選挙

国政選挙の準備が進められています。

そして 私がウィークディを過ごす町は 自治会長の選挙が行われます。
これが1つ 私にとっては負担です。

候補者の誰をも知らないからです。

おまけに投票用紙は その時の班長が回収に来るといったシステムで
そんなわけで いい加減なチェックマークで提出し 誰に投票したか記憶に残らない
そんな塩梅です。

ここで 話はちょっと変わります。チェックマーク レ点 に対するイメージです。
私は 表の中からどれかを選びなさいと言われたら、マークのか所に丸印を付けます。
これが ○です。
という気持ちで マークします。

この頃どうも違うようです。
選んだものは チェックマーク レ点なのです。
たしかに チェックマークといわれるので そういう意味のレ点なのかもしれません。


とやかく言っても仕方ありませんが、レ点って これは終了、チェック済み という時に使うように思いますが・・
段々変るものです。

歯医者さんの贈り物

3か月ごと 歯医者さんに行くサイクルが 今 気に入っています。

診療に終わりに 3ヶ月後を予約し 歯のお掃除です。
予約の日が近づくと お知らせのハガキが来て それを持参すると歯ブラシのプレゼントがあります。

プレゼントの歯ブラシは 90%が普通サイズで、残りの10%ぐらいが 子ども用の小さなものです。
今回は 乳児用とも思われる一番小さなものを貰って帰りました。

「お孫さん用ですか?」と聞かれても不思議ではなく
そうなりたくないな・・
と思っていました。

何も聞かず 「小さいのですね」と手渡してくれました。

3か月毎の 歯の掃除は30分で終わります。
たいして汚れている訳でもなく 
”綺麗に磨けています。この調子で頑張ってください”
と 励まされ、「はい!」と元気よく答えたりします。

汚れはこまめに 掃除しましょう。
歯にも言えます。

暖冬

今日の天気予報が外れる事もしょっちゅうなのに
3か月予報なんか あてになるかい!!
など 聞いたりしますが

今年の冬は 暖冬傾向、降雨量平年より多めの予報です。

原油価格は下がっているのに 、円安で 東京電力は1月からまた電力料金を上げるとかいう情報です。
中小零細企業は、全くもって 大変です。

円安・株高って 私には恩恵なし。
シルバー世代の大部分は、消費税率アップと、商品価格の値上げで あまり楽しい気分ではないはずです。
緩やかな インフレ・・・
モノの価格が上がっただけ でした。

ともかく 暖冬という事です。
四季を楽しみたい私には 少々不満ですが、お日様サンサン ポカポカの冬。
これもいいということに しておきます。

渋柿

裏山では 渋柿が 朝日に映り とてもきれいでした。

家の中から見ていると 小鳥がやってきて 熟した実をつっついています。

どうなんでしょう。
今頃になると、木成りの渋抜け熟し柿になっているのでしょうか。

小鳥たちがつっつくのは いずれにしても熟した実なので、恐らく 「渋」は抜けているのでしょう。

柿の下に立ち 「鳥がつっついていない柿はあるかな」と、見上げました。
今頃の 渋柿は 渋抜け柿 になっているのかいないのか、自分で食べてみれば 結果が出ると思いました。

でも 止めました。
管理され 生産されたものでないと、もぎ取って 口に入れるのはなかなか出来にくいものです。

騒ぎ

夜中というか 早朝 というか 
近所の公園で 男女の怒鳴りあいが 延々続いていました。

眠気の中で 延々と続いたという印象でしたが、もしかしたら そう長い物ではなかったのかもしれません。

男女とも 甲高い声で 日本の言葉ではありません。
片方が 三言もしゃべれば そこにかぶせて相手方が怒鳴っています。
そして そして
その間を割って こどもが ぎゃ〜〜〜〜と泣くのです。

