順番

今朝は窓の明かりで目が覚めました5:30でした

自然は正直なもので春分が過ぎると温かくなり次々と草木が花を咲かせます

その順番も毎年変わりませんでした

しかし今年は少し事情が違います

黄色いレンギョウが咲くと次は早咲きのツツジです

ここまでは例年通りでした

裏山の早咲きのサクラのヨウコウが次に咲くはずですが

何とシダレザクラが一番に手を上げました

通常はヨウコウが咲き ソメイヨシノが咲き ヤマザクラが咲くころに
やっとシダレザクラが咲きます

その後にフジザクラという順番ですが今年はシダレザクラが一番でした

シダレザクラが植えられている場所は入口から入ってすぐの左側の斜面です

ここは花木にとってあまりいい土ではありません

過去にツツジを十数本植えましたが今は細々と一本だけ残っています

この一角にはシモクレンがありますがこれは毎年元気に咲いてくれます

もう一本カイドウがありますがこれは一年おきに良く咲いてくれます

今年のシダレザクラはそのシモクレンやカイドウより早く咲き始めました

こちらとしては順番がどうあれしっかりと咲いていただければ文句はありません

ウグイスの鳴き声に順番がありませんが先週から美しい声でさえずるようになりました

お役御免

年金受給者への5000円支給案が白紙に戻りました

参議院選挙に向けた誰にも見え見えの「高齢者騙し案」は没になって当然です

「検討使」はこんな案は検討しないでその場で却下しないとダメです

白紙に戻したという事はすでに次の案が出来ていないといけないのですが

「検討使」のことだからこれから検討するのでしょうか?

さて五輪担当大臣兼ワクチン担当大臣の堀内詔子が3月末でお役御免となりました

オリンピックも終わりコロナ第5波も終わった時に岸田内閣が誕生しました

その時に同じ宏池会で女性議員の堀内に「白羽の矢」が当たりました

国民にとっては「黒羽の矢」でした

岸田は第5波が終わり油断したのでしょう

何もできない堀内をワクチン担当大臣に任命しました

何もできないのは当然で

堀内は山梨の山林王の超お嬢様で幼稚園から大学まで学習院

大学の時は秋篠宮と同級生

一時は令和天皇のお后としてリストアップされたほどです

堀内家に嫁に入りました

旦那は富士急行の社長

義父は元通産大臣の堀内光男です

義父が政界を引退した後に地盤 看板 鞄があるので政界に出ました

こんな背景から誕生した堀内に政治など無縁です

国会答弁では官僚の文章を朗読するだけです

頓珍漢な朗読に「読むページが違うぞ」とヤジられるほどでした

兎に角 3月末でお役御免となり国民はホッとしています

もっとホッとしているのは本人の堀内です

さらにホッとしているのは「検討使」こと岸田のはずです

月火水

朝はラジオをラジコで聞きます

基本的に6時から8時までの2時間です

水曜日は8時からニッポン放送の「垣花正 あなたとハッピー」があり

経済アナリスト森永卓郎が出演するので時々聞きます

森永卓郎の気取らないミーハーの所が気に入っています

ほとんどは下らないことを話しますがたまにいい話をします

森卓はTV ラジオで人気者なので時々TVでもコメンテーターとして出演しています

TVに出る森卓は本来のミーハー的な面はまったく出てきません

でも「垣花正 あなたとハッピー」ではミーハー要素満載です

昔はモヒカン 今はスベンソンの垣花正との相性がよくテンポが良い会話が
成立します

その昔 垣花正が全く売れない頃 森卓が手を差し伸べた過去があるようです

その辺りから二人は気が合うのかもしれません

4月から月火水の3連ちゃんで森卓が出演することになりました

森卓は獨協大学の教授です

授業に差し支えがないのでしょうか

週に一回だから新しい話題が聴けますが週3回になったらどうなるのでしょうか?

