立冬

さてと 今月も今日でお仕舞
11月へ突入です
台風の直撃を受けることもなく 10月が終わります
よい季節です

春と秋
どちらの季節が好きかを言えば
どちらも好きですが
若いころ 20代までは断然春でした
今や 秋もいいね
いい季節だねと会話が交わせる気分になるほど
秋も 秋なりの 心地よさを感じます

夏が力いっぱい暑かったからでしょうか

そう言っているうちから 予報によれば 11月初めに
夏日程度の陽気が戻ってくるという事も聞いています

立秋が8月初めでしたから
暦の上では 11月8日が今年の立冬です
夏日程度の陽気と 暦の立冬が隣どおしになりそうです

気温の変化で体調不良を起こさないとも限りませんが
農作物には迷惑かもしれませんが
寒いより 暖かいほうがありがたいと感じます。

実質値上げ

房総方面の特急列車の自由席を
2024年春で廃止し
全車指定席にする

JR東日本からの発表です

自由席という選択肢が無くなると
止むをえず 車内清算となる場合がありますが
チケットレスに比べると それなりの手数料がかかります

外房線の帰宅時間帯の下り電車は そもそも本数が少ないので
今乗れる 目的地への到着時間の一番早い電車に乗ります

ちょっとスケジュールが変わると
いつもより5分遅く最寄り駅につきました
どんぐり庵についたら いつもより30分遅かった
これは 間違いなく起きることです

そうすることが発表された以上
従わざるを得ませんが
ここで一言

都内もしくは周辺は
これがダメなら あれこれ 代替えの手段はいくらでもあります

千葉房総半島に限って言えば
内房線は まだましですが
外房線となると千葉から先
房総半島の先っぽ迄行ける 快速電車などありません
かろうじて 一宮は快速の恩恵を受けますが
1時間に一本あればいいほうで

特急も1時間に一本は あるか無いか
その特急が 実質値上げですから
1時間に一本の快速に目が向きます

あれこれ言いません
兎も角 安心安全の交通手段であってくれればいいのです
ちょっと大雨が降ると
いつも同じ区間で運行見合わせ
これは無くしてもらいたいものです。

秋サケ

今年は 北海道産秋サケを
とんと見かけません

去年は 豊漁の掛け声とともに
10月半ばごろから店先に並んでいたように思いますが
今のところ 養殖の銀サケばかりを見かけます

その代わりというのか
天然のブリを目にします

一体秋サケはどうしたのかと思っているのですが
聞けば 海水温が高くサケが寄ってこないとか
サケは 生まれた川に戻って産卵すると思いますが
それもかなっていないという事なのでしょうか

それとも 去年の豊漁の掛け声で
獲り過ぎたことが影響しているのでしょうか

海水温が高いというのは 去年も大して変わらなかったと思いますが
1度 2度の違いが 致命傷になっているのかもしれません

秋サケが無くても どうという事はないのですが
サンマの次は サケかもしれない
そんなことを心配したりしています。

うり坊

イノシシの幼少期は
背中にウリのような縞模様を由来として
”うり坊”と呼ばれます

この頃の クマが市街地に出没するニュースや シカが何かと衝突するニュースを見聞きするにつけ
彼らが安穏に暮らせる環境が 心もとないものになっている
いつか 人間にも降りかかる何かを示唆しているのではないかと
漠然と考えます

さて 夏の暑い頃
里山の日陰を選んで散歩していました
散歩コースとしては 時々利用する 山と田んぼに挟まれた道です

恐らく都会から引っ越してきたと思われる一軒の家があり
垣根は 若干回してありますが
開放的なたたずまいになっています

時々 犬や猫が庭で遊ぶのを見かけていました

その夏の日
その庭に うり坊が一匹 木の根元にいるのを発見

基本的に単独行動はしないはずと思いつつ
もしかしたらこの家のペットの一員かしらと思ったり
いずれにしても 最悪は親のイノシシが近所で見張っていて
何かあったら それ出動とばかり体制を整えていて
私が襲われたらえらいことだ
と そうそうに通り過ぎました

