話をすれば 結果は歴然ですが
事故にあって痛い目を見るのは 歩行者ですから
身の安全を確保するため 他力本願とはいきません

ドライバー側としても
私は止まったよ でも反対側もよく見てね
という気持ちになります

そういえば 茂原駅近くの横断歩道に
ペイントがほとんど削り取られ
横断歩道と確認しずらくなっているところがあります

何処の管轄か知らないけれど
大至急手当てしなければならない 案件です。

スクワット

スクワット
このメニューをうまくこなせません

スポーツクラブのインストラクターに指導を受けたこともあり
悪いところは指摘を受け
形は習ったのですが
我ながら 納得の域に達しません

先日は 形はこうこうしかじか
腰は落とせるところまで落として 一回30秒何回やってもいい
そんな情報を貰い
正月休みを終え
さてと という事で取り組んだら
当日の夕方には腰が痛くなり
こりゃぁまずいぞ
とばかり あれこれ張り薬を貼ったり 痛み止めを飲んだりして
難を乗り越えました

これからは スクワット風でもいいじゃないの
効果があるか無いかはともかくとして
そんな形のものを
やっていけばいい
そうしようかなと思っています

vivakenのスクワットは
これが理想だなと思える とてもきれいな形です
私は 物事 形から入るタイプなので
何度も見せてもらっていて モノにできそうなものですが
納得いきません
なんか違う気してなりません

スクワット風をやったりやらなかったり
それで仕方が無い
少々の諦めの境地です。

延期するなら中止を選択

雨で順延した運動会
どうもいまひとつ気が乗らなかったことを記憶しています

コロナで開催が一年先送りされたオリンピック

アスリートの立場に立てば 
これを目指し何とか結果を出したい
この一心で 兎も角 開催をと 
その他利害がある人たちも含めて
やらねばならぬという事で 2020東京は2021年に開催されました

アスリートたちのそれぞれの事情も何もかもすっ飛ばして
2020年やれないなら やめるべきね
これが 私の思いでした

2024年能登半島地震
この寒さの中 そして大寒はこれからです
まだまだ厳しい自然状況が待つ中で
半島のマンパワーを必要とする様々な状況に
作業者の不足
資材の不足
一つの原因として 大阪万博に人手を取られているという話を聞きました

リーダー不在の災害対策ほど不幸なことはなく
東北の大地震の時 大きな一つの不幸は民主党政権だったことでしょう
当時の政策の幹部の面々の顔が浮かびます


今ここで 万博が足かせになっているとしたら それを解いてもらいたいものです
万博をやるかやらないか やれるかやれないか
私だったら 「損切する。やめた。」
というでしょうが ごまめの歯ぎしりです

総理大臣は一人しかいなくて
その決断は 国の方向性です
能登半島の復旧が最優先と思います。

カレンダー

田舎暮らしでは 様々な工具が必要となります
電動であったり 小型エンジンで動いたり
そういったものの 販売や修理をしてくれる機械やさんは貴重です

お手軽に済まそうと思えば
今時の事とて 近所で調達は可能は可能ですが
長く使う事を考えると それなりのメーカーのものを手入れしながら
と なります

昨年は工具やさんにお世話になったものの わずかな金額でした
例年カレンダーをもって挨拶に来てくれるのですが
昨年は姿を見せず
今年はもう来ないつもりだろう
と思っていたところ 押し迫ったころカレンダー持参で来てくれました

実は ココからもらうカレンダーは農機具メーカーのものに自社名を印刷したものなのですが
縦に2週間単位になっていて とても使いにくいものなのです
おまけに写真は トラクターのカタログ並み

貰うたび 捨てるわけにもいかず
部屋にぶら下げていました
いっそ 持ってきてくれないほうがいいのに
と思いながらです

今年 半分ヤレヤレ気分で
今年もまたアレだろうと開いたところ
なんと 違うパターンのものが来たのでした

日曜日始まりの一週間単位
月めくり
スケジュールも書き込めるし
旧暦が載っているし くらしのメモ その日の干支 等盛りだくさんのうえに
小さくトラクターの写真と キャラクターのさなえちゃんのイラストです

これなら使える
またアレか・・の気分が一気に解消しました
ちなみに今日は 「みずのと とり」旧暦12月29日 一白先負 です

来年もよろしくという気分です。

2024年甲辰

新しい年を迎えました
健やかな暮らしを望む その一点ですが
スタートするや否や 思いがけず 地震や 航空機事故 そして戦争
心傷むところです

コロナ後 自粛規制も融け 
昨日の成人式を心待ちにしていた
本人そして親御さんたちは一区切りにほっとしていることと思います
新年のスタートで 心傷むことが続発したこともあってか
成人式ををとりあげる報道も少なかったように思えます
いずれにせよ どこどこの会場で新成人暴れる みたいなことを耳にしなかったのは
幸いでした

静かなお正月を過ごしました
毎日穏やかな天候が続き 三日月に明けの明星を鑑賞し
朝日を眺めながら朝食を取り
日中の日差しは グングン力強くなり
ガラス越しの日光浴です
日が沈むころは 西側の部屋は 長い日脚が家の奥まで届き
これまた貴重な天の恵みです

2024能登半島地震に被災者の方々に
千葉県千葉市は住居を提供する計画と聞きます
一家族でも多く受け入れられるよう
手当てをお願いします

さてと スタートを切ります

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4292)

Link

Search

Free