ウイーンの居住するコロラトゥーラのソプラノ歌手の田中彩子は3歳からピアノを始めました

ピアノが上達するに従って難しい曲に挑みますが ある時 自分の手が小さく引けない曲が出てきました

絶望の中である人に高音が素晴らしいので声楽の道を歩んだらいいと助言を貰いました

18歳の時単身でウイーンに移り声楽の勉強を始めました

22歳の時スイスのベルン市立劇場で「フィガロの結婚」をソリストとしてデビューしました

その後も着実に実績を重ねて2019年には「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれました

ピアノを続けていたらここまで上ることは出来なかったでしょう

同じように女性ジャズシンガーの綾戸智恵は幼いころからピアノを始めましたが

クラシックは手が小さいので曲によっては引けない曲があることが分かりました

両親がジャズを好きだった影響でクラシックからジャズに変更しました

ロスアンゼルスのライブハウスやプロテスタント協会でゴスペルを歌ったり
ピアノ演奏や歌唱などを展開しました

1998年にメジャーデビューし 

2003年には紅白歌合戦に出場して「テネシーワルツ」を披露しました

こうして見ると二人とも小さな手でピアノに挑戦してクラシックで挫折し

それを乗り越えた結果 素晴らしい今日があるという事になりました

タワーマンション

タワーマンションと言えば誰でも高層階に住むことを希望します

でも現実は厳しく富裕層しか購入できません

そこで高層階に住む住民は低層階の住民を蔑視する傾向が出て来るようです

高層階の住民と低層階の住民の間で分断が起きることになります

同じマンションで無言の嫌な雰囲気が生まれます


ところ変わって北朝鮮で最近出来た80階建てのタワーマンションでは
誰もが20階以下の低層階を希望するそうです

とくに10階以下に住めるのは党幹部に限られます 

20階以下は建設事業にお金を沢山寄付した人です 

一般の人は21階から80階が割り当てられます

その理由は電力供給が不安定で停電が度々発生するからです

停電すると水道は出なくなりエレベーターも使えません

そうなると高層階の住人は外出もできず悲惨なことになります

また高層階と低層階では内装の建築資材に差があります

高層階は安い建築資材を使った内装です

低層階は高級建築資材を使った内装になります

日本と北朝鮮では電力供給に問題があるのでタワーマンションの希望する階が逆になっています

あれっ?つい最近日本でも停電がありました

タワーマンションも停電になったようです

日本の電力供給は大丈夫かな?