まさに 触らぬ神に祟りなし
走ってはいけない
超速足で遠ざかりました

心の中では もうチョット観察したかった
そんな未練が残りました。

おむすび

行列ができる○○

この頃は おむすびやさんが話題になっているらしい

価格帯で 300円〜700円と聞きますが
テレビの画面から流れてくる
うま〜い おいし〜
を なんとなく冷めた目で見てしまいます

1斤700円の パン屋騒動の二の舞 三の舞を演じないようにね
と思います

昔を思い出すと
塩サケ たらこは 上等おむすびで
次は 鰹節
梅干しに至っては なぜか ビンボー 貧しさを感じていました

日の丸弁当と言われた
梅干し一個しかおかずがないという 貧しさを感じさせられたのか 
少なくとも通じるものを感じさせられたでしょうか

今や お米はこれこれ
海苔はコウコウ
塩も こうこうと加わり
当然具も盛りだくさんな上

握らない
重ね合わせるだけ
全く違うものになっています

朝早く出発し 山を歩く
そんな時代がありました
昼食には 「コンビニで買えばいいよ」
と言われながら 自分が納得できず
おむすびと 茹で卵の昼食を 何の飾りもなく
ただちょっと贅沢に サケやたらこのおむすびを海苔で巻
ラップに包んで担いで出かけた

そんな思い出が 褪せずに印象に残っているので
どうも 新しいものに手が出ません。

シンプル減税

ここにきて 所得税減税の話が持ち上がっています
一年間の時限的な措置 といわれ この辺りはまず決定でしょう
その後何が控えるのやら
ついつい増税が頭をかすめます

その所得税減税に思うのですが
たかが1年とするなら
手間もかかるし 手続きも面倒だし
ここはひとつ
それそれ マイナンバーカードの活用ですよ

マイナンバーカードを使って
コロナ給付のように 一律給付をすれば事は簡単で
一回で済みます

何よりこの時限的な所得減税は 
公平だとは思いにくいのです
これから税金を納める人が減税の恩恵を受けるというのは チョイと疑問です

ここまで頑張って たくさん税金も納めました
でも所得税減税が実行されるときは 何らかの理由で収入は得ていません
なので減税の恩恵は受けられません

これはいけません

折角のマイナンバーカード
今こそ活用の時です
国民一人に一律いくらで
国からボーナスを出す

これが一番シンプルと信じます。

更新してシャットダウン

更新してシャットダウン と出るので
それをポチするが 
次の シャットダウンのとき
またも
更新してシャットダウン
と出る
Win10です

こんな訴えがあり
それは気持ちが悪いね となりました

更新履歴を見ると
未更新項目が 中途半端に残っていたので
それを手動で 更新しました

結果 更新内容が設定できないので
元の状態に戻します

メッセージが返ってきました

中々おりこうさんだね

再設定が終わり シャットダウン
もう一度立ち上げて シャットダウン

OKです
メッセージは消えました

パソコンのスペックから言ったら
そこが問題になるはずはなく
なんかが 何かなんでしょう

このマシンは WIN11にアップグレードを求めているのかな
と 考え始めています。

キンモクセイ 

今年は キンモクセイの開花が遅くて
2週間は遅れた感があります

どんな花木もそれなりに芳香を発しますが
キンモクセイはその代表です
ちなみに 時としてこの香りはくしゃみというアレルギー症状を発します
時々 マダラですが
キンモクセイだ・・くしょ〜〜ん となることがあります

vivakenは もっとひどくて クションクションを連発し
「秋のなんかの草に反応している」
本人はそう言っていますが
私は ご近所のキンモクセイに反応しているのではないかと思っています

花木は 花の盛りを終え 花が乾燥し 縮んでくるとなお一層
その香りが強くなります
ウメも散り際に その香りをより強く感じます

キンモクセイも終わりの頃となりました
10月もあと10日
台風の来なかった10月 となるのでしょうか。

中央線快速グリーン車

2024年末 ですから 来年の末以降に導入されるという
中央線快速グリーン車が公開されました
 
通勤時間をいかに快適に過ごすか
また 高齢化する乗客のニーズ
インバウンド
これらへの対応と思われます

東京−大月間  
あと 青梅線の立川−青梅間
通勤時間帯ばかりでなく 休日をアウトドアで楽しみ
ゆったり着席して帰路につくというのも
選択肢として 高得点が得られると思います

