飴色の味醂

保存庫の中に 古い 年代物の味醂発見。

開栓してあり 賞味期限など3年前に切れていました。
普通なら 「やめておこう」と ジャ〜と棄ててしまう私ですが
「待てよ これは 貴重なものかもしれない。濁っている訳じゃないし 高級品の色じゃないの」
と 自分に言い聞かせ
なめてみると、大丈夫そう。

年代物の味醂。
これは、大変美味しいものでした。
まずは お試しに 揚げ を煮てみました。
いける!いける!

卵焼きもいける!いける!

味醂はその都度買わずに、大量に買って一升瓶に入れて熟成すべきかと思っています。

パッティングスタイル

時々 ゴルフをテレビ観戦します。

vivakenは言いました。
フェニックスを見ていた時だと思います。 
「石川遼選手のパターは長い。あと1インチ詰めれば 彼はもっとパッティングが良くなる。」
かつて シングルを張った vivakenの目を 私は疑いません。

さて そんな中 世の中は ”ロングパター”(長尺) とか ”ベリーパター”(中尺)があふれているようです。
そのスタイル、使い方について 米ゴルフ協会、ロイヤル・アンド・エンシェント・クラブから 使用法制限の提案が出ました。
2016年 ルールブックの改定に向けての提案です。

グリップエンド を体の一部に付けて パターを振り子のように使うことを認めない
という 制限です。

個人的には 好まなかったスタイルなので大歓迎です。
恐らく ロングパターを竹ぼうきのように使う人は いても超少数派でしょうから、何となくすっきりするって感じです。

運転マナー

恐らく 運転マナーというのも 地方色が濃いものなのだと思います。

まず 首都圏とは 道路構成が違いますからね。
 
くねくねうねった道を 目的地は「北」の方向なのに、「突然南へ向かえ」という 我が家の人間ナビの指令が出たり、
北西方向のどんぐり庵に向かい「これが 三角形の一辺。あなたが行こうとしているのは、三角形の二辺」といわれつつ、時に 真南や真東に向かったんじゃ 訳分からなくなってしまいます。

都内のように 一方通行・一方通行 で めぐりめぐって 訳分からん  という事はありませんが。

マナーという面では、車の数量も多く、駐車場も狭く、その割には比較的大きな車に乗っている人が多い都会では、慎重さと譲り合いの精神で行かないと、結果的に自分に厄介な事が降りかかってくる事になります。

どんぐり庵周辺で思う事。
駐車場も、道路も同じ速度で走っているんじゃないの。と思わせられる時がある。
優先道路に交差する道で 優先道路を走る車の直前で合流してくる。
べたべた 後ろにぴったりくっついてくる。なんとも下品。
ウインカーが遅い。

よそ者はとっても気になるのです。

秋山

裏山の渋柿は 鳥たちのご馳走となり、または 秋深い里山の風景を彩ったりしています。
黄金色のイチョウは葉っぱを落とし、ガマズミが赤々と実を付けています。

種から芽を吹いたもみじを ここ5年 vivakenが 囲いをしたり、案内棒を立てたり、刈払い機で傷を付けない算段を重ね、大切にしてきた結果 大変綺麗な葉っぱを見せてくれています。

もみじは 春に赤々と芽を吹くものもありませが、やはり 「錦織なす・・」と歌われるように、秋 赤い色を添えてくれるものを、楽しく感じます。

散歩をしながら よそ様の山にみられる 赤い色を
「あそこにも もみじ があるね」
という私に、
「違う!もみじのかっこうじゃないよ。あれは・・・」
といいますが
なんのなんの どんぐり庵の山もみじだって もみじの形とは言い難く、枝がみんな天に向かって すくすく伸びています。

チャップリン

チャールズ・チャップリンの 
”人生には3つのものがあればいい。希望と勇気とサムマネー。”

そしてもう一つ

”そうだ人生はすばらしい。 何より大切なのは勇気だ、想像力だ。”

後者を好みます。
新しい事をやろうとする 勇気。
新しい事に 足を踏み入れる勇気。

経験に基づいた想像力。

そんな事を思いめぐらせた、3連休でした。

暦・小雪

さてさて 冬も本格的になるよ という頃 小雪です。

明日は天気が崩れるようで、こんな時、

「安易に山に入り 命を落とすなど無いように万全にね」と
気にかかります。

渡辺 玉枝さん(登山家)
10年前 63歳で女性では世界最高齢で エベレスト登頂に成功。
という方です。
聞けば 日々のトレーニングは 畑仕事。ジョギングもジムもメニューにありません。

富士山麓で成長期を 家の仕事を手伝う事が結果的に体づくりになったと聞きます。

ジムに通うようになり、全身の筋肉を刺激することで活力を取り戻しつつある私は、どんぐり庵で経験した土との格闘は、全身のバランスを崩すばかりで、メリットは感じられませんでした。