近所の出来事

東京電力管内で電力がひっ迫して節電を呼びかけました

個人も企業もみな協力していました

理解不能なのは迷惑をかけている張本人の東電社長の節電のお願いとお詫びがないことです

さてドングリ庵に居る時は近所との会話はありません

家どうしが離れていることもあり都会と違って

垣根越しに挨拶とか 道路を挟んで挨拶という事もありません

外に出る時は車に乗ります

唯一の情報源はゴミ出しの時の床屋のおばあちゃんです

先日 5ヶ月ぶりにゴミ出しの時におばあちゃんに会いました

「隣同士なのにしばらく会わなかったねー」から始まり

近所の情況を教えてくれました

近所の家のお爺ちゃんが浴槽内で亡くなりました

おばあちゃんが買い物に行くのでお爺ちゃんが俺は風呂に入ると言いました

おばあちゃんが家に戻り風呂場を覗くと浴槽内で亡くなっていたという事です

今はおばあちゃんは都会に引っ越して家には誰も居なくなりました

この家はどんぐり庵から150m位の県道沿いです

大多喜に買物に行くときに前を通りますが

ここ数ヶ月人の気配がないので気にはなっていました

向かいの90歳のおばあちゃんが最近10日ほど入院していたそうです

息子が車で頻繁に出入りしているので気が付きませんでした

床屋のおばあちゃんの孫が大学を卒業して4月から睦沢役場に勤めることになったそうです

給料は安けれど安定しているからいいと言っていました

床屋のお爺ちゃんも睦沢役場に定年まで勤めていました

田舎でも5カ月間に近所で色々と変化がありました

花粉症

将棋の対局場が名古屋の駅前のミッドランドスクエアーの25階に設けられることが決まりました

従来は東京と大阪の2か所しかありませんでした

名古屋が地元の藤井五冠には嬉しい話です

この場所はトヨタ自動車のオフィスの一部を使用することで成立しました

これで名古屋の勝負飯の人気がさらに上がることでしょう

さて昨年から花粉症の目薬と内服薬を貰うことになりました

今年は昨年より症状が強く出ています

瞼を閉じる時にギシギシしてスムーズではありません

こういう感覚は初めてです

特に車に乗るとエアコンを入れるのでギシギシ感が余計に強くなります

目薬の「kure5-56」タイプがあれば欲しくなります

鼻はそれほどではありません

鼻がむずむずして時々くしゃみが出る程度です

よく透明な鼻水がスーと垂れると言われますがほとんどありません

喉のイガイガ感が出ると言われていますがほとんどありません

時々くしゃみが出る程度です

こうして見ると昨年より症状が強くなったと言っても

全体から見れば軽症の部類です

そうは言っても昨年貰った薬が水曜日に切れるので

面倒どうでも昨日医院に行って薬を貰ってきました

春の訪問者

やってきました!