快適を求めるニーズにこたえていくという事と思います

私は 外房線 各駅停車を利用したりします
着席率はともかくとして
空調が程よいとはいいがたく
風がまともに当たるところにいようものなら
羽織物の対策は必須です

そんな愚痴を秘めながら
時間通り チャンチャンと運行してくれればそれでよし
いわば そんなあきらめの境地です。

電力利用

電力利用7%減というタイトルが目に飛び込み
この夏の猛暑そんなことがあるはずがない

もう一度読み返すと
”ピーク時”
という事でした

東電管内で今年のピークは
7月18日PM3時 5525万キロワット
昨年はは8月2日PM2時 で その時より405万キロワット 約7%下回った

そんなことより 電力不足が叫ばれる中
全体使用量のほうが大事
と読み進むと 
夏の電力量(夏の基準がどう設定されているか 定かではありませんが)
一日当たり 2.6%増えた

これでも やかましく電力不足をマスコミ、政府こぞって叫ばなかったのは
ヘタに言って 熱中症が増えたらえらいことになる

そんな観測もあったのでしょう

電力の供給量で言えば冬のほうが問題が多いでしょうが
いままでの経験では どういうわけか 節電といえば=夏
という感じがします

暖房は ガス、灯油など選択肢があるからでしょうか
何はともあれ 停電だけはご勘弁願いたし  です。

トー横

トー横という言葉を耳にしていました

渋谷の東横
東急百貨店東横店 とか
東横線 等が頭に浮かび
少なくとも 渋谷の話と思っていました

澁谷のスランブル交差点辺りで
それなりの問題行動があるのか
と思っていたのです

ところが ところ変わって
新宿歌舞伎町の話だというのではありませんか
・・・・・・・・・・・・・・
新宿・歌舞伎町で「新宿東宝ビル」周辺の路地裏でたむろする若者トー横キッズ
・・・・・・・・・・・・・・

社会問題としての トー横をあれこれ言えませんが
犯罪のきっかけ 温床にもなりかねないとみています

とんだ トーヨコ違いでした。

マラソングランドチャンピオンシップ

パリオリンピック マラソン競技に派遣される3選手のうち
2選手を選出する競技会が 昨日15日日曜日開催されました

国立競技場を スタートし ゴールもまた 国立競技場でした

誰がパリへ行こうとも 
メダルが狙えるレベルにないといわれるオリンピックのマラソンですが
さてさて 誰と誰 が2枚の切符を手に入れるのか 興味があり
また雨が降ることは確実と思われていたので
どんなレース展開になるか興味がありました

午前8時のスタートはありがたく 午前中に結果を出してくれると
一日を長く使うことができます

昨日から 散々報道されていますが
2枚の切符を手にした選手より
話題をさらったのは スタートから35キロ付近まで独走を貫いた
川口選手でした

前回東京大会のMGCも同じような
設楽選手の 30キロあたりまでの独走でした
川内選手がそれを意識したかどうか 定かではありませんが

少なくとも前回の評価では
設楽選手アッパレ とか このレースの立役者とかいう声は聴かれなかったように思います

当時設楽選手は オリンピックへ向かう有力候補であり
今 川内選手は オリンピックは目標にないといい
そんな事前情報の中 このレース展開にビックラコン

結果 川内選手にアッパレの嵐が吹きました。

不祥事

ニチダイの次はリッキョウですよ〜
今度は 監督ですよ〜

軽いノリで行ってしまいそうです
 
大学駅伝 出雲大会が終わり
駒澤大学が今年度の学生日本三大駅伝を制するかどうか
楽しみにしている中
水を差してくれました

立教大学 陸上部駅伝チーム監督が
部の女子学生と云々
最初は学校側も「謹慎処分」と表明していたので
一人の女子学生に 特別のえこひいきでもして
それが問題になっているのかと思いきや
一転 「解任」
不倫と判定する材料が出てきたのでしょう

2023年の箱根駅伝では その少し前から
立教の陸上部駅伝チームの監督は
チームの学生より コーチのほうが速いといった評価
又は 55年ぶりの予選会通過で
話題になり
練習風景が ドキュメントされたりしていました

シードはとれていないので
2024年の箱根 予選会からです
おまけに明日14日が予選会となっています

大学側の
・・・・・・・・・・・・・・・
「学生・部員の保護ならびにケアを最優先とし、慎重かつ適正な対応に全力を尽くす」
・・・・・・・・・・・・・・・
ホントにね よろしくお願いしますわ。

神無月

藤井八冠誕生です
将棋中継を見ていると 気力、体力の勝負という事がうかがえます
勝負の世界 全てに言えることと思えます

体育の日が過ぎ 急速に涼しくなりました
神無月と言われる10月は
雷が鳴らなくなる月 とか
初霜が下りるからその準備をする月 とか
時雨が降る月 とか 言われてきました

