糖質




糖質制限をするダイエットは 大手を振っています
同じく 甘い食べ物というのも
なるべくなるべく摂取しないようにという旗印です

炭水化物は好きですし
甘いお菓子も 大好きです

食べる量と共に
三大栄養素
糖質、脂質、タンパク質の接種
これを少し気にします

糖質制限を耳にするたび
ふと思い起こすのは
「チョコレートは トランキライザー」
という言葉です

甘いものは 脳の栄養となり
ストレスで疲れた脳をいやすと 学習しています

言い換えれば 心地よい精神状態の助けになるのは
日常における食べ物の取りかたであるといえる と思うのです

ストレスによる過食
食べ物のバランスを欠いていることも大きな要因と思いますが
脳が 何とか落ち着きを取り戻したいと 必要な栄養素を必死で欲していると思えるのです

糖質と脳の栄養を漠然と考えていると
・・・・・・・・・・・・・・・・
せわしない日々の中で、つかの間の癒やしを与えてくれたのが、バウムクーヘンだった
・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな文章を見つけたり

将棋のタイトル戦で取り上げられる
おやつタイムを思ったりしながら

疲れた脳への栄養
ストレスがかかる脳への栄養
これも少し考えながら いたわっていかなくてはと思うのです。

タダはいけない



わが家には 
「タダはいけない」
という哲学があります

基本的には タダにつられて動くと
必ずその裏には 何かがあるという事です

例えば 個人情報がダダ洩れしたりする
タダにつられて登録した結果 よく起こりえることです

逆に ボランティア活動であったり 寄付であったり
考えにマッチすれば 共感出来れば
供出するスタンスはもっています

さてさて 廃棄処分を免れそうなアベノマスクですが
これは無料配布、タダで配布

そもそもが 税金で作ったものですから
受け取る人も まるっきりタダとはいいがたいですが 
廃棄するための費用を考えたら これから発生するであろう送付に関わる費用など
国としては微々たるものでしょう

お届けはどこが請け負うのでしょうか
梱包 発送まで協力会社に流すのでしょうが
あちこち持ち回らず さっさとやってもらいたいものです
前回はJPでしたから 今回もでしょうか

企画倒れで 最後はタダで配布
こういう タダもいけない

こうならないよう なってしまったらできるだけ早く対応処理しなければならない
今日もまた 損切 に行きついてしまいました。

昇進伝達式口上



力士の昇進時 口上があります
今回の御嶽海大関昇進では
感謝の気持ち そして 自分の持ち味を生かすという事でした

世の中が 段々 かみ砕いたわかりやすい表現になり
傍らに辞書がなくても その意味がストレートにわかることが多くなってきました
ただし 外国語がやたら入り混じる経済の話など 非常に理解しにくい場面もあります
これはさておいて

4文字熟語が挟み込まれた 昇進の口上ではありませんでした

大相撲昇進時の口上に4文字熟語が使われる
これは過去目にしたことではありますが
それとて 一生懸命 とか 全身全霊 とか 正々堂々とか
確かに4文字熟語ではありますが
意味が分かりやすいものでした
であるなら だからこそ
自分の気持ちを もっと具体的に 率直に表現すればいいのにと思ったこともありました

今回 よかったな と思っています

4文字熟語は 一言さりげなく
ついでに意味も添えるくらいの使い方をしてもらえるとありがたいのですが
4文字熟語がポンポン出てきて
はてさてこの内容は?
そんなことに出くわしたことがあったように思います。

和ホウキ



大相撲を見ていました
呼び出しさんが 土俵を和ホウキで整えていました
そのホウキの しなやかなこと
道具の良さが 画面から伝わってきました

日常 ホウキは無くてはならないのですが
使うについても限定されていて
洗面所の髪の毛の散らばりをササッと掃いて集めたり
塵取りとセットになった ちょっとゴミ拾い
みたいな使い方しかしていません

ですから 日常使うものとしてのこだわりは
全く ありません

ただ 大相撲の土俵を掃き清めるとなれば
見ても用具の美しさを感じるものを
結果としてそれが一番効率的なんでしょうが
そういうものを使ってもらいたいものだと思いました