待っていたどんぐり庵の春の訪問者が

道路沿いにあるレンギョウが黄色い蕾を膨らましてきました

ドングリ庵の庭に春を告げる最初の訪問者です

更に庭をチェックすると早咲きのツツジのゲンカイの蕾が膨らんできました

かなりピンク色がハッキリしてきました

同じく早咲きのヨシノの蕾もかなり色づいてきました

ハルイチバンはまだ蕾の膨らみが足りません

この3種類の早咲きのツツジが咲くと後は俺の番だと

次から次にツツジが咲き始めます

こうなるとどんぐり庵は一年で最も華やかな時期を迎えます

そうこうしていると裏山にあるソメイヨシノを始めとする20本位のサクラが咲きます

サクラの内先頭を切るのが早咲きのヨウコウです

まだ蕾は硬いようです

これからは毎日が楽しみです

栄養強化型

毎朝 最初に口にするのは伊藤園の「1日分の野菜」ジュースです

残り数が少なくなったので注文をするためネットで確認すると

同じ「1日分の野菜」ジュースで【栄養強化型】が目に入りました
中性脂肪・血糖値・血圧に対して強調されていました
価格は少し高いのですが大した問題ではありません

【栄養強化型】を注文しました

朝どんな味かな?と思って一口飲むと甘いのです

何でだろうと成分表を見ると

糖質が14.5gに対して19.0g
糖類が10.8gに対して13.9g

甘い訳です

食塩は0.62gが0.76g
エネルギー73kcalが99kcal
タンパク質2.3gが1.9g
リコピン16mgが6mg

でした

【栄養強化型】の定義をよく見ると

食物繊維3.0gが7.0g
鉄分1.8mgが3.8mg
この2項目が多い事を示していました

このために【栄養強化型】を今後も買うかといえばNOです

朝一番で甘い野菜ジュースには抵抗があります

カロリー 食塩は抑えたい タンパク質は多い方が良いと考えていますので

今回限りでおさらばします
明日18日のブログはお休みです

成功体験

2月24日にウクライナに侵攻したロシア軍は当初の目論見と違って
大苦戦をしています

その原因は成功体験にあるとロシア情勢の専門家は言っています

2014年3月の「クリミヤ併合」です

この時はロシア軍の前に全く抵抗がなく無血で成し遂げられました

「戦わずして勝つという孫子の兵法の最上の策を地で行った」と誇り

プーチンも「ロシア軍は信じられないほど見事な作戦だった」と自国軍の能力を賛嘆しました

今回のウクライナ侵攻作戦も前回同様に48時間で片付くと考えていました

誤算はコメディアン上がりのゼレンスキー大統領は何もできないと思っていたところ

命を懸けて国民を鼓舞し 国民もこれに呼応して命懸けで戦う覚悟を決めました

もう一つはウクライナの善戦を見た世界各国の応援です

経済制裁や軍事物資や情報提供など世界が足並みをそろえて協力体制に入りました

こうなると甘く見ていたロシア軍は作戦の立て直しを強いられます

人間は成功体験をするとそれが失敗するまで続ける傾向があります

「前回上手くいったから今回も大丈夫だ」という気になります

成功体験が大きればなおさら反対意見を言っても通りません

人間は失敗から学ぶ生き物です

3回目

3回目のワクチンを接種しました

当初はモデルナを考えていましたがtiaraに副反応が出たので

急遽ファイザーに方針変更をしました

3回目のワクチンは掛かり付けの医院で接種を考えていました

ネットで必要項目を記入して医療機関を選ぶ画面でクリックすると

1, 2回目を接種した医院が出てきました

どうも実績が反映されているようでした

とりあえず滑り止めと考えてチェックマークを入れました

その後に掛かり付けの医院を選択して滑り止めの医院を取り消そうとしましたが上手く行きません

まーいっかという事で3回目の接種も1,2回目と同じ医院に決定しました

昨日14日(月)にワクチン接種に行ってきました

予定時刻15時の10分前に就くと入り口から15人ぐらい並んでいました

最後尾に並んでいるとボチボチと後ろに並んできました

何だかんだ確認できただけで15人ぐらいいました

昨日は26℃と夏日だったのでTシャツの上に長袖のシャツ1枚にしました

前の人が診察室に入ったところでTシャツ1枚になって待ちました

副反応に備えて利き腕でない左腕に打ってもらいました

家に帰っても特に異常はなし

風呂に入ってからビールで3回目のワクチンに乾杯

最初に木綿豆腐で冷ややっことカツオの刺身(八ちゃんの御裾分け)

それと肉野菜炒めと6Pチーズ

副反応はありませんでした

今日はスポーツクラブの日です

元気に行ってきます

春の足音

春の本番の足音がさらに大きくなって来ました

裏山を見ると蕗の薹が成長して白い丸い花を咲かせています

ケヤキ コナラ サクラ ハゼなどの広葉樹も新芽を出す準備をしています
山が萌えてきました

こうしてぼんやりと裏山を見ていると14年前にどんぐり庵に来た時と情況は一変しています

当時の裏山は竹藪の中に杉が生えている状態でした

一歩踏み込むと薄暗くひんやりと感じました

業者に裏山の杉と竹を切る依頼をしました

2週間ぐらいかけて伐採をしてとても明るくなりました

でも切った竹は斜面に立て掛けただけでした

杉の端財もそこらに放置されていました

作業の内容について細かい契約をした訳でもないので

切った竹の処分と杉の端財は自分たちで処分しました

竹を引きずり出して庭の4ヵ所で燃やしました

朝から夕方まで燃やしました

何日掛かったか覚えていません

杉の端材は何か所かに積みました

あの頃は55歳ぐらいでしたから元気そのものでした

毎週土日に来てtiaraと朝から夕方まで作業をしました

どんぐり庵が完成したのが2007年末

2008年2月に定年になりその日からどんぐり庵で暮らしました

それから5年間は朝から夕方まで山の整備とドングリ庵の大工仕事でした

そんなことを思い出しながらぼんやりと裏山を眺めていました

苦労の甲斐があっていい暮らしができています

ちぐはぐ

先般 エコキュートの入れ替えをしました

長年使うものだしその間に故障が起きる可能性が高いので
10年保証の契約をすることにしました

ネットで機種名や製造年月日を記入して申し込みが完了しました
このまま支払いのページに行ってカードで支払い契約完了になるかと思ったら
支払は後日郵送する払込用紙でお願いしますという事でした

振込用紙が到着したので見るとJPやコンビニなど支払い先が記載されていました
しかし現金のみでカードがNGになっていました

旧道の駅の建物が今はJPになっているのでここで支払うことにしました

順番が来て窓口で振込用紙と現金を出すと
「手数料110円掛かりますがいいですか?コンビニだと手数料なしになりますけど」
どういうこっちゃ?