成長期の環境が その後の身体の在り様に、大きく影響しているのでしょうね。

カキフライ

マガキの季節がやってきました。

夏に 岩牡蠣の美味しいのを堪能した私は、マガキはいらないとかなんとか言っていたのですが、カキフライの話題が耳に入り始め、ここは1つ 夕飯のおかずにカキフライを作ろう ということになりました。

カキを購入するに当たり
vivakenは 「生食用が新鮮なんだから 生でも食べられるカキがいい」といい
私は 「加熱用のほうが味がいい。加熱するのだから」
と意見が分かれました。

半年前の サバ事件もありますし、ここは 意見に従わずにノロウィルスにでもとりつかれたら どんぐり庵出入り禁止になってしまうので、生食用を選択しました。

油の温度は180度。
検索すると これには間違いがありません。揚げ時間は1分程度。

何処にも文句のつけようの無い 手順・作り方をしましたが 美味しくない。
IHの鍋が悪いのか(この鍋 カラっと揚がるので、天ぷらには非常に良い)、カキの持つ美味しさの問題か よくわかりませんが 物足りない。

殻付きの岩牡蠣を、直火で焼いたあのミルキーさは全くありません。
試行錯誤しようかとも思いますが、ひょんなことで ノロウィルスと出くわすのもかなわないので、撤退しようかとも考えています。 

自治会役員選挙

市川市の自治会の話です。
私の住む地域にも まだ自治会組織があります。
年会費 2,400円。夏休みの盆踊り、お祭りの手伝い、神社の餅つき 等が主な行事です。

その役員の選挙が、4年に一回あります。
会員ですから 当然投票用紙が配られますが、選挙運動などある訳もなく、大体定員何名なのか それも記載されていない広報が回ります。

「住所が一番近い人に投票する」
手がかりになるのは これぐらいしかありません。
されど 隣の番地の人が立候補しても、その家がどの家なのかも知りません。

この 自治会というのも そろそろ考えどころです。
都内では とっくに無くなっていますし 行政が対応すれば済む事ばかりじゃないでしょうか。
行政があと一歩住民サービスに力を注げば、解消してしまうと思います。

グループで リクレーションを楽しむ目的なら、ほっておいたって 自分たちの事は自分たちでやるでしょう。
盆踊り愛好会があって それでいいと思います。

行政が住民のそういった”意”をくむ事が 大事と考えます。

体幹トレーニング

時々耳にする 体幹トレーニング。

筋肉を整え 軸をしっかりさせようという事 かな と思っています。

確か 学生の時 体育のカリキュラム 「体育理論」の中で、そんな話があったような気がしたりします。
私の通った某大学は、体育の講義というと 足を肩幅に開き、手を後ろに組んだ体連の連中が 出入り口に数名陣取り 出欠をとり終えるとエスケープする学生にニラミを利かせる役目をしていました。

あのころ スポーツは練習さえこなせば 上手になるだろうと思っていたし、スポーツ理論が必要だという事自体が身についていなかったので、講義の間ナニをやってたのでしょうね・・ほとんど覚えていません。

今振り返れば 教養課程で高校の焼き直しじゃなかったのは、体育理論位だったじゃないの と思うのですが、後の祭りです。

兎も角 今頃になりまして、体幹トレーニングなど 関心を寄せております。

新酒

ボジョレヌーボ とは 単にワインの新酒と理解していたので

どうして 空輸されたワインだけが評判になるのだろう
この頃の 国産ワインは随分美味しくなっているので、新酒が話題になっても不思議じゃないじゃないの

てな具合でした。

調べてみると、フランスのボジョレーというところで生産されたワインの新酒の呼び名でした。
バブル期には 相当な価格だったように思いますが、今や700円程度のものも出ています。味の程は知りません。

ではでは ヤマナシヌーボといきましょうか
ということになりますが、熟成を旨とするワインなのに あえて新酒など、お祭り気分でたまたま口にしたとしても、続きそうにはありません。

新酒 しぼりたて といえば やはり日本酒でしょう。
秋川の「喜正」など おすすめです。

銀杏

茨城県産の銀杏が出ていました。
粒が大きくて 揃っています。

栗の美味しさで感動した私は、茨城県産と聞くと それだけで嬉しくなります。

銀杏のスジが入ったところに ウォータープライヤーをあててつぶさないようにゆっくり割れ目を入れます。
そのあともう一度角度を変えてプライヤーを当て あとは 指で割っていきます。