ホウキのしなやかさ
土俵の砂と塩
ピッタリの加減で作られていることを感じました

よい風景でした。

損切




布マスクの再利用が話題になったりしますが
やはり これだ!!という大ヒットは目につきません

ガーゼ→布
という中で これぞというアイデアを目にしません

リサイクル、リメイクは
不要なものを何かの形にしようという発想だと
どうしてもコストから離れられず
新しく作ったほうが安い
こちらに負けてしまいます

コストなど考えずに 何かアイデアはと言われたら
つらつら考えていたアイデアは
ガーゼを細かく刻み「綿」にし キルティングにしたらどうだろう

待て待て 軽いキルティング素材がいっぱいあるじゃないか
いやいや半纏なら それなりに重量があり
かえって暖かさを実感できる
など 夢を見ているようなものです

いずれにしても ちょっと必要な人が必要に応じて使うという話どまりです

個人レベルの消費を脱皮できない
脱皮する気もない対策ですから
こうしてぐずぐず言いながら 大量廃棄処分という行く末を見ることとなるでしょう

マスクばかりが無駄遣いではなく
もっともっと目を向けなければいけない無駄遣いがいっぱいあるでしょう
取り返しがつかないから 無駄遣いというのですが
損切も時には必要で その対応はなるべく早く これにつきます。

貯蓄型傷害保険



損害保険として代表的なものといえば
自動車保険であり、火災保険と言えると思います
そして つぎに傷害保険となると思います
・・・・・・・・・・・・・・・
傷害保険は、「急激・偶然・外来の事故」によるけがで、入院や通院、手術、後遺障害、死亡の場合などに保険金が受取れる保険
・・・・・・・・・・・・・・・

傷害保険で特にいえることですが
思うような保険商品があればまだましで
商品そのものがなくなったり
年齢とともに 保険加入条件が上がり 年齢という いかんともしがたいもので加入できなかったりという事態となります

保険商品があれば まだまし というべき状況です

今回 貯蓄型の傷害保険が満期を迎え
当然継続を考えていましたが
商品自体(貯蓄型傷害保険)が無くなっていました

この保険に加入した当時 
すでに 貯蓄型をやっている保険会社そのものが数社でした

掛け捨てタイプに移行することを考えるべきか
保険加入そのものをどうするか 考えなければと思っています。



おまけ



思わず 足を止めそうになりました

ちらっと見ただけなので
誤ったことを言うかもしれません

わが家は 物を増やさない
これが 基本になっています

先日 芸能人夫妻が終活でブランド品の食器を処分したら
一枚100円だったという話をしていました
そんなものでしょう

100万円以上した毛皮のコートを
1万円で買い取りしていった とも言っていました
そりゃ T万円ならいい方でしょう
今時 毛皮のコートなど身につけたら 後ろから石を投げられそうです

物はいらないといっているにもかかわらず
今回 危うく足を止めそうになりました
箱入りビールが 手引きキャリアーに乗せられて並んでいました

酒類売り場のメインの通りです

一瞬気をひかれたのです
え〜これがおまけ!!

ウィークディを車無しの生活をしているので
キャリアーの必要性を感じることはあり 事実一台持っているのですが
持ち歩くにはいろいろ難点があり
結局ディバッグに押し込むのが一番 という生活をしています

キャリアーに箱入りビールがセットされ
さ〜お持ちくださいと言わんばかりで
思わず足を止めそうになりましたが
見てはいけないものの前は 素通りする
これが鉄則ですから
守りました

久しぶりに のめりこみそうになったおまけ でした。

コロナ感染者数



今や コロナ感染第6波は確実となりました

感染者数の増大を受け
無症状の人がどれくらい
という数字が出ています

数字を聞かされる度
無症状の感染者をどこでカウントしているのだろう と
疑問を感じていました

少しわかってきました
無料のPCR検査です

千葉県の場合ですが
・・・・・・・・・・・・・・・・・
感染不安を感じる無症状の県民にコロナ無料検査を行うと発表した。期間は22年1月31日まで。
検査は県内の「ウエルシア薬局」各店舗など約140カ所で行う。コロナ感染の「確定診断」には該当しないため、保健所に発生届は提出されない。陽性判明時は速やかに医療機関を受診するよう求める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