JPと同じ敷地に隣接してローソンがあります
隣りのローソンに行けば無料なのにJPで支払う理由はありません
ローソンに行って支払いが完了しました

それにしてもパソコンで申し込みだけ受け付けて
支払は後日振込用紙が届いて
現金以外受け付けない
JPに行って支払いをしようとすると110円の手数料が掛かると言われ
コンビニに行ってやっと支払いが完了

これが今時ダイキン工業のやることかい?
こんなもは一度パソコンの前に座ったら一気にできなければいけません

何とも無駄が多く ちぐはぐなシステムでした
ダイキンのイメージがガクンと落ちました

連敗防止

日曜日の夕飯は味の素の冷凍「ザ・ハンバーグ」でした

レンジでチンしている間にニンニクの臭いがしてきました

嫌な予感どおり美味しくありませんでした

ハンバーグにニンニクの臭いと味はノーサンキューです

月曜日の夕飯は同じような間違いを起こさないように自分で作ることにしました

八ちゃんのお刺身を買うついでにvivakenの夕飯も買うことにしました

八ちゃんは勝浦産の良いカツオがあったのでこれにしました

vivakenの夕飯は煮物に丁度いい形の茨木産のヤリイカにしました

そばつゆを薄めてザラメを入れて隠し味にハチミツを加えます

汁が沸騰したところでヤリイカを入れてシリコンの落し蓋を乗せ

蒸発を少し抑えるためその上にアルミホイルを乗せました

中火で12分煮て様子を見るとほぼOKでした

スイッチをOFFにしてそのまま暫くの間放置して味をしみ込ませます

夕飯時に冷めたヤリイカを2分ほど温めてお終い

頭からそのままパクリ

噛み応え味共に合格でした

骨をスーと抜いてまたパクリ

頭を食べると硬くなった目玉が2個

これをプッしてゲソを食べて1匹終わり

3杯あるので丁度いい量でした

予定通り連敗は阻止出来ました

こうして自分で作れば美味しく食べられるのですが

一人だしつい手軽に食べようとするとたまに落とし穴があります

転機

先週のブログで高木菜那の「苦境」を書きました

書いた後に少し考えるところがありました

前回の平昌オリンピックではパシュートとマススタートの両方で金メダルを獲得しました

今回の北京オリンピックでは両方とも転倒してしまいました

あげくの果てに所属していた日本電産サンキョーのスケート部が3月末で廃部が決定しました

踏んだり蹴ったりの状態になりました

もし逆に平昌オリンピックで転倒して北京オリンピックで金メダル2個獲得となればスケート部の廃部は無かったでしょう

よくリベンジしたと称えられこれからの活躍を更に期待されたはずだし

本人も気合が入り次のオリンピックに向けて動き出すはずです

運命は予測できない形で突然やってきます

過去のことはどうしようもありません

未来のことは少しだけ何とかなります

未来の入り口は今日です

だから今日をおざなりにしないでボチボチと少しでも前に進むしかありません

そしてその中で何かが見えてきたら全力で挑戦すればいいと思います

願わくば あの時の転倒があったから今日の素晴らしい日々があるんだ

あの時はきつかったけれど今思うとあの転倒が幸せを運んでくれたんだ

2度の転倒が自分の人生を良い方向に変える転機だったと思えるようになってもらいたいものです

やっと1勝

女子ゴルフの開幕戦が沖縄で開催されました

優勝したのは昨年度2位が7回ありましたが優勝は無しの西郷真央でした

今回が初優勝となりました

この大会は4日間競技で前回大会最終日の16番ホールまで首位でしたが