きつい臭いが漂いますが、暫しの事。
それを空炒りし、ヒスイ色になったら 塩をふりかけ いただきま〜す。

未体験ですが 銀杏ご飯というのもあるようで、一度は作ってみなくては・・
と思っています。

快適な靴

ウォーキングシューズが タウン用にデザインされた靴ばかり履いています。
ヒールの高い靴や 幅が狭い華奢な靴を はかなくなりました。

しかし デザインという面では 大満足を得られるものは乏しく、靴選びも 機能優先という現状です。

履きなれている メレルに欲しいデザインが見つからないまま、靴を買わなければという事が頭の片隅にありました。

何かのひらめきで、”ロックポート”を思い出し
サイトを確認すると
・・・・・・・・・・・・・・・・
今日、ロックポートはアディダスのパフォーマンステクノロジーとともに、スタイルに快適性を提供するフットウエアブランドの中でリードし続けています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

へ〜 アディダスね・・ と 何となくイメージで納得し 買ってみる事に決めました。
今週中には届くはずですので、楽しみにしています。

外食産業のライバル

大手チェーン店の苦戦が伝えられます。
大手スーパーも同様で ダイエー 西友など 食品・日用品 100品目以上の値下げが発表されました。

外食産業をしのいでいるのは、中食といわれるコンビニのお弁当らしいです。

先日 茂原の”あんぽんたん”というパン屋さんに寄りました。
お昼は 総菜パンと野菜たっぷりスープ がメニューとなったからでした。

この店の屋号は カタカナ、ひらがなで書くと何やら訳が分かりませんが
”UN pont,un” フランス語ですね。夢の架け橋 だそうです。

野菜サンドイッチに コロッケサンド ホットドッグにカレーパン あともう一個忘れました。
これで 1,070円。

冷蔵庫にあった野菜をどんどん刻んでスープにし、塩麹で調味し
「このサンドイッチ 美味しいね」と 成る訳で、外食産業のライバルは、外食産業だけじゃない。

実感した どんぐり庵ランチでした。

コーヒーメーカー ガラス容器

手がすべって コーヒーメーカーのポットを割りました。
床に落としたのですが 振り向きざまに落とした事も手伝って、ガシャガシャに壊れました。

さて 補充。
もともとは アマゾンで買った パナソニックの製品です。

まずパナソニックのサイトに行き、コーヒーメーカーの製品記号から ポットの部品番号を確認します。
名称は ガラス容器となっていて パナソニックのサイトでも購入できるようになっていました。

さて 送料無料のアマゾンは。
ありがたい事に 用意してくれていました。

どういう訳か パナソニックの製品は、アマゾンで 大変割安に買う事が出来る事が多くあります。パナソニック好きの私には大変ありがたい事で、その上 交換部品も用意してくれていて 送料無料なんて なんとも・なんともありがたい事です 。

皮革のそめ直し

修理してでも大切に使う といったレベルのものは身の回りにないのですが
先日 システム手帳をそめ直ししようか と考えました。

バイブルサイズの手帳を持ち込み まず 見積もりをしてもらうと
そめ直しだけで 6000円ということでした。

皮がやせている所の補修も 皮を重ね合わせるという作業で、修理も可能だそうです。

しかし6000円ってね。。

とりあえず 一息考えようと思い、価格を聞いてその場は引きさがりました。

小さな工房があり その店で加工をしていました。
染料が棚に整然と並び、一瓶1000円はするだろうな という思いで眺めました。

クリーニングして、染めて、定着剤をかけて・・
ま〜 仕方の無い金額かなと理解を示す半面

このままでいいっか。
赤茶色の靴墨を塗り込んで そこそこごまかす事にしよう。

と 夜な夜な 手入れを始めるのでした。

醤油麹

醤油麹 2回目のチャレンジは 乾燥麹2袋で一気に作りました。

真夏に作った醤油麹が お味噌みたいな固さになったので少々使いづらく、今回は 1袋の水分量を 様子を見ながら増やしました。

乾燥麹を使う場合は、お米の芯が残らないよう保温が必要です。
炊飯器を使ったり、グリルを使ったり 皆さんいろいろ工夫されているようですが、私の場合は大き目の鍋にお湯を沸かし、その中で湯煎のように麹を入れた器を浮かし、お湯を温め直す事を数回繰り返します。
それから2週間 常温で毎日かき混ぜながら、熟成させます。

麹の分量を増やして 大量熟成させたのが功を奏したのか、10月という気候が最適だったのか 前回以上に甘みが出て 美味しい調味料になりました。

先週は vivakenが
「最後の味の決め手は、醤油麹」とじゃがいもを炒めた物を作ってくれました。
ふりかけ代わりに 醤油麹をご飯にのせて 美味しい美味しいと食べている私は、このジャガ炒めも とても美味しく思いました。