感染が低年齢化し始め ワクチン接種をしていない子供たちや
入学試験を受ける人たち
また その家族
40歳代ぐらいまでが 検査をしたいという 範囲に入るでしょう

そこで 無症状の陽性者が発見され カウントされているという事になっているようです

そう考えると
第5波の時
発熱等症状が出て 医療機関を受診し陽性と判定された数字と
今回の症状がない陽性者
これを同列に考えていいのかどうか
第5波のデルタ株の時 同じ検査方法を取っていれば 陽性者として挙がってきた数字は違っていただろうと推測します

感染者数いついつの何倍とかいうのは
検査体制が違い あてにならない数字という事になります

ちなみに 140か所の検査拠点一か所に電話問い合わせをしたところ
「検査キットが入荷せず 入荷予定がわかりません」
こういう回答でした

あ〜またかいな
必要となるであろう検査キットの数は
県民の数とニアイコールのはずなのに
あと10日も残して 検査キット不足

恐らく検査数が減るので
陽性者数も伴って減ることと思います


自己防衛が緩まないよう 気を付けるだけです。

マスク



今や 日常必須のマスクです
マスクを忘れて家から出ると 
「おや なんか忘れ物??あららマスクをしていなかった」

これほど 体の一部になってしまいました

このマスク 基本的には外したい と 常々感じるのですが
一つこれはいいと思えるのは
この寒い 空気の冷たい時期
マスクをすることで 相当暖かく感じます

夏になれば 暑いとは言うものの
目の下〜顎まで マスクで覆うわけで 日焼け防止にもなります

まるで 目だし帽感覚ですが
考えようによっては なかなかのものです

ある人の言わせれば
スポーツジムでのマスク必須は つらい中で 心肺機能を上げることに寄与していると思える と言います

されど マスク生活ですから まずもってマスクをしても
日常を送らなければならないところです
マスクをしても少々の負荷は平気 と ならなければなりません

昨日の歌会始の映像を見て 雅子皇后が着席されても 呼吸が少しお辛そうで
胸が他の皇族方より大きく波打っていたのが
少々気になりました。

ペキンオリンピックの対応



ペキンオリンピック開催まで あと10日を切りました
ここにきて 東京が歩んだように
観客をどうするか コロナに翻弄されているようで
発表されたところでは
一般観客を入れない 決められたグループのみの観戦となるようです

オリンピックも 一つのイベント としか捉えられない立場から
つい去年のことである東京での対応と比較してしまいます

自国開催のものに対して 
無観客だの
小学生は入れるだの
チケットの払い戻しは どうなるだの
関心持たずにいられませんでしたが

お隣の国がどう対応するか
聞こえてくれば

あ〜そうですか

これだけです

あれだけ騒いだ 東京オリ・パラでしたが
世界中から見れば
関係者の強い関心と
一般のほとんど無関心 これで成り立っていたことが
今回の ペキンでよくよくわかりました。

クラスター




新型コロナウイルスが出現して 丁度丸2年というところです
2年前のあの頃は 先々現状のようになるなんて想像もつかず
季節性インフルエンザのほうが怖いと 警戒していたものでした

出現して間もなくは 感染者の多くが50歳以上 もしくは60歳以上という年齢層であり
クラスターと呼ばれる現象は カラオケ屋さんであったり イベント会場であったりしました