まるで 安ドラマのワンシーンのように。

布団をかぶりながら
「早くどこかへ 行っちゃえ!・・」
と 相変わらずウトウトしている私でした。

言葉が分かれば 面白がって聞いていたかもしれませんが、何しろ他国の言葉 雑音にしかなりません。

冷え込んだ夜中に(早朝に?)子どもを連れて 外で・・
何をやってんだい。

集中

ウォーキングマシンは あきてしまうので 動画を見ながらトレーニングしたら、時間が早く経った。

というのを耳にしました。

ウォーキングマシンがあきること、”ながら” でやれば少しはましな事を、私も知っています。

そんな時 二人の発言を思い出します。
一人は きくち体操の大御所 菊池和子さん
もう一人は 怪我をした時 指導を乞うた インストラクター。

二人とも、
「強化 もしくは 呼び覚ましたい筋肉には 意識を持たなければいけない
内筋ならそこを 背筋ならそこに意識を持って トレーニングしてください。」

それを 出来るだけ実践しようと心がけています。

昔から”ながら”は苦手なのです。この齢マスマス苦手度は増しています。
1つづつ片付けないと、抜けます。

そんなわけで、「トレーニングは集中」を 心がけています。



手袋

寒くなり始めました。

去年使って 洗濯をし しまったはずの手袋が見つからず
どんぐり庵に持って行ったかと どんぐり庵でもあちこち探して 見つからず
謎の日々でした。

何か ちょっとした気分の加減で
仕舞い場所を変えると このような事がおきます。

やっと 見つけました。
考えてみれば、そこにあってもおかしくないな と思うようなところに入れてありました。

手袋は ニットのものが一番好きです。
指にキチンとフィットするからです。
フリースも暖かく 軽く 締め付け感がないのはいいのですが、フィットという面では、やはり ニットに軍配が上がります。

人によっては はめたり、外したりするのに そのフィット感が邪魔で スルッと外せる方がいいという声も 聞きます。

手の大きさにも関係があるのでしょう。

兎も角 見つけてヤレヤレです。


バックアップ

データーのバックアップの話です。

バックアップファイルを作るのは 簡単そうで案外エネルギーを必要とします。
私は 苦手な部類です。

しかし ふと考えると なんだかんだ言っても「田園ノート」も10年の月日が流れ、時々の事が書き込まれています。
レンタルサーバーは 最初の頃はバックアップ体制をとっておらず、個々のユーザー任せでした。
「例え データーが失われても 責任は負いません」
そのようなスタンス です。

そこに今現れたのが 1月300円でスケジュールに合わせてバックアップを自動的にとります。
というメニューです。

大体バックアップというのは 復元もややこしいものだったりします。
データーベースのデーター復元など、学習し直さないと出来ないと思います。

ところが そのメニューの内容を確認すると、復元も簡単 みたいなことが書かれています。
何でも便利で お手軽になります。
いい事です。

保険に入ったつもりで、バックアップ契約をしようと思っています。

モグラ

どんぐり庵では モグちゃんと呼ばれています。

何匹いるのやら トンネルを作ると地上の土が盛り上がり、
「ここに 通り道を作ったね。」
とバレバレです。

植樹された木々の 最も大切にしなければいけない「毛根」の周りをトンネルで空洞化させます。

水分も、もちろん栄養も行き届かないので、木が弱ります。

所詮 追いかけっこになりますが、見つけ次第 園芸用の小さな鍬で トンネルの破壊をし、根の周りの土を整えています。

話によれば モグちゃんは完全に肉食系で、植物の根をかじる事はないようです。
追っかけこにはなりますが、根っこをかじる○○虫等々を捕獲し、土を掘りフカフカにしてくれるので、後始末は必要ですが、害虫退治に協力してくれていると理解しています。

看板が先

通勤途中
大手居酒屋チェーンが店を縮小し 1・2階だったものを2階のみとし、1階は大規模改造が始まっていました。

安さで売っていた居酒屋も そろそろ飽きられてきたのかな・
とその後の動向を見ていました。

撤去・改造と思いがけないスピードで進み
中を覗くと カウンターとテーブル席。
入口は 靴を脱いで入る作りになっていました。

お寿司屋さんね。
と一目で分かります。

じきじき完成なのでしょうが、早々看板が付けられました。
やはりお寿司屋さんです。
当然チェーン店でしょう。
私には よくわかりません。

ひとつ なるほどと思った事があるのです。
早々 看板を立てる。これです。

イメージでは 何事も「銘」を打って終わりでしょうから
看板は 店が完成し 回転の直前に掲げる
でしたが
道行く人に ここにこんな店が出来るのだ をアピールし
開店=あそこ
を狙うのでしょう。