詰め替え洗剤

食器洗い機専用洗剤は 小さな粒状で、詰め替えは当たり前になっています。
スプーンは 食洗機ごとに付いていますから 洗剤にスプーンが入っている事はありません。

さて 洗濯機となると
洗剤の計量スプーンは洗剤ごとで それも 洗剤には必ず計量スプーンが付いています。
洗剤ごと 若干の使用量の違いがあるのでしょうが、しかし そんなにシビアに計量しているかといえば、私などは いい加減なものです。

液体洗剤は詰め替えが当たり前。

と 気にしていたのが 昨日のおまけ洗剤の話を思い出していた時でした。
そうしたら 今朝のニュースで

・・・・・・・・・・・以下 引用・・・・・・・
花王は6日、来年4月下旬に衣料用洗剤「アタック」シリーズから、粉末タイプの「アタック高活性バイオEX つめかえパック」を発売すると発表した。粉末洗剤向けの詰め替えパックは業界で初めてという。
・・・・・・・・・・・引用 終わり・・・・・・・・

使いやすい取っ手が付いたプラスチック容器入りにしたものを、詰め替え容器と共に期間限定で売れば、案外売れると思います。

その他メーカーも 対応をお願いしたいものです。

販促グッズ

おまけなど ロクなものがない。これは 我が家の鉄則ですが
こんな事がありました。

新聞の契約更新で ボールドという洗剤を貰いました。
vivakenはアタック一辺倒。私は ニュービーズと、同じ洗剤を長い事使っていました。

洗剤のコマーシャルは 相も変わらず しろ〜い!ふんわり・・と相も変わらず。
それゆえ 違うものを使ってみようなど 考えもしませんでした。

始めは あ〜あ こんなものもらっちゃって と 否定的でした。
しかし使っていくうち、仕上がりが良く、少々の染みが抜けたり、フンワリ仕上がったり、思い切って すすぎ1回で対応したところ これも問題なし。

我が家は ボールドファンになってしまい、洗剤は切り替えてしまいました。
まとめて買った柔軟剤の、さて運命は。

こういう事が起きると、おまけもあながち無視できなくなります。
メーカーとしても 見逃せない販促方法でしょう。

消耗品の使い心地を納得させるに、新聞販売店のおまけは 結構威力があると思いました。

ながらみ

ながらみ という貝があります。
千葉県では それを薄味の醤油出汁で煮たものが 袋に入って売っています。
山梨県の 煮貝みたいな感じです。

去年は トコブシを煮付け 一晩味を染ませて美味しく食べました。
今回は ながらみ です。

vivakenが 「ながらみを煮たよ。一晩おいて 明日食べよう」
という事で 楽しみにして食べました。

楊枝で クルンクルンと抜き出して、いただきます。
少々手間はかかりますが、カニ程やっかいでもなく、スムースです。
1個 砂が入っていましたが、めげずにクルンクルンと 抜き出して美味しく頂きました。

塩茹ででそのままという場合が多いようですが、こうして味を付けた方が、少し上品に食べる事が出来るように思います。

ながらみ に出合ったら 一度お試しください。

5年前のスリッパ

5年前に買った イボイボスリッパ。

あら こんなものがあったのだ
という具合に 買った事をすっかり忘れ 収納箱に入っていたスリッパを履き始めました。

10日も経たずして、15mm位の底ラバーと スリッパ部分がはがれました。
見てみると 両面テープです。

時間経過で、劣化したのでした。5年も経っていますから。

そこで、それでは ボンドで貼りましょう。
と ボンドを探すと、これも 5年も経とうかという 開封済みのボンドがありました。

よしとし 修理が出来るぞ

と ボンドを押し出しますが、一向に出けきません。
カチン・カチン にかたまっている様子もありません。

だめだ!だめだ!こりゃ ダメだ!

早いもので どんぐり庵が出来上がって、もう5年。
どんぐり庵が出来上がって以降 ボンドを使った記憶がありません。
一度開封したボンドが使われる事もなく 5年間道具箱に入っていたのですから無理もない話で、さて 接着剤を買うのか、スリッパを買うのか。

気分次第です。

建て替え工事

御近所の建て替え工事は 先日24日が建前でした。

今週は 朝8時の時報を聞くと、金づちのトントンや エアーのプシュプシュが聞こえます。
そう大きくないマンションが側にあり、音がそこに反響して、違う方向から聞こえてくるように思えます。

出来れば 日々の進捗状況を見たいのですが、周りをすっぽりネットで覆っているので、確認することはできません。

それでも3階部分までの 壁板が張られた様子がうかがえ、建て替え中の建物の西側にあったお家は、わずかの期間 東側が開放し 朝日の恩恵も受けたでしょうが、それももう かなわぬことになりました。

近所の賃貸で 出来上がりを待つ施主さんは、毎日毎日が楽しみの事と思います。

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(2796)

Link

Search

Free