2年間の変遷ののち オミクロン株が大手を振っていますが 感染者の出現場所も
千葉県で言えば

一宮商業高校の男子生徒7人
市立船橋高校で四つの運動部活動に所属する計27人
柏井高校では、生13人が感染
長狭高校の生徒8人感染
等々

若い層のワクチン接種率が低いと聞いています
ワクチン接種を受けているかどうかの影響が出ているのかどうか
わかりませんが
クラスターの出現場所も変わってきました

重症化の様子は 無いようです

空気感染、エアゾール感染があるとする話もあって
これは相当に注意が必要と思っています
マスクに改めて 注目です。

情報


新聞のメリットは
記事を載せる側の判断で掲載しますから
読み手としては それなりの情報が得られるというところがあります

本日 千葉版を開くと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「千葉とく旅キャンペーン」の割引旅行・宿泊商品の新規予約受付及び「サンキュー❤ちばフリーパス」の発売を停止します。
「Go To イート」事業の食事券についても、1月15日(土曜日)から当面の間、販売を停止します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうありました

食事券については コロナ5波の時と同様
使用期限は 延長されることでしょう

これらの情報は 新聞に目を通していたからこそ得られたものでした
ネット上の千葉県の地域ニュースなど スポーツの話題か 今時ならコロナの感染者数が満載ぐらいにしか思っていないので 開くことはありません

紙ベースの新聞だと タイトルだけでもそこそこ目に入ります

決して紙ベースの新聞がいいとは思っていませんが
情報者が情報を受け取る側にタイムリーな発信をしてくれないので
こうなるわけです

例えばGO TO EAT事務局は 利用者に対し(メールアドレスは必須となっています)
希望者だけにでも その時々の情報を流すことは必須と思えます
今回のように 販売一時停止 など

今や交通機関の遅延情報など非常にきめ細かく送られてきます
それでも 駅に行ってみないとわからないという事は 何回も経験しました

それよりはずっと安定した 決まり事を流すわけですから難しいはずはありません

ちなみに 上記発表は1月13日でした
本日14日朝 GO TO EAT事務局のサイトには 販売停止は掲げられていません
本家本元と思いますが なかなか期待通りにはいきません。

使い道



「アベノマスク」つづきます
昨日のブログに
・・・・・・・・・・・・・・・
在庫枚数と申込件数を比較してもしょうがありません。在庫枚数と申込枚数を比較して頂戴。
・・・・・・・・・・・・・・・
的確な表現で フォローいただきありがとうございました


さて そのマスクに配布希望をした人の使い道
ココが気になるところです

再配布の話を聞いたとき
私は当初から譲れないものとして
マスクはウイルスの侵入を阻止できること 
これを一番に挙げていて
布マスクを邪道と考え 選択肢にないのですが
世の中 気にする人は
使い捨てマスクのうえに
ファッション性を考慮して
デザインされた布マスクをつけていたりするようです

しかし 今回のアベノマスクとなれば
ファッション性という面からは 選択肢にはならないでしょう

リサイクルするとすれば ほどいて 広げて何かにすることになりますが
相手がガーゼですから ほどくことで結構なダメージがかかるはずです

ゴムだけ抜いて 何枚かつなげて
ハンカチ、タオル代わりにするという道はありそうですが
さてさて
配布希望8万5千件の使い道は どんなものなのか聞かせてもらいたいところです。

殺到



これを殺到というだろうか
ふつう言わないと思いますが

人呼んで 「アベノマスク」
昨年末時点で約8千万枚の在庫(他の布マスクもあり)があり、保管には6億円がかかっていると指摘され
年度内に廃棄するよう指示が出ていました

そこで 誰でも考えることでしょうが
先ずは必要な人がいるなら 今一度配布しましょう
必要な人 手を挙げてください
こうなったわけです

8千万枚の在庫に対し 1月6日の集計で
8万5千件の配布希望があり 希望受付は1月28日までとなっていました

配布希望が1件当たり千枚となれば 在庫をオーバーするわけですが
一体 何枚の配布希望があるのか

ココがなんとも関心のあることで
在庫枚数 8千万枚 と
配布希望 8万5千件
という比較は いったいどこから来たのと言わざるを得ません

朝日新聞ニュースからピックアップしましたが
このタイトルが
・・・・・・・・・・・・・・・
年度内廃棄予定のアベノマスク、配布希望者殺到で申し込み期間延長
・・・・・・・・・・・・・・・