17番18番で崩れて2位に甘んじました

今回は最終日の16番17番でバーディーを奪って逆転して初優勝となりました

最終日の日曜日はビデオでの放送だったので15:30からでした

tiaraは16:45にドングリ庵を出発するのでTVを最後まで見ることが出来ません

そこでパソコンでスコアの推移だけ確認できる画面を見つけました

その時点で西郷真央は15番で3打差の3位でした

優勝の可能性は残っていると思いました

tiaraと「西郷どん」には今年の早い時期に1勝してもらいたいなと話していました

そうこうしているうちに16番でバーディーを取り1打差になりました

続く17番でもバーディーを取りこの時点で首位に並びました

トップが崩れたので先にホールアウトした西郷が逆転で初優勝となりました

師匠は原英莉花や笹生優花の師匠として評価が高いジャンボ尾崎です

西郷真央は師匠から貰った重めの素振り棒でトレーニングしていました

最近は少し軽めの素振り棒を貰い大会の1週間前まで毎日これで素振りをしていました

これで振り切る感覚が掴めたようです

西郷も嬉しいでしょうがそれ以上に師匠が喜んだことでしょう

何故なら113回優勝してその味を良く知っているからです

一つの要因

昨日の夕飯は冷凍ハンバーグでした

初めて食べる味の素の「ザ・ハンバーグ」450円

価格が高いのでそれなりに期待しましたがニンニク臭くて好みではありませんでした

さてロシアがウクライナに攻撃を開始してから10日経ちました

当初ロシアは48時間でウクライナを制圧できると読んでいました

ところが思った以上の反撃にあい計画に狂いが生じました

ある専門家が言っていました

今回 このタイミングでロシアがウクライナに侵攻した要因の一つに

ドイツのメルケルの退任があると分析していました

メルケルとプーチンは長い付き合いです

メルケルはロシア語を話します

プーチンも東ドイツでKGBとして仕事をしていたのでドイツ語が得意です

お互いに何度も母国語で会談しています

メルケルはプーチンに対してハッキリとモノをいう事が出来る存在でした

今 国内でプーチンの周りに意見を言える人は一人もいません

スラブ民族のプーチンはゲルマン民族のドイツ人とは話すことに抵抗はありません

しかしアメリカ イギリスのアングロサクソンは大嫌いです

バイデン大統領やジョンソン首相が何を言おうが聞く耳を持ちません

こうなるとメルケルが退任した後は世界中にプーチンにモノを言える人が一人もいないことになります

こんなこともありプーチンがウクライナに侵攻したのはメルケルが居なくなったことも一つの要因だと説明していました

日本にもウラジミール シンゾウと呼び合う仲の人が居て

11回ロシアを訪問して27回会談した人が居ました

深く付き合ったとしても返す気がない北方領土をチラつかせながら
手玉に取られるだけだったことでしょう

喫茶店とカフェ

ここ20年位でカフェが増える一方で喫茶店が減少しているようです

カフェと喫茶店の違いは法律上も規定さています

カフェは「飲食店営業許可」でアルコールや手の混んだ料理が提供できます
喫茶店は「喫茶店営業許可」でアルコールの提供はNGで温める程度の簡単な料理しか提供できません

カフェを起業しても
1年以内にやめるのはおよそ4割 
2年以内では5割 
3年以内では7割になるという
カフェを開業しても3年以上営業できる店は3割しかないと言ことになります