いずれにしても さすが四季に恵まれた国日本を思わされます

思い返せば
初回日本開催のオリンピックは 10月だったわけで
やはり ベストチョイスでした

アレコレ事情があって 先のオリンピックは8月開催となったらしいですが
開催国の負担費用は半端なものではないわけですから
開催国の都合に合わせるのが 常套な判断と言えると思います

IOCの発言力が開催時期を決定する こんなことは 
いずれ この競技会からみんなが離れていく結果を生むことと思います

次回パリ大会は どんな季節に行われるか 
承知しないまま発言するので
はばかれますが

マラソン競技に送り出す選手選考会MGCが 今週末行われます
このスポーツベストシーズンに選出した選手を送り出すのが
いいのかどうか 少々疑問でして
開催国の開催される季節も考慮して そういう時期に選考会をやるという
きめ細かい選考方法を取り入れるべきと考えています

MGCといえば10月
これ決まっています という運営は
あと一歩工夫してほしいところです 

神無月から マラソン選考会にいってしまいました
ご勘弁ください。

除名と離党

この頃話題の 維新の鈴木宗男氏
除名を伝達されるや 離党届を出し受理されています

除名されれば 党に復帰することができない
その程度しかイメージできず 
その他もろもろ除名により こうむる不利益は承知していません

いずれにせよ
例え離党であっても 党に復帰はあり得ないというのが現実と思います

しかしま〜 
やめさせられた=除名に比べると
やめた=離党 のほうが
本人主導ですし円満なものを感じます

そういう問題ではないのだと言われそうです

訪露問題にかかわる今回の件ですが
聞くや否や
そりゃ〜除名だな と思ったわけですが
札幌市民の意見の中には
除名は厳しすぎる などもあり
色々だな
と思った次第です。

大学駅伝

大学三大駅伝のうち
一番手の出雲駅伝が昨日開催されました

前日 ラグビーワールドカップ予選で日本が敗退し
バレーボール男子五輪予選兼W杯で アメリカに敗退し
残念!残念!が続いていました

大学駅伝となれば
我が母校はこのところ低迷で 勝利の可能性はほぼほぼないので
昨年 大学三大駅伝駅伝を制した
駒澤大学はいかに
ここが注目点でした

監督も名物監督大八木さんが 会長となり
藤田監督の采配は さてと 

と関心を持っていました

結果 駒澤の完全優勝に終わり
試合後の監督胴上げの前に 大八木会長の胴上げでした

昭和世代は 会長が前に出るなんてありえない
こうくるところでしょうが
今の若い人たちは 違います
ある意味で 肩書ではなく 誰が功労者なのか
はっきりと行動で評価し 表すのです

自分たちにとっての功労者は誰か
そしてそれを引き継ぐ 監督の苦労も
きっちり見ています

私が同世代だったころと比べると
今の世代の大人っぽさに 恥ずかしい思いすらします

大学三大駅伝制覇に向け
最初の一歩を踏み出しました
今後の活躍を祈ります。

いきなり北風

昨日の帰宅時間には
北風が吹いていました

暑いが主流のお天気に いきなり北風が加わりました

すれ違ったカップルが
スマホを見ながら「23. 何とか度」
と言っていました
雰囲気から 先日我が家で話していた
「25度は夏日なのだ」
こんな話をしているように思えました

朝起きて 22〜3度となると
短いパンツじゃいられず
半袖Tシャツだけではいられず
7分のパンツに ソックス 長袖の羽織物となります

冬から春へ 22〜3度となると
エアコンに手を伸ばす人も多い時期です

順応ってそういうものなのです

それにつけても 昨日はいきなり北風
この言葉 そのまんまでした。

決済いろいろ

15歳以上の日本の人口
約1億1千万人

スマホ決済 PayPayの利用者数は6千万人を超えたという事を目にしました
スマホ決済市場のシェアに対しては
約70%を PayPayが握ります

決済の回数を クレジットカードと比較すると
昨年の集計ですが
クレジットカードが約158億回
スマホ決済全体で 70億回(そのうちPayPay47億回)