対称が違うものの数字を並べて 殺到とかいう言葉を使う
ダマシに飲み込まれてはいけません。




成人式



成人を迎えた年 成人の日の思い出というのは ほとんどなくて
区役所から案内が来ていました 
母は 「成人式ぐらい行ったらいいのに」
と 言っていたように思いますが
「行かない」の一言
その日何をしていたかも覚えていないし
ただ 仏壇の横に区役所から送られてきた記念品があったような気がします

それから数十年
いつも利用している運動公園の横、道路隔てた向かい側に町の会館があって
晴れ着を着た女性をのせた数台の車を見かけました

成人の式典でもやるのだろう そんな思いで眺めていました
方や運動公園は いつもなら小学生のサッカーチームが練習していることが多いのですが
日曜日は社会人チームの練習日だったようで
ロングパスやシュートのボールの勢いは
小学生とは全く違う 音を聞き 景色を見ていました

式典が終わったらしく 式場から出てきた彼らは
何やら大声で騒いでいましたが
お祝いの会でも催されていたのかそのうち姿を消しました

どんな一日を過ごしたのでしょう
よい人生となることを お祈りします。

 

電力供給



案の定 電力需要がひっ迫し
使用率は午後3時台に97%まで上昇したと聞きます

東北の震災で 福島第一原子力発電所を止めた夏には
電力の逼迫状況がしょっちゅう示され 節電節電を求められたものでした

あれから11年になろうとし
何とか再生エネルギーで賄う体制づくりをしているようですが
何とも 自然任せの部分が大きく
脱炭素という流れは
石炭火力 石油による火力発電の採算悪化で 発電所をいくつも休止していると聞きます

採算悪化で発電所を休止している
こういう話を聞くと 非常に疑問を感じるのです

電力料金はその時々の状況で変動します
逆に言えば 絶対赤字にならない 
基本的に供給することが 絶対の義務なわけです


赤字を出さない体質の会社が
電力供給不足をおこしたら
即座に 会社解散でしょう

いったいいつまで
脆弱な送電網増強急務 とか

平気な顔して言っているのでしょう
聞きたくありません。




正月飾り



クリスマスイルミネーションは華やかにきらめき
そのキラキラは 駅前ではいまだ健在で
数本の大きな木に絡まり 色とりどり輝いています

それに比べ 正月飾りはますます見ることが少なくなり
10年前までは 私も 自治体が配布する 表札大の印刷された門松を張り付けたりしたものですが
それもしなくなり
わが家は 神棚があるにもかかわらず 榊もお供え餅もすっかり忘れていました

但し 
森羅万象に神が宿ることを 漠然とイメージし
先祖への感謝の気持ちは 何かの時に 思い浮かぶ
そんな 日常を送っていると言っていいと思います

人は 形を求めるといいますが 
自身の腑に落ちているものには
100%当てはまるとはいいがたく
自然体で いつも寄り添っていると 形に表すことはなくとも
その時々 感じるものはあります

正月飾りはなくとも 新年は懐かしくもあり 喜ばしくもあります。

てんこ盛り



新年を迎えました
富士山のご来光を
テレビで 見させてもらいました
ありがたいことです
例年通り お家で 新年あけまして おめでとうございます
良い年になることを祈りました

今年もよろしく お付き合いをお願いいたします

さてさて 1月も5日を迎えると
魚河岸も開かれ 例年 大間のマグロの初セリ価格が話題になります
いつの年からか注目を浴びるようになり 
ある時は 3億円を超えたこともありました

今年も 話題になる価格で競り落とされるこどんなものでしょう
この コロナ禍の中 飲食店の底力は どんなものでしょう

暮れから お正月にかけての魚屋さんは
冷凍、養殖のオンパレード
三が日に覗いたスーパーでは 寿司売り場に色とりどりの盛り合わせが並び 買い求める人も多くいました
今や 新年は おせちより すしパックのほうが幅を利かせているのではないかと思うほどです

あまり好印象ではないお正月の魚たちですが
そこに輪をかけて とあるチェーン店では

てんこ盛り祭り

需要を見込すから供給があるわけで
どうも私など 取り残されているようです

さて スタートです。






Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(3855)

Link

Search

Free