喫茶店の廃業件数が過去最多になりました
それでも年間100軒と以外に少なく感じます

そもそも喫茶店は1981年には15万4,630軒ありました
それが2016年には6万7,198に減少していた
およそ35年間で半分以下になりました

最近の世相で大手の喫茶店がある街のドトールやサンマルクなどは軒並み赤字になっています

黒字なのは郊外型のコメダです

カフェと喫茶店のどちらに行こうかな?と迷った場合はカフェの方が使い勝手が良くなります

その使い勝手が良いカフェが3年以内に7割が潰れるとなるとかなり厳しい世界です

サラリーマンが定年後に安易にカフェをオープンしたら7割組に入る可能性が大です

寒肥

先日 天気が良くて風もないのでツツジに寒肥をしました

雪の後で地面はぬかるんでいました

地面が乾いていると折角撒いても風で飛んでしまいます

バケツに顆粒状の寒肥を入れて軍手をした手で掴み根の先端の位置に円周上に撒きます

小さなツツジは一握りで済みます

大きなツツジは八握りぐらい必要です

イノシシのイノちゃんが掘り起こした場所はかなりぬかるんでいて

トレッキングシューズの底に土の塊ができます

2月も半ばになると晴れの日はかなり強い日差しになります

半分ぐらい終えた頃には少し汗ばんできました

庭の寒肥が終わり裏山に行きました

ここもイノちゃんでかなり掘り起こされていますが

モグラのモグちゃんが長いトンネルを掘ったせいか土の山が沢山出来ていました

ここまで沢山のモグちゃんの山ができたのは初めてです

どんぐり庵に来た当初はモグラ退治を色々と試みましたが効果はありませんでした

去年TVで青森のリンゴ農家の放映がありました

この時りんご園にはモグラの山が沢山ありました

農家の人曰く「モグラが穴を掘っていい土にしてくれる」と言っていました

モグちゃんは害を及ぼすものと思っていましたがそうではないことが分かりました

美観状は良くないのですが樹木には良いとなれば退治する必要はありません

イノちゃんにしてもモグちゃんにしても寛容な心で好きなようにさせておきます

苦境

高木菜那は北京オリンピックのパシュートとマススタートの2種目で転倒して涙をのみました

前回の平昌オリンピックではこの両方で金メダルを取っています

高木菜那が所属している日本電産サンキョー(長野)のスケート部は3月末をもって廃部となることが決定しました

荒川静香はトリノオリンピックを機に幸運をガッツリ捉まえ人生が良い方に大きく変わりました

一方で高木菜那は北京オリンピックから不運に巻き込まれています

スケート一筋で送ってきたこれまでの人生です

いきなりスケート部が廃部となれば人生の根底が崩れます

スケート部がなくなれば仕事中にスケートができなくなります

スケートができなくなれば会社で仕事をするしかありません

でもスケートどっぷりの人生を送って来たわけですからそう簡単に仕事ができる訳ありません

せいぜい総務で簡単な仕事をこなす程度です

そんな仕事は一日が長く退屈なことでしょう

最初は周りも気を遣ってくれますが1年がたち2年がたてば周りの対応も変わってきます

気分を変えるために仕事が終わってからスケートと言ってもその費用は自分持ちになります

会社丸抱えだったスケートの費用はゼロです

今はおそらくこの先どうやって生きていくのか途方に暮れていると思います

こんな時はスケートから離れてふるさとの北海道に戻って今後の人生を考えるのもいいかも知れません

独裁者

機を見て敏な小池のおばちゃまが都庁をウクライナの国旗のブルーとイエローにライトアップしました


さて先日プーチンはウクライナへの武力侵攻を命じました

理由は色々と取って付けたように言います

ウクライナは8年前に親ロシア政権から現在の政権に交代しました

親ロシア派だったウクライナがロシアと距離を置く政権に代われば面白くありません

1949年にNATOができた頃 加盟国は12ヶ国でした
それがソ連崩壊で一気に増えて71年後の現在は29ヶ国になりました

要するに多くの国は権威主義のロシアより民主主義の西欧の国の方が良いと選択した訳です

プーチンの狙いはウクライナの東部に親ロシア地区があるのでここを拠点にしてウクライナを武力で親ロシアの国に作り直す魂胆です

こんな戦争を引き起こせば世界中から制裁を加えられることは覚悟の上の判断です

確かにロシアは天然ガスと石油の産出大国です
穀物の生産量も5位の大国です

エネルギーと食料の大国なので基本的には自給自足が出来きる国です
また耐乏生活に耐えられる民族とも言われています

それが分かって戦争を仕掛けたとしても多くの国からきつい制裁を受ければ長続きする訳はありません

戦争をすれば勝っても負けても結局は一般国民が困ることになります

被害がこれ以上大きくならないように早く終結することを祈ります

Profile

New Entries

Comment

Categories

Archives(59)

Link

Search

Free