回数比較でいくと
スイカなど電子マネーを超えています
毎日電車の乗り降りに使われているだろう電子マネーを 
スマホ決済が超えているのです

クレジットカードにせよ スマホ決済にせよ
都会で暮らしていると それを利用できるチャンスはたくさんありますが
田舎暮らしと比較すると 大きな差があります

何しろ10年前に 
やっとのことで近所のスーパーでクレジットカードが使えるようになり
PayPayが使えるようになりましたとチラシが入ったのは
今年のことです

道の駅は クレジットカードと電子マネーは使えますが
スマホ決済に対応していません

クレジットカード決済 電子マネー決済 スマホ決済  現金
どれにでも対応できるよう準備していないと 心配です
1000円以下なら電子マネー決済 スマホ決済
それ以上なら クレジットカード
現金は 現金でなければ決済できない こういう場合だけです 


振り返ってみると 財布に入れてある現金は
かつてに比べると ほんの小額になったことは間違いありません。

酵素玄米

小豆をプラスした酵素玄米を食べるようになって
4〜5年になるでしょうか
色々な特徴 期待できる効果 など耳にしますが
劇的に何かが起こるわけでもありません

雑穀のごはんが好きな私は 玄米のごはんは好みでして
毎日一食は 酵素玄米です

教えられた通り 小豆と共に炊いてもらっていますが
シンプルに 玄米だけ

これも美味しいものです

キッカケは
「小豆を入れるのを忘れた」
これなのです

つい最近 小豆を入れ忘れた結果です

丁度新米の時期ですから
玄米ご飯とはいえ お米そのものも美味しい時期です

小豆なしで これでいいとさえ思いました

しかし どうして小豆を入れることが推奨されているのか

念のため確認してみると
大した理由という理由もありません

雑穀、大麦、ハトムギ 色々試して気に入ったものをどうぞ
言っている人もいます

小豆は 入れてもヨシ 入れなくてもヨシ
玄米を炊いて寝かせて
酵素玄米にすると 腸内環境改善の助けになる
微量栄養素が取れる
そのあたりがメリットでした。

年齢主義からの脱却

昨今 ”消齢化社会”というワードを目にします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
年齢による価値観や嗜好の多様化により、年代別に分類することが不可能となった「消齢化(しょうれいか)社会」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若い人たちが
年齢を超えた それも 両親世代以上に対しても 
その接し方が
変わってきていることを 感じていました

かつては あの爺さんばあさん 全くしょうがない

そんな感じが漂っていたように思います

言われたくはありませんが
その”ばあさん”と言われてもおかしくない年齢になり
かつてとは違うものを感じていました

その背景にあるものが
”消齢化社会”
なのだと 理解し始めています

多分 私たちの世代は ○○すべきだという
例えば 習慣に従うべきだという概念が薄くなってきています
人や 周囲に迷惑にならない限り
自分の自由でいよう
そんなものを持っていました

また ネットの情報やサービスは
悪しき部分もありますが
平滑な情報を与えられることとなり
年齢差なんてありません

こういうものを手に入れ
こうしたい
此れが日常的に可能になっています

使える時間、体力という年齢差はあるものの
全世代でしたいことが 自由にできるようになって来ている

”消齢化社会”
全くその通りであり
隠居なんてクソクラエと思っている私は
この先の人生が明るく感じます。

暑い・暑いもそろそろお別れ

10月になり 鮮やかな色合いから どこかしっとりした色合いが恋しくなる季節が目の前です
日中の真夏日も 日没が早いので
早々に涼しさを感じます

立秋が過ぎると朝夕めっきり涼しくなる
と かつては言われたものですが
その言葉が 
中秋の名月が過ぎ 朝夕の涼しさ よ
と 言う感じです

天気予報ならぬ電気予報が出され
節電が叫ばれたのはつい数年前のように思えますが
熱中症予防もあり その電気予報で騒ぐこともなくなりました

それなりの対応策が練られているらしく
どう対応するか やる気を出すか出さないかがポイントなのです

みなさまのご協力云々の前に
やることをやらなくてはね

そんなことを思いながら
そろそろ 冬の暖房のことを心配し始めます

かつてない・・記録的な・・
こんなお天気と付き合っていくわけで
扇風機を片付けるには ちょっと早く
夏物を最後の洗濯をして しまうにはまだちょっと早すぎます

されど あの暑さとは そろそろお別れのようです。

Profile

image
tiara
里山の暮らしはいかに・・。
vivakenのカーチャンとか オッカーとか 呼ばれる日が、来るのだろうか。

New Entries

Comment

Categories

Archives(4256)

Link

Search

Free