なるほどね。

水分1500cc

一日の水分摂取量 1500cc
これを目標に 一日を振り返ります。

食事の度に何らかの形で 500ccづつ 摂取すれば目標に達します。
食間に 2〜300cc と頭においています。

若い人たちの中には 駅に立ってはペットボトルを口にし、電車に乗っては口にし、座っては口にし を 行動のリズムの中に取り込んでいる人もいますが
さすが 私はそうもいかず
机の上に カップが置いてあり それにそそいで飲んでいます。

お風呂から上がって 飲み物が欲しいと思った事はありませんでしたが、飲まなければと心がけています。
そんな時は スポーツドリンクです。口当たりがいいので、飲みたいと思っていなくとも、飲む事が出来ます。

年齢が上がるにつれ のどの渇きに鈍感になるそうで、
心して水分補給をしましょう 
この 実践を始めました。

公孫樹(いちょう)

少し高台にあるスポーツセンターの公孫樹は、色付き 葉を落とし始めていました。

どんぐり庵の公孫樹は まだ やっと色付いたという感じです。

ご近所は常緑が多く 何といっても県木が「マキ」ですから 紅葉を楽しもうと思ったら少し遠出をせざるを得ません。

スポーツセンターに通うようになり2回目の秋ですが、実に見事な植栽の紅葉を見る事が出来ます。
春は春の花の楽しみもあるのですが、秋のこの紅葉までも計算した 庭師はどなただったのでしょう。

見事な作品であり それを継続して管理する事も大変重要なことだったでしょう。
苦しい時 もちろん 良い時もあったでしょう。
多くを乗り越えたのですから、今後も この景色を楽しませてもらえるよう願います。

人間ウォッチング

ある日のランチタイム。

私の席から 真正面に見る事が出来たテーブルでは
4人のゴルファーが食事をとっていました。

食後のコーヒーを飲みながら
一人は 政治家批判やら 小笠原にうろうろしている中国漁船に対応をいかにするかなど
自分なりに感じている事を グループに向けて発するのですが
3人が 3人とも 大して反応を示さないのです。

1つ聞こえてきた反応は
「中国漁船など あんなおんぼろ船を拿捕し、没収したら スクラップが増えるばかり、処理に又金がかかる。」

と言いつつ 今の現状をドウコウ言うのかなと思い 耳をそちらに向けていましたが、そんな事もなく、それでお終い。

利害関係のない 健康のためにゴルフでもしようかというグループの様子です。

一人喋っていた人はいつもああで、あのグループは きっといつもあの調子なんでしょう。
折角集まったんだから、もうちょっと会話を楽しもうとすればいいのに と思いました。

されど あのグループにはあのグループの日々積み重ねがあって、仲間は
「あ〜またか・・・」とうんざりしていたのかもしれません。

瞬間ウォッチングでした。 

脳しんとう

スケートの羽生選手は アジアGPの6分間練習中 接触事故がありました。
羽生選手は 競技に出場しました。

その様子をたまたま テレビで見ていました。

頭を打った様子なので 当然試合を棄権するだろうとみていましたが
結局復帰しました。

この頃のスポーツ医学は 脳しんとうを重大にとらえている事を知っていました。
私の漠然としたイメージは 意識消失 があるというものでした。

もう一度 確認したく思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本ラグビーフットボール協会の安全対策マニュアルに示されている脳震盪の定義を示しました。
「グラウンド上で明らかに頭部打撲が認められ、受傷時に応答(意識の状態)、あるいは身体活動に何らかの異常が認められたものは、すべて競技規則にいう脳震盪に該当する」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして こうも書かれています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
競技復帰に向けて

実際のスポーツ現場では実務上、明確な意識障害を伴う頭部打撲より、むしろ症状が軽くて早急に競技復帰の可否判断を求められる例が問題となり、意識消失の有無で大きく分かれます。意識消失(−)、記憶(−)の消失、頭痛、吐き気、めまいもなくジャンプやダッシュでも平衡感覚に異常がなければ競技は復帰可能です。ただし頭痛や顔面蒼白があったり、興奮状態のときは復帰させず監視下に置くべきです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり 意識消失が大きなポイントとなるようです。
今回の場合、映像で送られてきた範囲では意識消失はなかったように思われるので、
本人の判断と報道されていますが 競技復帰が認められたのでしょう。

ともかく 怪我は重大。
事故の無いよう、最善を尽くさねばなりません。

買ったら捨てよ

衣類の整理術として 一枚買ったら 一枚捨てよ
と言われます。

まだ着れる・・でも着ない
整理しましょう と いう事です。

私の場合 大きく分けて3つのシチュエーションがあります。

ビジネスマン・里山人・作業者

作業者としての衣類は 大体が棄てる一歩手前みたいなもので、改めて準備することは稀ですが、前出2つは 季節が変わる頃になると あれやこれや目に付くものです。

大体 捨てる事を考えて新しい物を買うのではなく、買ってから考えるので、そうバランスよく 買ったら捨てよ の通りにはいきません。

収納場所が足りない。
こうなりつつあるのですが、出来れば今の収納で賄いたいと思っています。

定期購入

インターネットサイトでは 定期購入という企画をしている所があります。

消耗品を契約し、毎月一回 または 数か月毎 定期的にその商品を届ける というシステムです。

利用しています。

先日 その商品の入荷の目処が立たないので 送れない
と連絡が入りました。

そんな事ありかな・・廃番になるのかな・・
と思い調べてみると
メーカーサイトで
”商品は 全く変更ありませんが、商品名が変わりました”
という説明がなされていました。

なるほどね。
販売サイトは 商品名で品物を探すから、商品名が変われば、それでアウト!!
人の手が加われば
こうこうしかじか の案内が出来るでしょうが、放置のようです。

商品が入手できない事に対する、定期販売側のお詫びのメールは それはそれは丁寧なものでしたが、こうしてみると 定型句が送られてくるだけで、
顧客のために何かをしているかというと、
期待するだけバカと言われそうです。

そして 中身は変わらず品名が変わったという商品を
サイトでは キッチリ扱っているのです。

ま〜そんなもんでしょう。

キティちゃんは猫じゃない

てっきり 猫だと思っていました。

ハローキティが40歳のお誕生日を迎えたそうで
そんな中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ハローキティは猫ではありません。彼女はマンガのキャラクターです。小さな女の子であり、みんなのお友達です。でも、猫ではありません。彼女は決して四つん這いにはなりません。二本脚の生き物と同じように歩き、座ります。そして彼女には“チャーミーキティ”という猫のペットがいるのです」


「彼女のフルネームはキティ・ホワイト。星座は蠍座。好きな物はアップルパイ。彼女には双子の姉妹がいます。永遠の3年生で、ロンドン郊外に住んでいます」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も びっくりしました。

リンゴジャム

季節なので
2回目のリンゴジャム作りをしました。

素材が今一つでした。
先週買った紅玉は 採れたてを感じる固く締まったものでした。

あれからまだ一週間、まだいいリンゴが手に入るだろう
と 選びもせず安易に買い物かごに入れました。

これがいけなかった・・

調理しようと包丁を入れた時に、パキッとした感覚がなく 2等分すると
リンゴのお尻から 上に向かって3分の2位 皮から1センチ位の深さで 茶色に変色しスカスカしています。
7個入りで 3個がそんな状態でした。

「よほど保存環境が悪かったな。こりゃ・・」
と思いつつ、返品の気力もなく いいとこ取りのジャムを作りました。

こういうことに出くわすと 私の性格上
「もう一回作ろう」
と なってしまいます。

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(2795)

Link

Search

Free